グルメ・クッキング

2013年3月 1日 (金)

アラブの家庭料理

こじかです。

2月は1度も更新せずに、3月になってしまいました。。。

今年は年明けからいろんな出来事があり、ネタは山ほどあるんですが、

重い腰が上がらない病で、また1ヶ月が過ぎてしまいまして…

今日は外食ネタです。

正月の事ですが、初めてアラビック料理屋さんに行ってきました。

よく行くショッピングモール脇にあるレストランで、ず~っと前から行ってみたいなぁ

と、思っていたお店です。

Img_1160

「AL FANAR 」(アル・ファナル)、意味は「ザ・ランプ」という名前の店です。

店構えの雰囲気もよく、ずっと気になっていたのですが、なかなか行く機会がなく、

アラブ料理もよく知らなかったので、いつも素通りしてました。

そんなこんなで半年以上が過ぎ、わたしにもローカル人女性の友達ができて、

彼女のオススメのアラビックレストランに連れて行ってもらえることになりました。

そしてついに来たのがこのお店だったのです。

彼女曰く、このレストランはローカル人のお墨付き、大人気店だそうで、

入っているお客さんも、観光客よりローカル人が多かったです。

Img_1166

店内席と、外のテラス席があり、どちらもアラブの古民家を再現した造り。

置いてある調度品も、伝統工芸の土壺や木で編んだ籠やアラビックコーヒーポット、

かなり素敵な雰囲気です。

この写真は一年くらい前に撮ってあった昼間の風景ですが、

食事に行ったのは夜、ディナーで行きました。

正月明けだったので、まだ外は寒くて、店内で食べることに。。。

アラビック料理といえば、代表的なのはレバノン料理やモロッコ料理(中東の料理)。

しかしこちらのレストランは、正当なUAE(アラブ首長国)の家庭料理だそうです。

何が違うかは、今のところわたしには違いが分からないのですが、

基本的にはどれもスパイスなどを使った、よくある中東料理。

料理名も、材料も、調味料も、調理法も、何も知らないので、

とりあえずオーダーは彼女に全部おまかせしました。

この日は、社宅の仲良しYさんと、ローカル人の友達の3人でのディナー。

前菜、サラダ、お肉、お魚、ご飯もの、とバランスよくオーダーしてくれた彼女。

Img_0742

Img_0744

サラダは見た目通りシンプルなもので、味付けもオイルに塩コショウ、レモン。

でもさっぱり加減が絶妙で美味しかった。

サラダの上に写っている黒いコロッケのようなものは、フィッシュミンチフライ。

やや揚げすぎ感は否めませんが、これがすごく美味しい!(名前は忘れた)

スイートチリソースを付けて食べるのですが、わたし的には一番のヒットでした。

2枚目写真、手前の黄色いペースト状の物は、すりつぶした豆と小麦粉を練った

「ハモス」という代表的な家庭料理。

ローカル人の彼女曰く、「ここのはまるでお祖母ちゃんの味!」と言っていて、

Yさんも「なんか懐かしい、優しい味」と、これが一番気に入ったと言ってました。

魚の丸揚げは生のハーブが散らしてあり、スパイスでほんのり香ばしい味付け。

鶏肉半身とスパイスをふんだんに使って炊いた「ビリヤーニ」(炊込混ぜご飯)も、

チキンは柔らかく、外国料理独特の慣れないスパイス臭さもなく、食べやすい。

「ビリヤーニ」は他所でも時々食べているのですが、ここのはホント美味しい。

他にもトマトを煮込んだチキンカレーがあり、わたしはこれも気に入りました。

アラビックカレーには色んな種類がありますが、ここで食べたのはスープカレー。

思った以上にさっぱりしていて、辛さも控えめ。

お腹がいっぱいなのに止まらない・・・ってくらい美味しかった!

こんなに美味しい料理を食べているのに、ビールが飲めない。。。

そう、イスラムの国なのでアルコールは置いてないんですng

以前にもブログで書いたように、ある程度の★付ホテルのレストランじゃないと、

アルコールは出せない法律なので、このような路面店ではまず飲めない。

で、何を飲んでいたかと言うと、、、、

Img_0746


じゃーん!! 「ラムネ」

英語表記ではあるけど、アラビックネームで「ナムラィト」

「ラムネ」がなまるとこうなるのかな???

