« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月19日 (月)

伊太利亜


つるです

2010夏 ヴェネツィアに行きました 英語ではヴェニスと言うそうで・・・

飛行機のプロペラはロールスロイス製だったそうな・・・

Img_7968

「水の都」 「アドリア海の真珠」とか呼ばれるそうで

Img_7973

とりあえず イタリアということで さっそく PIZZAを食す

Img_8019_4

そして LASAGNAも食す

遡ること約10年前、ニュージーランドに住んでいた時の事・・

日本に帰国する事になった時に友達の家で夕食をご馳走になった

そのラザニアが本当に美味しくて それからというもの大好物のひとつになった

彼らは結婚してオリーブという愛娘までいる

それもこれもみんなラザニアのおかげだ   なワケないか

じゃぁ このイタリアでのラザニアはどーだろう?

その時を一瞬で思い出すほどの美味しさ 

舌の記憶とはスバラシイ素晴らしいshine

Img_8021

そして2月に機会があれば来てみたい仮面舞踏会

ワカチコン ワカチコン ドレミラミレド ラミソミソラソ~

Img_8012

車が一台も走っていない街

時間の流れも水まかせな街

Img_8050

もちろん地上の移動は常に徒歩・・  トホホ

Img_8079

サンマルコ広場

Img_8093_2

空の青と水の青がよくあってます

景観がいいので向こう側へ・・・

Img_8104

人だらけ まっ バスとか車とか走ってないんで良しとする

Img_8092

屋根がみんな赤かった リヨンの街もそうだったな・・・

Img_8100

いざ ゴンドラに

Img_8034

時速制限5キロ、免許も必要

移動中の飲酒できます

Img_8178

白いボートはタクシーです

Img_8066

このおじさんすごい陽気で歌うたって口笛吹いて・・・

ベテランでした

Img_8196

次の日?忘れた・・・  まっ とりあえず

水上バスでちょっと離れたMURANO(ムラーノ)島へ

Img_8135

もちろんここでの買い物も水の上

Img_8122

ヴェネツィアン・グラスはとても有名だそうで

Img_8152

ベルサイユ宮殿の「鏡の間」もムラーノのガラス職人によって作成されたそうな

Img_8155

技術を極めた職人さんは極限まで薄く吹いたガラスを割り

カーニバルの行列で紙ふぶきの代用としてばら撒いた時代があったそうな

Img_8138

とにかく歴史古いガラス職人の島で なーんにもないけど

機会があればぜひ一度

Img_8163

やはりここでもパスタ パスタ

意外と人生初 イカ墨パスタ (ネーロ・黒色) まっ 今回でお腹いっぱいです

Img_8162

SAN MICHELE(サン・ミケーレ)島

ヴェネツィアの墓地

Img_8242

さて 次の日はアドリア海に・・・

Img_8222

ここでもパスタ、ラザニア・・・

でも 初日のラザニアには及ばず・・・

Img_8226_2

本島に戻ってきても夕食は・・・GNOCCHI(ニョッキ)

ジャガイモが混ざってるとはいっても 粉ものは粉もの

結構  腹溜りがいいからイタリア人は木曜に食べるそうだ

Img_8253

PROSCIUTTO(プロシュット) に SALAME(サラミ)

イタリアにはコッパ、サラミミラノ、ソプレッサ・・たくさん種類がある

個人的にはハンガリーの白カビサラミが好きだな

ちなみに日本では写真を撮る時「チーズ!」って言うけど

イタリアでは「サラミ!」と言って撮る  これホント?

Img_8252

本場TIRAMISU(ティラミス) 「私を元気付けて!」の意味だそうな

Img_8256

次の日 ヴェネツィアから何とか日帰りできそうなところ・・・

ミラノは片道5時間かかるし・・・ ということで

ヴェローナに行った

何があるのやら??

Img_8325

汽車に揺られて2時間 ヴェネツィアに慣れたせいか

車が変な感じに見える 

Img_8264

行ってみて意外にもヴェローナ市街は世界遺産!

