« 2012 12月17日(月) | トップページ | 新春のお喜びを謹んで申し上げます »

2013年1月 9日 (水)

気分2013

つるです

年末にバタバタと頑張りました!

百合根にはじかみ生姜・・・日本から届く恵みをたくさん使ってお節です

Img_3983

この百合根まさかのひとつ・・・約50ディルハム・・・ってことは

2ケ玉なんでひとつで2つ牡丹ができるとしても

ひと牡丹500円・・・

まったくおせち泣かせです

Img_3985

きれいに形を整えて ほっこり上がるようにひとつひとつ丹念に

Img_3999

地味だけど百合根が百合根だけに火入れも難しい食材なので

Img_4000

とにかく丁寧に丁寧に

Img_3986

ここ2回のお節には入れてなかったんで久しぶりですが・・・


Img_4001

牡丹に飾り切りしていきます
Img_3987

あとは温度だけ気を付けて蜜を含ませていきます

Img_4002

外側ももちろん 後で・・・ではなくて 今のうちに処理をしておきます

花葩百合根にして、残りは蒸して裏ごしてペーストにして保存

Img_4007

生姜も一本一本 日本では当たり前なんだろうけど・・・

Img_4011

今年は磐田産の海老芋が手に入らないので大阪産の物で

Img_4093

今年は鶴にしました

Img_4099

正六方なんていつぶりだか・・・

手は意外と憶えているもんで・・・助かります

まっ 20年もやってれば    なんですかね・・・

Img_4101

鶉もバシバシやっつけます

Img_3998

海鼠もお節に入れるんで・・・

思ってるよりもたくさんの腸が取れました   へへへっ

ここでも後で・・・ ではなく今!頑張っときますっ

Img_4096

酒塩に漬けこんで このわた ・・・  誰の口に入るんだか・・・

Img_4098

さぁ これから徹夜です・・・  たかが されど 5箱です

Img_4105

年末はみんな日本に帰ってしまい営業不足というよりも

どうすることもできなかったなぁ=

Img_4121

とはいえ 今回で3回目 毎年の積み重ねのせいか

良くできました

今回もまたやればやってみるもんで 新しい発見もあり

たぶんUAE?間違いなくここDUBAIでは私だけが カラスミを

作った唯一の日本人でしょう!!   はっはっはっ

これは自慢してもいいだろう

Img_4117

2段で2000AED 高いか安いか? とにかく黒豆も丹波の篠山産だし

数の子も3Aの最上級だし 栗も熊本産の利平栗、鱈子も特大博多産・・

Img_4139

お店でミニお節とお雑煮のセットもそこそこ売れて・・・

Img_4142

何とかこれで正月が迎えられました とさっ

正月に波乗りしてお酒飲めるのはいつの年やら・・・・・・・・・・・・・

終わった後もホテル内のエンジニアの所行って

Img_4132

半分は貧乏性 半分は手に入れられないなら自分で作ってしまえ!

Img_4133

こやつらと2日コソコソ・・・・

えっ ここまで別に頑張んなくても って思ってたけど

こやつらも自分の仕事柄の意地か? よぉ やる

Img_4135

暇を見つけてヤスリでゴシゴシ表面を滑らかに・・・

Img_4137

あっ と いう間に出来上がり・・・   って何が?

そう これの使い方はこれから・・今年考えるとする

Img_4144

だってこれ 蒲鉾の木の板だし・・・

Img_4145

こんなキブンで今年もみなさん宜しくお願い致します

つる

|

« 2012 12月17日(月) | トップページ | 新春のお喜びを謹んで申し上げます »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

I like what you guys are up too. Such clever work and exposure! Keep up the superb works guys I've added you guys to my personal blogroll [url=http://2013fakeoakleys.webs.com/ ]2013fakeoakleys.webs.com[/url] .

投稿: jtzqhkadc | 2013年1月12日 (土) 04時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/48662100

この記事へのトラックバック一覧です: 気分2013:

« 2012 12月17日(月) | トップページ | 新春のお喜びを謹んで申し上げます »