こんなところで日本の飲み物が飲めるなんて!とアラびっくりしてると、

ローカル友人曰く、「わたしのお父さんが若い頃から飲まれていたのよ」だって!

ラムネは20年以上前からUAEにあったそうです。

もちろん?日本からの輸入のラムネで、ビー玉入りで味も本物のラムネ。

しかも、メロンや苺、パイン、グレープなど、色んなフレーバーがありました。

でもここはやはりプレーンのラムネで懐かしもうじゃないか!ってことで。。。

そして、食後のデザート!&アラビックコーヒー・アラビックティー!

Img_0751

これは揚げドーナツにデーツシロップと胡麻をかけた、アラブでお馴染みのおやつ。

沖縄のサーターアンダギーのような味。

どこのスーパーにもこの粉が(ホットケーキミックス粉みたいな)売ってます。

Img_0747

こちらはミントティー。

フレッシュミントを紅茶と一緒に煮だしたもので、スッキリしていて食後にピッタリ。

グラスに注いでますが、ホットティーです。

Img_0749

真ん中の黄色いのが、カルダモンプディング。

卵プリンではなく、粉を練ったようなグルテンっぽいもっちり感で、味は激甘。

だけど、カルダモンのいい香りで、食べだすと何だか止まらない。

カルダモンは消化の働きをよくしたり、食後の口臭予防にもなるらしい。

すごく甘いので、すっきりミントティーとは相性バッチリ。

布が被さってる金色のポットが、アラビックコーヒー。

プディングの左に写っている、小さなお猪口のような湯呑に注ぎます。

注ぐときは湯呑を右手に、ポットを左手に持つというのが決まりらしい。

味はかなり薄いコーヒー。アメリカンより薄味。

中東産の豆なのですが、焙煎が浅いのかな・・・? コーヒーには詳しくないので?です。

イスラムの人たちは、酒の代わりにコーヒーを飲みながら親睦を深めるそうです。

この日は、美味しいアラブ料理と、UAEの文化についてたくさんの話を聞いたり、

女3人、ガールズトークで楽しい&満腹なディナーとなりました。(全員三十路ですが…)

このお店、すっかり気に入ってしまい、10日後にはまた食べに行っちゃいました。

アラブ料理は意外と優しい味付けなので、日本人の舌にも割と合うと思います。

皆さんもぜひ、機会があればアラブ料理を試してくださいませ。

機会がない方は、どうぞ中東へお越しくださいませ~wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

気分2013

つるです

年末にバタバタと頑張りました!

百合根にはじかみ生姜・・・日本から届く恵みをたくさん使ってお節です

Img_3983

この百合根まさかのひとつ・・・約50ディルハム・・・ってことは

2ケ玉なんでひとつで2つ牡丹ができるとしても

ひと牡丹500円・・・

まったくおせち泣かせです

Img_3985

きれいに形を整えて ほっこり上がるようにひとつひとつ丹念に

Img_3999

地味だけど百合根が百合根だけに火入れも難しい食材なので

Img_4000

とにかく丁寧に丁寧に

Img_3986

ここ2回のお節には入れてなかったんで久しぶりですが・・・


Img_4001

牡丹に飾り切りしていきます
Img_3987

あとは温度だけ気を付けて蜜を含ませていきます

Img_4002

外側ももちろん 後で・・・ではなくて 今のうちに処理をしておきます

花葩百合根にして、残りは蒸して裏ごしてペーストにして保存

Img_4007

生姜も一本一本 日本では当たり前なんだろうけど・・・

Img_4011

今年は磐田産の海老芋が手に入らないので大阪産の物で

Img_4093

今年は鶴にしました

Img_4099

正六方なんていつぶりだか・・・

手は意外と憶えているもんで・・・助かります

まっ 20年もやってれば    なんですかね・・・

Img_4101

鶉もバシバシやっつけます

Img_3998

海鼠もお節に入れるんで・・・

思ってるよりもたくさんの腸が取れました   へへへっ

ここでも後で・・・ ではなく今!頑張っときますっ

Img_4096

酒塩に漬けこんで このわた ・・・  誰の口に入るんだか・・・

Img_4098

さぁ これから徹夜です・・・  たかが されど 5箱です

Img_4105

年末はみんな日本に帰ってしまい営業不足というよりも

どうすることもできなかったなぁ=

Img_4121

とはいえ 今回で3回目 毎年の積み重ねのせいか

良くできました

今回もまたやればやってみるもんで 新しい発見もあり

たぶんUAE?間違いなくここDUBAIでは私だけが カラスミを

作った唯一の日本人でしょう!!   はっはっはっ

これは自慢してもいいだろう

Img_4117

2段で2000AED 高いか安いか? とにかく黒豆も丹波の篠山産だし

数の子も3Aの最上級だし 栗も熊本産の利平栗、鱈子も特大博多産・・

Img_4139

お店でミニお節とお雑煮のセットもそこそこ売れて・・・

Img_4142

何とかこれで正月が迎えられました とさっ

正月に波乗りしてお酒飲めるのはいつの年やら・・・・・・・・・・・・・

終わった後もホテル内のエンジニアの所行って

Img_4132

半分は貧乏性 半分は手に入れられないなら自分で作ってしまえ!

Img_4133

こやつらと2日コソコソ・・・・

えっ ここまで別に頑張んなくても って思ってたけど

こやつらも自分の仕事柄の意地か? よぉ やる

Img_4135

暇を見つけてヤスリでゴシゴシ表面を滑らかに・・・

Img_4137

あっ と いう間に出来上がり・・・   って何が?

そう これの使い方はこれから・・今年考えるとする

Img_4144

だってこれ 蒲鉾の木の板だし・・・

Img_4145

こんなキブンで今年もみなさん宜しくお願い致します

つる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

からすみ

つるです

今年もあっという間に12月、今年もやるのか おせち・・・

今年は現地のボラを使って唐墨を作ってみることにする

ある意味では豊臣秀吉が名付けたといってもいいかもしれない というのも

秀吉が関白になり、長崎に出向いた時の事、長崎の代官が名物として

献上した時、これは何というのか?という問いがそもそもの切欠で

その代官がの中国製の墨の形に似ているから唐墨(カラスミ)と呼んだ・・・

世の中の物は大概そんな感じで何となく呼ぶものが多い

まっ とにかく私としては久しぶりで4年ぶりのこと

最後に作ったのは日本で青山で働いてる時か・・・

Img_3837

思っている以上になかなか良い状態の卵巣が入っている

この大きさで500gくらいだからウハウハな儲けになるはず・・・

Img_3840

が しかし そうはいかないのが外国の市場のいいところ

子持ちをリクエストしても男の子持って来たり、魚が大きくても

こんな中指ほどのも出てくる     まっ  1KG/25dhs(ディルハム)

500円くらいで 魚が一尾 1.8KGくらいだから

格安といえば格安かな?

Img_3848_2

大きさはマチマチで日本で1KG/600dhsの卵巣だけを注文した方が

最終的には良かったかもしれない・・・ということで保険で2KG注文!

来週来るけど間に合うんかね・・・・

これは2回目の便のやつで今年は35KG分(3回、3日間)で

Img_3851_2

表面に見える毛細血管に針打ちして、寄生虫を取り除いて一晩水に漬けて

血抜きした後、1週間たっぷりの塩に漬ける、そのあと3日間泡盛に漬ける

いつも焼酎に漬けてるので泡盛を使うのは初めてのこと。

1日、重石をして余分な水分を抜き、形を成型する

お節に間に合わせなくてはいけないのと、ホテルではHACCPの関係で

日夜干すことができないので自分ちの屋上で干す!

HACCP(ハサップ)とは?総合衛生管理製造過程のことで

Hazard Analysis Critical Control Point の略

NASAが宇宙食の衛生管理のために考案したもので、

食品工業やレストランとかの衛生管理に応用されているもの

私もここに来て講習、テストしてライセンスを持っている はっはっはshine

Img_3855

日本と同じように気の利いた干し網等あるわけないので金網籠を買った

何でも代用できるものはしてみるものだ

Img_3861

地元物でも美味しくできることを祈る・・・

Img_3873

12月でもここでは外で一杯やれるから煎餅つまみながら、飲みながら・・

この煎餅! この前、友達であり常連さんの家に麻雀に誘われた時に

出てきたおつまみで、これうまいなぁー って唸って食べてたら 

残りの一箱近くをお土産に なんともらっちゃいました  ご馳走様でした

そしてこの味 美味し!あまりこだわりとかないから宣伝とかしたことないけど

この「志ま秀」の海老煎餅は美味いので宣伝しておく ぜひ一度自分用に!

Img_3877

とりあえず これからニタニタしながら飲みながらひっくり返しながら

上手く出来上がるのを待つのみ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

関西人

つるです

この話 去年のクリスマスパーティーだったそうです

ということはずいぶん長いことほったらかしにしていたらしい・・・

Img_0651

まっ さておき 見ての通り自宅でお手軽たこ焼きパーティー

仲良しの彼が日本に帰った時にわざわざスーツケースに入れて持ってきた逸品

私、実はこの歳になるまでこんな機会に遭うこともなかったので初体験だったのだ

Img_0657

順番的にはもちろん持ってきた本人からで そら 手慣れたもんでコロコロスイスイ・・

そんで いつも自分が見てきた作り方とひと癖違うところが西の人・・・って感じ

何が違うって?具を入れた後コロリとひっくり返す前にもう一度生地を流すわけだ

これがまた上手いこと まん丸くてぎっしり詰まったたこ焼きになるコツらしい

言われてみると たまに縁日で買って食べると中がスカスカでタコだけボコッて先に

取れちゃうことが関東のたこ焼きでは それがフツーだったような

恐るべし関西フードたこ焼き  恐るべし関西人の底知恵 

で 自分も人生初挑戦! って言うほど大袈裟じゃないが作ってみたけど

思うようにクルリとコロッとスイスイとはいかないもんだ・・・

2周目はチョコとか入れて甘いたこ焼き?に・・・ タコが入ってなくてもそう呼んで

いいのかようわからんが とにかく何入れても美味かったことは◎

おすすめはモチチーズチョコ  是非お試しあれ・・・byこじか

 Img_0652_3

そして関西人にとってたこ焼きは韓国人でいうキムチみたいな日常的なものだ

ということが改めてわかった 相当好きみたい

で 彼は大阪人と呼ばれないと返事してくれないことも判った 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

おせち

つるです

この前まで年末でバタバタしてたのにあっという間に睦月もおわり

・・・早いものです  そして去年もやってしまいましたおせちです 

と いっても去年の残った箱分だけの18箱限定。 

Last minuteまで11箱~13箱でぐずってたのが なんとか完売できました

ありがとうございました

Img_0684_2

そして1人2月で国に帰るスタッフがいるので記念に一枚

おつかれさまでした

Img_0665

去年は本当にタフな一年でした。もちろん日本で生活している人に比べれば

恵まれた環境、状況だったのですが 3月の大震災から鮮魚、野菜の空輸が

止まり、鮨種には随分と苦労しました

Img_0674

怪我の功名というか 御節も日本からの食材に頼れない分、現地食材で

工面工夫したので楽しかったと言えば楽しかったのかもしれません


Img_0679

鴨のロース煮を作ったんですが わかります?右と左の違い・・・

左はスタッフにやり方と温度、時間を教えたんですがこの上がり。納得いかず・・

右は自分でやり直したもの。左の方が少しパサついてるというか肉汁の含有量が

少ないように感じませんか?ちょっとこの差がわかってもらえると嬉しい!

よかったら 写真クリックして拡大して見て!

Img_0680

前回よりも重箱にキチッと収まった感があってまぁ~まぁ~です

Img_0687_4

18箱とはいえ外国で、言語も違い、スタッフも日本人ではない中での仕上がり

このおせち  おせじ抜きでGood Job!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

氷菓

つるです

ガリガリ君がついに?

笑えるというか いったい誰が本気で頼むんだろうか?

ひと昔前はピンクシャワシャワというカクテルを店員に言うのが恥ずかしかったのが

記憶に新しいのに・・・

ちなみにアタリの確立は2%くらいらしい

通年商品はソーダのみで、他は期間・季節限定での販売が多いそうで。

これまでの発売種類は50種類以上。じゃ夏になれば他の味でも出てくるってこと?

Img_0576_2

まっ  しかし こんな形で再会するとは・・・

飲食業界も大変な企業戦略、努力をしているということか・・・

それとも赤城乳業が頑張っているということか・・・

まっ どちらにせよ これは日本でしか味わえませんな ☆3つの評価です


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

秋茄子

こじかです。

この国も秋らしく?なってきたようなきてないような・・・

朝晩の風が涼しくなってきましたが、日中はまだまだ30度越えの半そで生活です。

秋はおいしい作物が食べられる季節ですが、海外ではそうもいかず・・・

日本じゃハロウィンの南瓜なんかが出回っているんでしょうね。

秋といえば 秋刀魚 松茸、南瓜、栗、薩摩芋、銀杏、柿、秋茄子  あ~食べたい!

今日はこっちで食べてる茄子が、どんなもんかちょっとお見せします。

大振りな米茄子もあれば、普通の長茄子、漬物にできそうな小ぶりな茄子と、

いくつか何種類はあるのですが、どれもとにかく皮が硬い。

煮ても焼いても揚げても柔らかくならず、食べたときに皮を口から出す始末。

まったく、、、食えねぇ野郎だ。

なので、皮を剥いて調理します。

で、中身と言えば、こんな感じ。

Img_7056_5

はい、種だらけ。 茄子自体の大きさは手のひらサイズなんですけどね。

Img_7059_2

ちょっとほじくってみても、やっぱり裏まで種がぎっしり。

小さなブツブツなものを見ると、なんか痒くなるのはわたしだけ?

Img_7060

残りの種をかき取りますが、おけげでスカスカの茄子になりました。

これからこれを料理します。  で、何を作ったかというと・・・

Img_7069

はい、茄子の煮浸し。

皮を剥いたので、翡翠色がきれいに出てます。

日本料理でも、こうしたものを翡翠茄子なんて言いますね。

軽く素揚げして、出汁醤油で軽く煮ただけ。

簡単だけど、まぁしかし種取りに時間かかる。。。日本だったらここまでしなくて済むよね。

「秋茄子は嫁に食わすな」なんていう昔の言葉があります。

熟した美味しい茄子を、若い嫁に食べさせるのは贅沢だ、という話もありますが、

本来はそんな意地悪な意味ではなく、茄子はもともと夏野菜であって、夏野菜には

体を冷やす効果がありますよね。 

涼しい季節に変わり、これから子供を産む大事な体を冷やしてはいけないから、

お嫁さんには食べさせないほうがいいよ、という心づかいからの言い伝え。

焼き茄子や煮浸し茄子におろし生姜を添えるのも、体を温める理にかなった食べ方。

でもわたしは、まだまだ冷たいものを欲してしまう、30度越えの気候です。

そしてここ数年、本の活字を読まなくなったわたしも最近読書してます。

食欲の秋、読書の秋。 スポーツの方は・・・先月から始めてはいたものの、、、

三日坊主ならぬ五日和尚(いつかおしょう)でございます。

Img_7070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

継続は力なり

つるです

みなさんは今でも何か続けている事ってありますか?

そしてそれは時に無意味に感じることもあるでしょう

でも ノラリクラリ続けて行くと いつかどこかで役に立ち 力にもなるでしょう

「継続は力なり」 とはよくいったものです

ただ この話が本当にそれに当てはまるかどうかは

今のところ私自身にも分かりません

では・・・

青林檎 赤林檎 オレンジ

これは私がこの国にやって来た時にウェルカムフルーツとして

部屋に置いてあったもので 10月17日に到着してから 

ハッと気付いて写真に撮ったもの 11月29日・・・・

そう 1ヶ月経過している果物たち・・・まだツヤツヤなんです・・・

Img_9785

そしてこれが更に1ヶ月経過した12月25日に撮ったもの・・・

Img_9808

そしてそして 更に2週間ほど経過した1月7日に撮ったもの・・・

林檎が1つそろそろイキ始めました・・・ 青から赤に・・・

Img_9842

発泡してきて 皮もパンパンに張ってきた・・・

ここでおバカ2人の登場!  試食することに・・・

Img_9843

割ってみると思ってるよりも平気な感じだし無臭・・・

これで終わらせては林檎に失礼なので まずは絞って試飲することに・・・・

Img_9844

色も濁りはなく琥珀色で外見に比べると全然大丈夫そう・・・

まっ ワインやシードルのことを考えれば結構フツーなことなのかも・・・

Img_9845

でもやっぱり3ヶ月近く経っている果物なんて口にしたことないんで

ビビって試飲・・・

Img_9852

発泡してた割には意外とフツーで味も全然しないし香りも薄い 発酵もない・・・

期待はずれだったか・・・

Img_9853

とういことで おバカたちは更なる境地へ・・・

果肉を食べることに・・・

Img_9855

これも意外とインパクトは薄く 味も香りもなく腐ってもいない 酸味もない・・・

と  いうことで もう少し期待通りの答えが見つかるまで残りの3果実で

次はどいつだ?ってことでサバイバルをすることに・・・

当然のことながらおバカたちもサバイバルである・・・正直 腹こわしたくないしね・・・

Img_0115

1月29日・・・ よくよく考えればここに10月17日に縁あって置かれてたけど

収穫はもっと前だった! って考えると・・・

ワックス恐るべし・・・

他の野菜や肉に比べると果物なので酸が含まれているから腐りにくいのかも・・・

そして 更なる実験で分かったのが 林檎のヘタの付いている方を下にすると

腐敗?熟成?の進行を遅らせることができるのである・・・

Img_0172

そして2月22日・・・

4ヶ月が過ぎました・・・

この後どうなるか気になりますか?

実験は発見なり・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

Happy birthday

つるです

今年もやってきました誕生日shine

今年もありがたく たくさんの人たちに祝福されました

本当にありがとうございます

何よりもこの日だけは特別に親にアリガトウと感謝する日です

世界の何処にいても 何をしていても 世界がどんなことになっていようとも

やはり嬉しい一日です

ジョージ・ワシントンやショパンとも同じ日産まれです

そして おでんの日でもあります

ふ~ふ~ふ~って食べるときをひっかけて222みたいな・・・

エジプトでは2月22日は太陽の朝日が神殿に届く日だそうで・・・

縁(ゆかり)あるNZで大地震があったり (ただ今 心配中なんですが)・・・

とにかくいろいろあります

とはいえ この日だけは楽しく過ごしました

みな 皆様に感謝です 平和です

Img_0179_4

万歳!!

Happy Earth Day!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

鮟鱇と鮟肝

つるです

たぶん今冬 最後の鮟肝です

前回の日本からの空輸の仕入れは・・・・・でしたが

今回は 格別よろしいのが この中東まで届きました

本当に築地の仲買さん それを鮮度落とすことなく現地で配達して

頑張ってくれてる方々・・・とにかく感謝、感謝です

きっと身重は4キロ~5キロクラスの鮟鱇の肝でしょうgood

ご覧のとおり左にある肝は一般市場で出回る肝ですが

やっぱ 茨城で上がった冬場の鮟鱇の肝は右でなくっちゃね

Img_0141_3

マジで でかいっすよ!

日本だと当たり前かもしれないけれど こっちでは本当に貴重で価値がある

そして それに応えてくれるお客様も意外とここにはいる

嬉しいです

こつちにきて にっちも さっちも いかない時があったし

また あっちも こっちも 手を出して今の仕事にブレが出た時もあった・・・

だからそんな時は自分を省みて自己 あんじも 必要な時もあった・・・

Img_0144

とはいえ 

じゃぁ~美味しい鮟肝を作るってなると 一番大切なのは

とにかく

知識や技術の前に自分自身の

健康と元気も     欠かせないって事です

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