Img_8268

古代ローマ時代の円形劇場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)で一枚

ここでは毎年7月~9月にかけ野外オペが上演される

今回は日帰りでそんなこと知る由もなかったので 次回ということで・・

Img_8270

町並みにローマ遺跡が残り、この街も屋根がみな赤い

Img_8291

意外にもこの街は見どころがあった

舞台や映画でお馴染みのシェークスピアの「ロミオとジュリエット」

ジュリエッタの家です

Img_8305

右胸を触ると? 忘れた なんせ2年前のことだし・・

Img_8299_2

何処も彼処もみな一緒 書いて願いが叶うなら・・・

Img_8306_2

ちょっと離れたとこにはジュリエッタの墓

Img_8313

沢山の人が足を運んだ歪み 「ロミオとジュリエット」 凄し

Img_8320

イタリアを食べつくす?RISOTTO(リゾット)

リゾットは米(Riso)と最高(ottimo)を合わせた呼び名か

米(Riso)料理された、加熱した(cotto)を合わせた呼び名か・・・

Img_8322

SPAGHETTI(スパゲッティ)はイタリア語で紐

今回はアッラッビアータを食す イタリア語で怒り

唐辛子の味が強いトマトソース味 パスタは自家製で美味い!

Img_8323

まっ とりあえず ずっとパスタだらけなイタリア

それしかないとも言える ちょっともういいって感じかな

だから も し も 今度行くことがあったらその時は・・・

リタイアしてから!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

2014最終予選

つるです

ここはアラビア海(インド洋)とオマーン湾に面するアラビア半島の端っこ

人口は290万人ほどで首都はマスカット

Img_3729_2

オマーンに行ってきた そしてHyattにまたタダ泊まり

世界中にあるHyattに泊まれることに感謝感謝

Img_3645

そしてこれがたぶん国王スルタンカブースで祖父は日本人と結婚していて

今の王妃の母親も日本人だということで意外と日本と関係が深いのか?

Img_3642

何しに行ったかって?

弾丸1泊2日でワールドカップ最終予選の観戦に・・

飛行機で往復12000円、45分

車だと6時間くらい・・・車で行ってる人結構いたから・・

2オマーンリアル(200円くらい)で自由席・・

UAEでも現在、U-19のワールドカップ予選2013がドバイから

1.5時間ほど行ったRas Al Khaimah(ラス アル ハイマー)でやっている

日本は予選敗退・・・

今、準決だか決勝だか イランvs韓国がTVでliveでやってる

それ見ながらブログ中

Img_3650

チケットの売れ行きが悪いのか?アウェーの利?お国の利?を使ってか

当日は新聞一面で無料観戦のバラマキ!!

まっ シケたとこで試合観戦よりも完全アウェーの方がいいでしょう


Img_3649

必勝必勝必勝

Img_3651

サポーター用のメイクもして いざ

Img_3667

サムライブルーの中ただ一人の赤

今回怪我でKAGAWAが招集されなかったのは残念だ

思えばA代表の試合観るの初めて!

2002日韓ワールドカップで鹿島スタジアムに行ったきり

アルゼンチンvsナイジェリア・・・

いざ代表戦DEBUT

Img_3669

さっ 日本時間どどど真ん中ゴールデンで放送

TV映る準備は完璧です

Img_3679

しっかし 彼らオマーン人は本当に人懐っこくイイ奴らばかりだ

Img_3672

現地時間は15:30pm Kick off

Img_3685

29000人 vs 1000人 

Img_3692

オマーンの国旗はコレ↓↓↓ マスコットキャラはイルカ

Img_3698

いよいよです

Img_3702

前半1-0 清武のゴールで折り返し

後半1-1に追いつかれ

Img_3705

いつもの日本?

追いついてからのオマーンの押せ押せは凄かった

ってか もちろん日本のTVには放映されるわけがないんだが

実際のスタジアムでは終始、スタンドマイクでたぶん実況席から

アラビア応援?呪文?を叫びまくってるから 

スタジアム全体に響いててみんなそれに呼応していて

完全アウェー感たっぷりで スタジアム全体が揺れてた・・・

たぶん日本の応援なんて全然選手に届いてなかったかも

Img_3708

とはいえ ラスト10分からの猛攻凌いで後半44分に逆転!!

2-1で劇的勝利

Img_3712

帰りは当然混み混みなので行けるとこまで徒歩

Img_3720

試合が終わればまた懐っこい彼らとパチリ

Img_3724

ホテルに戻って再放送観なおして弾丸観戦終了 

オマーン観光ゼロ!

Img_3728

今度の2014ブラジルワールドカップ最終予選は

JORDAN(ドイツ語でヨルダン、英語でジョルダン、ジョーダン)です

来年3月に現地で!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

日帰り

つるです

これも2010の夏・・・ ベルギーから2時間くらい、どこに行ったでしょう?

Img_9151

一人一台以上持ってる自転車王国

Img_9180

こだわりも様々で・・・ 電車にも持ち込みできる

Img_9178

駅前はどこの国もみな同じチャリだらけ

Img_9194

これで自分のが何処にあるんだかわかるもんかね?

