« アラブの家庭料理 | トップページ | ラマダン・イフタール ~つるとこじか豪邸へ行く~ »

2013年3月22日 (金)

春のお彼岸

こじかです。

三月下旬、お彼岸ですね。

今年も母方の祖母の命日におはぎを作りました。

おはぎの他に今年は道明寺餅も。

祖母の大好きだった小豆はもちろん北海道産で、つぶあんと漉しあんを炊いて。

ここでは道明寺粉なんて手に入らないので、チャイナマーケットで買ったもち米を

一晩水に漬け、ふやけたもち米をもみ込んで、粗く砕いて蒸しました。

ネットで検索したら、和菓子屋さんのご主人が道明寺の作り方を載せていたので、

真似てみただけなんですけどね。。。

Img_1462

Img_1460

今回は初めての試みで、小豆の炊き方を変えてみました。

水から茹でるのではなく、熱湯で2、3回茹でこぼし、

それをまた熱湯で沸騰させた小豆を、ステンレス魔法瓶で熱湯で保温しておく。

火にかける手間が省けるのと、熱湯で茹でることで豆が均等に加熱されるらしい。

ポットで保温するのは圧力鍋と同じような作用なのでしょうね。

小豆の袋やレシピ本には、水から炊くと書いてあるのですが、敢えて熱湯で。

一晩ポットで保温した豆を、もう一度火にかけ砂糖で炊き上げます。

おかげでつぶあんの方はいつもより粒が煮崩れずに柔らかくなりました。

漉し餡も同じようにして、柔らかくなった豆をつぶし水に晒してさらし餡に。

道明寺餅自体が甘いので、漉しあんはいつもより甘さ控えめに仕上げました。

もち米3合を半々にして、おはぎ用は鍋でいつも通りに炊き、

道明寺のほうは砕いて蒸し上げた後、色粉の砂糖水(湯)に漬けこみ蜜を吸わせる。

今回も色粉を入れ過ぎて、作りたいイメージより濃くなってしまった。。。

慌てて砂糖水を足して色を薄めようとしたけど、餅がゆるくなってしまい、

水分を飛ばすためにもう一度蒸す羽目に・・・

出来立ては手で持てないくらいやわい生地になってしまいましたが、

冷蔵庫に入れて翌日食べたらちょうど良かった。

今回は予想より多く出来上がったので、お裾分けも4軒にまわしましたよ。。。

ま、色んな人に食べてもらえるなんて、有難いことです。

Img_1465

Img_1468

もちろん自分でも食べました。(試食を入れたら5個は食べてるかも)

久々に薄茶も点てて、朝からおはぎと道明寺・・・

Img_1479


この茶碗は母から誕生日プレゼントで買ってもらったもの。

たまたま、食器屋さんに行く用事があった時に、好きなのを買っておいで、と

お金だけ預かって自分一人で選んだのですが・・・

決して高価な器ではないですが、薄紫のやわらかい色合いが気に入っています。

亡くなった祖母もこんな淡い紫が好きでした。

お彼岸中、祖母もおはぎと道明寺を食べに、我が家まで寄ってくれた気がします。

我ながら美味しい漉しあんに仕上がってて、桜の薫りとほのかな塩味も絶妙。

桜の葉の塩漬けは、日本から買ってきていたものですが、賞味期限切れ・・・

でも封も開けてなかったし、乾燥させて粉末にしたので問題なく食しました。

桜の葉の粉末は、つるさんがウクライナでさくらもちを作ったとき発明したのですが、

最近はふつうの方々でもこうして粉末にする人が増えてるみたいですね。

道明寺の葉っぱを食べるのが苦手な人でも、これで美味しく桜を堪能できます。

粉末にすると他にもいろいろ用途がありそうで便利です。

お花見の季節ももう間近。。。

日本の桜を見に行くことはできないけれど、この粉末を使って何かお菓子を作って、

桜のかおりを満喫しようと思います。

|

« アラブの家庭料理 | トップページ | ラマダン・イフタール ~つるとこじか豪邸へ行く~ »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/50891230

この記事へのトラックバック一覧です: 春のお彼岸:

« アラブの家庭料理 | トップページ | ラマダン・イフタール ~つるとこじか豪邸へ行く~ »