Img_9191_2

ただの通りなんだけど市場みたいな品揃え これみんな球根

Img_9165

靴よりでかいしこれ1個650円くらいなんだから安い!

でも何年かかるんだ?球根から始めると・・・

土に入れて水やったら芽が出てくるってことはこの状態でも生きてる

球根すごいよ球根

Img_9175

チューリップもいろいろ

Img_9159

これも生きててパクパク動く

他にもサボテンやら何やらいっぱいあって生命力溢れてる通り

Img_9176

コンビニ行ったら親切な寿司も売ってるし

Img_9233

教会行ったらキノコのステンドグラス

Img_9182

オランダ・アムステルダムでしたとさ

Img_9236

日帰りでせかせかアンネの家とかレンブラントの家とか見てきたんで

行く人には2~3日をお勧めします あっ もちろんカフェにも寄ってね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

まとめて和菓子ネタ

こじかです。

すっかり夏も過ぎて、ようやくアラブも過ごしやすい気候となりつつあります。

日本はもう寒いのでしょうね。

こちらも冬になると意外と寒いんですよ、砂漠ですから。。。

今年こそは暖房器具を買おうと思っています。

それはさておき、またもや久々のブログ更新、いろいろネタはあったのですが、

めんどくさがり病が重症のため、そのいろいろネタはUPできませんでした。

(する気がないだけですね・・・ははは^^;)

こっちにきてからすっかりお菓子ネタもUPが減っているので、今日はまとめてUP。

練り切り以外の和菓子を一気に載せちゃおう作戦です。

まずはこちら・・・

Img_6951

ハンバーグじゃありません。五平餅です・・・

Img_6956

ね、中身は白米でしょ。

実はこっちにきてすぐの頃、まだこっちのお米の炊き加減に慣れていなくて、

パサパサだったり水っぽくなったりと、ときどき失敗してしまったご飯を再利用。

すりこぎ棒でちょっとご飯を突いて、丸めて串刺しにし、それをフライパンで焼いて、

胡麻味噌のたれを作ってまわりに塗り、オーブンで焼いた五平餅もどきです。

そこそこ美味しかった気がするけど、次の日にはカッチカチになってました。

次はこちら。

Img_7047

なんちゃってくず餅。

コーンスターチを鍋で練って冷やし固めたものです。

黒蜜はもちろん自家製。 きなこは日本から持ってきていたもの。

これ、去年の10月に作っていたようですが、まだまだ暑かったんですね。

冷たいデザートが食べたかったんですよ、たぶん。。。すでに記憶がおぼろ・・・

こっちではゼラチンが牛由来の物なので、なんかケモノ臭いんです。

だからゼリーとかも、濃いコーヒーゼリーとかじゃないと臭うんですよね。

で、有り余ってるコーンスターチ(中国産)で くず餅もどきを作ったって訳です。

はい、ではお次・・・

Img_7110

こちら、茶通(ちゃつう)。一口大の焼き饅頭と言うのかな??

小さく丸めたこし餡を、抹茶風味の饅頭生地で包み、フライパンで焼いた物。

表面にはお茶葉を散らして焼いてあります。

蒸してないので、饅頭と言っても皮はやや固めです。

Img_7115

この中身のこし餡、チャイニーズマーケットで真空パックになっていた餡子。

食べてみたら激マズ・・・

勿体ないので、その餡子を大量の水で洗い、さらし直し、炊きなおして、

それでもちょっと変な風味が残っていたので、すりごまを加えて胡麻餡にしました。

それを使って作ったのがこの茶通。

つるさんのお店に来る日本人のお客様からお土産をいただいたときに

お礼に何か茶菓子を作ってよ と、つるさんから頼まれて作った物です。

外はさっくり中しっとり、焼けた茶葉が香ばしい和菓子です。

リサイクルの餡でしたが、なかなか美味しい胡麻餡でしたよ。

続きまして、こちら・・・

Img_7120

信玄餅もどき。 というのかな・・・?

甘めの求肥を練って、きな粉をまぶしたものです。

黒蜜をかけた写真を撮るのを忘れました。

求肥自体が甘めなので、このままでも十分美味しいです。

個人的な話ですが、もらって嬉しいお土産のベスト3に入りますね、信玄餅。

笹で包まれてつながってる草餅も、大好きです。 餅系が好きなんだなぁ。

そして次も餅・・・

Img_0948

おすぎですっ! ・・・ではなく、おはぎです。

餅米が手に入ったので、今年の春のお彼岸に作りました。

ちょうど、わたしがこっちにくる2か月前に亡くなった祖母の命日だったので、

小豆の大好きだった祖母のために・・・と思い、山ほど作りました。

たっくさん作ったので、ご近所さん(日本人)にもお裾分けしましたよ。

Img_0955

Img_0964

北海道人だった祖母は、田舎ならでは甘めが好きなので、甘めに炊いた米です。

水あめも少し入れたので、次の日でも固くなりませんでした。

使った小豆はもちろん北海道産です。自分で炊いた餡子はやっぱり美味しい。

お次は、和風な洋菓子?

Img_8199

和菓子というにはちょっと気が引けますが・・・

抹茶の小豆入りシフォンです。

煮崩れなかった粒あんの粒を練り込んで焼いたもの。

これは仲良しのYさんにお裾分け用に、発泡スチロールの箱に入れてあります。

12センチ型なので、ワンホールそのままです。

Yさんはこれを食べて「人生で今まで食べたシフォンのベスト3に入る美味しさ!」と

絶賛してくれました。 きゃはhappy02

シフォンケーキは何気に得意なんですよ、わたし。 何度も改良してきましたからね。

そしてケーキのような和菓子がこちら・・・

Img_9589

浮島です。

スポンジケーキのように見えるのですが、食べると完全に和菓子なお菓子。

卵と小麦粉の生地に白こし餡を練り込んであります。

漉し餡がたくさん入っているので、ふわふわではなくしっとり、の食感。

真ん中には今年の夏に日本に帰った時に買ってきた甘納豆が入ってます。

これもお裾分け用に作ったもの。冷凍保存もできるので、作り置きOKです。

よ~く見るとバレるけど、こういったものをまっすぐに切り分けるのが苦手。

なぜか斜めになってしまうんです。 で、切り直しているうちに小さくなる…sweat01

そういうことありませんか???

さて、最後はこちら。

Img_9903

日本のお菓子といえば、カステラ。

表面の焼きムラと、文字がきれいに書けなかったのはご愛嬌。。。

これは仲良しYさんのご主人が働いている和食レストランが、今年25周年を迎え

先月25周年パーティーを開いたのですが、ちょっとご馳走になったので、

そのお礼に、後日ランチに行くついでに持って行ったもの。

カステラなら日持ちもするし、もち運びで崩れる心配もない。

おめでたい時などにも持って来いなお菓子ですよね。

これ、顔の倍ぐらいの大きさです。こんなに大きいカステラは初めて作りました。

ところがどっこい、アイシングで書いたこの字、持っていく前の晩に書いたのですが、

朝起きてみたら、なんと消えてる~~~wobbly

クッキーと違って、やわらかいスポンジ生地に吸収されてしまったみたいで・・・

それはそれは焦りました。 慌ててもう一度書き直し。

レストランに着いて、Yさんのご主人とマネージャーさんに早速お渡し。

中身もその場で見てもらい、早く食べないときっと文字が消えるかも、と告げました。

マネージャーさんはすぐに写真に撮って、ネットにUPしてたけど・・・。

Img_9906

自分で言うのもなんですが、味は売り物並みに美味しい出来となりました。

切れ端をYさんのご自宅用にも別でおすそわけしたのですが、

甘いものが苦手なYさんのご主人も、珍しく2切れも食べてくれたそうです。

因みにつるさんは食べてませ~ん。

ま、つるさんの口に入る前にいつもなくなっちゃうんですけどね。。。

そろそろ涼しくなってきたので、また小豆を炊こうと思います。

次は何を作ろうかな~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

趣味は飲むことです

つるです

2010夏にベルギーに行った

朝から晩までビール、ビール、ビール

Img_8994_3

飲んで飲んで飲んで

Img_8985

飲んで飲んで飲んで

Img_8990_2

飲んで飲んで飲んで

Img_8996

夜も飲んで飲んで飲んで

Img_9093_5

次の日も朝から飲んで飲んで飲んで

Img_9239

飲んで飲んで飲んで

Img_9246

また夜も飲んで飲んで飲んで

Img_9302

ビールがたくさんある有名どころに毎夜飲みにいって

Img_9311_2

なんでこんな王冠なんか集めてんだ?とか言われながら・・・

ジャラジャラっとくれました

Img_9484_2

ウクライナから始めてる王冠集め完了

Img_9489_2

っても・・・

Img_9315

ギネスに載るくらいビールありすぎ!! 2004種類って

Img_9325

まっ ジャラジャラもらったとはいえこのうち半分以上は飲んだな

2012秋 ただいま・・・ 今度数えてみるかな

Img_8708_2

おかげで腹はこんなになったとさ(これもバルセロナビーチでございます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »