« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

毎日欠かさず・・・

こじかです。

一週間の間に2回もブログ更新! いつぶりだろうか・・・?

最近はわたしばかりが記事をUPしてますが、つるさんも元気にしていますよ。

このところつるさんは忙しいようで、かれこれ1ヶ月以上休みなしで働いています。

ほんとにご苦労様でございます。

そして仕事が終わると、ちゃんと?毎日欠かさず、まっすぐに飲みに行きますbeer

三度の飯より酒が好きなので、休みなしに仕事して疲れてるかと思いきや、

仕事後に飲みに行っている方が元気みたいです。

そうは言っても、やはり身体のことは心配になります。

日中に食事を取らないことも珍しくないし、酒は飲むけど運動はしないし、

夜な夜な帰ってきては、遅い晩御飯を食べ、そのまますぐ寝てしまう・・・

40にもなろうっておっさんが、こんなことじゃ不健康そのものです。

なので最近、晩御飯に毎日欠かさず食べているものがあります。

「お豆腐。」

もともとつるさんはお豆腐が大大好物。

ずっと昔から、食事やお酒のおつまみ代わりによく食べてました。

豆腐1丁があれば他におかずがなくても全然OK~っていうぐらい好き。

もちろん他にもおかずを作りますが、豆腐を1品とすれば晩御飯の支度は

すご~く楽になります。 グータラがなおさらグ~~タラ・・・

高たんぱく、低カロリー、水分も適度にあり消化も良い。

飲んだ後にはもってこいですね。

つるさんも、最近欠かさず食べているせいか、翌朝の調子が良いみたい。

冬の間は、鍋料理に入れたり、湯豆腐にして食べていましたが、ここのところ

気温も30度超えの暑い日になってきたので、最近はもっぱら・・・

Img_7317_2

ちょっと画像暗いですが・・・

「ひややっこ 1丁あがり~」

刻みネギ&おろし生姜 薬味山盛り~heart 冷奴は身体を冷やすからね・・・

毎日召し上がるので、いっそのこと刻みネギとおろし生姜を4~5日分くらい、

あらかじめ用意してタッパーで保存しておこうかとも思ったのですが、

それでは風味が飛んでしまうので、毎日1丁分の薬味をその日に用意してます。

たかが冷奴、されど冷奴。どうせなら美味しく召し上がってもらおうじゃないの。

愛情も山盛り~~smile

でも、アラブでもお豆腐が売ってるのか~ と思ったあなた!

実はこの絹豆腐を買いに行くのが、けっこう面倒なんですよ。

バスに揺られて30分くらいのスーパーに行かないと買えないんです。

しかもバス停まで徒歩10分以上はかかります。

去年ぐらいまでは、絹どうふ自体、スーパーで売ってることが少なかったので、

最近はまだマシになったほうです。。。

こっちに来てすぐの頃は、絹豆腐がなかったので、大豆とにがりを買って

豆乳を作った後、自分で豆腐を作ったこともありますよ! 失敗したけどねっ!!

でもって、スーパーでの豆腐の入荷も3ヵ月間に1度くらいのペースなので、

そのスーパーに行ったときは10個ぐらいまとめ買いします。

表記してある賞味期限が3ヶ月程度なので、そのサイクルで入荷しているみたいです。

で、どんな豆腐かっていうと、こんな豆腐です。

Img_7309_2

よく買うのがこの2種類。

日本語で「きぬ」とか「絹ごし」と書いてあるけど中国産です。

Img_7312_3

よ~く見ると、品名が「きぬさうふ」になってます。

てふてふ・・・みたいな読み方???なわけないでしょ。

ついでに(にがり・グルコノデルタラト)・・・じゃなくてが正解なんですけどね。

こういったオモシロ日本語表記は、海外にいるとよく見かけますよね。

でもまぁ、味は普通の絹どうふなので、問題なしです。

スーパーで豆腐を買いあさっていたら、白人女性に「それはフレッシュ・トーフ?」と

声をかけられ、そうですよ、と答えると「どうやって食べたらいいの?」と聞かれ、

「スープとかサラダに入れたり、このままで醤油をかけても美味しいよ」と

適当に教えてあげました。

彼女は豆腐を手に取ってしばらく眺めていたけど、けっきょく買ったんだろうか・・・?

先週、大量に買った豆腐を冷蔵庫にドカ~っと詰め込んでおいたら、

奥の方にしまってあった豆腐が冷えすぎて凍ってしまい、スが入ってスカスカに…

これはもう、冷奴として食べることはできない・・・

その残念な事態をつるさんに報告すると、「じゃ、がんもにしちゃいなよ」と。

がんも作ったことな~い、作ってぇ~heart04と猫なで声で頼んでみたら、

わりとあっさり、「わかったよ、作るよ」と、つるの一声~ ←意味違うし~

凍った豆腐を解凍し、しばらく茹でた後、重石をして一晩水切り。

翌日、なめらかになるまで何度か裏ごし。裏ごしはワタクシがやっておきました。

「裏ごししておいたから、がんも作って!」と、酔いどれで帰ってきたつるさんに

強制的に頼んで、ようやくできた がんもどき~

Img_7294_2

揚げたてをパクパク~と食べたのはわたしだけ。

作った当の本人は、冷奴を食べたすぐ後、がんもを前にグーグー寝てしまいました。

酔って帰ってきて夜な夜ながんもを作ってたら、そりゃあ眠たくなりますわな・・・

お疲れ様です。美味しかったです。ご馳走様です。おやすみなさい。

そんなつるさんは、今夜もかかさず元気に飲みに行っております。

わたしは今夜もかかさず刻みネギとおろし生姜を用意して、お先に寝まーすsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

上生菓子 練り切り ~初春・迎春~

こじかです。

早くUPしなきゃしなきゃと思いつつ、4月になってしまいましたが。。。

ほんっとに久々に作った1月の和菓子ネタです。

話の発端は、つるさんとわたし共々いつも仲良くしている日本人の男性2人が

ここアラブで開催されるフルマラソンに参加しまして、その日のランチに

つるさんの店で食事をするって事になり、コースを召し上がるとのことだったので、

食後の甘味にお薄(お抹茶)と和菓子を出そう!ってなことになりまして・・・

つるさんから和菓子を作ってほしいと注文されました。

わたし自身も、頼まれる前から「お疲れ様ギフト」として和菓子をお届けしようと

思っていたので、頼まれたらなお更、久々に気合を入れて練り切りを作りました。

練り切りを作るとなると、素人のわたしには仕込みに3日間かかります。

小豆をじっくり炊いて漉し餡を作り、白玉粉で求肥を作り、白あんを練りあげて、

求肥と白あんを合わせてまた練り上げて、ようやく練り切り種ができます。

それを色づけして、漉し餡を包んで成型する・・・

和菓子は季節や行事、物語りをを美しく表現し、そして心を豊かにする

食べられるアートだと、わたしは思っています。

素人のわたしには、デザインを考えるだけでも何日もかかったりします。

月イチでも作っていたら、もう少しスムーズに作れるんでしょうけど、

一年半ぶりのなまった手では、最初の1・2個は作業を思い出すだけで精一杯!

肩こっちゃってこっちゃって、そりゃあもう大変でした。

ほんと、和菓子職人の方々ってすばらしい!根性なしのわたしじゃ到底なれない。

そんな話どうでもいいから、早く写真見せろって突っ込まれそうなので、

ここらで1枚・・・

Img_0778

最初の1個目・・・ 水仙のつもりですが、ひどいでしょ? 2度見しないでください。

次の2個目もさらっと流し見てください。

Img_0777_2

以前にも作った 白椿。 切れ込みの位置が野暮ったい。。。

たかが1,2個作るのに、1時時間以上かかってしまいました。

頭と手が少しづつ慣れてきて、ようやく3個目

Img_0791

紅梅。 

濃いめの赤を出したくて、ちょっとづつ調節しながらの作業。

色づけにも時間かかり、ふっくらした花びら成型も慎重に・・・

Img_0788

こちらは春告鳥。(うぐいす)

短冊形の練り切り種をこしあんにかぶせたもの。

明るめの黄緑色を出すのにも時間かかった~ しかもぼかしのグラデーション。

ついでに紅白の重ね梅。 我ながらよくやった!

Img_0801

雪割草。

名前の通り、冬から春にかけて雪の中から芽が出て咲く小さな花です。

この色づけもかなり難しかったけど、何しろデザインに時間かかりました。

実物の雪割草の画像をネットで探しましたよ。。。

中心のぼかしがポイント。なかなか綺麗じゃないですか? 自画自賛^^

Img_0784

手毬。

いろいろ余った色で遊んでみました。

いつもネットでいろんな和菓子屋さんの練り切りを参考にしているのですが、

ちょうど画像を検索してる時に、つるさんが横で見ていて「これすっごいね!」

と、感心して見ていたのがこの手毬。

本当の職人さんが作った手毬は、もっともっと繊細なぼかしで、淡くはかなげで、

切込みもこんなに単純じゃありません。

素人のわたしにできるレベルはこれがやっと。。。

それでもちゃんと16切れの菊型にはしてます。

まぁ、カラフルなだけでも、女子ウケしそうですよね。

今回作ったのは全部で8種類。アップでお見せできるのは、これが精いっぱい。

なので小さ目な画像で、全員集合~写真

Img_0815

コースの甘味に選んだのは「紅梅」と「春告鳥」にしました。

季節感を分かりやすく理解してもらえそうだなぁ~と思って。

奥の4つは試作です。左2個目の「鶯」は成型を何度も何度もやり直したあげく、

もうどうにも形が決まらなくて途中で諦めた・・・

これを見たつるさんには「何これ?みどりのヒヨコみたい」って言われたshock

もうお気づきだと思いますが、今回は1月末のお菓子なので和食で言う「はしり」

2月、3月のイメージです。

とりあえずまだ4月(春)なので、夏になる前にUPできて良かった。

そして肝心の、コースを召し上がったフルマラソン参加のお二人ですが・・・

1人は日本料理のベテランシェフ曰く、

「すごいね。 好きってだけじゃ、素人がここまでのものは作れないよ。」

もう1人はつるさんの職場のサービススタッフで、若い男子曰く、

「わ~!これ、全部食べれるんですか?」

と、、、興味津々な目で召し上がったそうですdelicious

因みに他のいつくかは、仲良しYさんをうちに呼んでティータイムに出したり、

お隣のMさん宅へお裾分けしました。

Yさんは感激しながらじっくり召し上がって、お抹茶もおかわりしてくれましたhappy01

3日がかりのお菓子は、ものの5分で食べられてしまいますが、

人が喜ぶ顔を見ると、本当に作った甲斐があります。

わたしはフルマラソンには参加しなかったけど、フルマラソンのような3日間、

無事完走、完食でしたscissors 

Img_0816

おつかれさま~ & ごちそうさま~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

水族館

こじかです。

ちょいと前のはなしですが・・・去年の8月のこと。。。

以前チラッとブログにもUPした、ショッピングモールの中にある水族館のネタを

8ヶ月経って今更ですが、ちょっとご紹介します。

世界一大きな水族館と言えば、沖縄の美ら海水族館ですが、

ここアラブにある水族館は、世界一大きな水槽なんです。

幅32.88m、高さ8.3m、ガラスの厚さ75cm、重量約245t。

この水槽のガラスは日本の技術が施されているそうです。

Img_0430

Img_0375

ショッピングモールの廊下からも見られるので、買い物客からすればちょっとお得。

もちろんこの日は入場料を払って中に入りました。

中はそんなに広くない(どっちかと言えば狭い)のですが、トンネルもあります。

Img_0385

空いているときに、泳いでる鮫とのツーショットも撮れますよfish

実はこの水槽、2010年にひび割れたそうで、水浸しになったらしい。

このフロアーはこの大きな水槽しかありませんが、上のフロアーに行くと

他にもいろんな生き物がいました。

Img_0416

つるさんの大好きなペンギン。

ガラス越しに寄って来て、とても人懐っこいペンギンちゃんでした。

Img_0388

ちょっとピンボケしてますが、ラッコちゃん。

仰向けになって昼寝してました。

となりのブースにはカピバラちゃんもいました。 が、奥に隠れててうまく撮れなかった。

Img_0393_2

日向ぼっこ中のカメ。

日本で友達に預けてきたうちのカメ達も、きっと大きくなってるんだろうな・・・

Img_0395_2

けっこう大きめのスッポンくん。

ガラス越しで手をかざしてみると、手よりもかなり大きめのが分かります。

Img_0397

ちょっと画像が暗いですが、ワニ・・・

じ~っと見てても、うんともすんとも動かなくて呼吸もしてなさそうだと思って

よ~く見てみたら人工の置物的なワニだった。。。

「わぉ~!ワニだよ~!」なんてちょっとはしゃいじゃった自分が恥ずかしい・・・

Img_0417

ちょっと舌出して、だら~んとしてるイグアナ。こちらは本物。

菅野美穂の「イグアナの娘」ってドラマあったよね。設定がありえなくて面白いドラマでした・・・

Img_0418

ゲージの端っこでとぐろ巻いてるヘビ。

人間に例えると、隅っこで体育座りしてイジケてるみたいですよね。

つるさんはヘビ苦手らしい。近くまで寄って見たりしなかった。

他にもいろんな生き物がいた水族館でした。

虫とかもいたんだけど、気持ちのいい画像ではないので載せません。

たしか入場料1000円くらいだったと思うけど、まぁまぁ楽しめたかな。

ウクライナの動物園よりは見応えあります。笑

モール内で買い物に疲れたり、暇を持て余してるなら行ってみるのもいいかも。

暑さしのぎに水族館で涼んで、癒されること間違いなしですよwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

競馬

こじかです。

日本は少しづつ暖かくなってきて、お花見シーズンなんでしょうね。

わたしは桜の花が大好きですが、ここアラブには桜はありません。。。

なのでお花見ができずとても残念down

かわりにってわけじゃないですが、先月末に競馬を見に行ってきました。

むか~し府中の競馬場には行ったことがありますが、ワールドカップは初めてです。

日本の馬も出馬するし日本人騎手も来るとのことで、前から楽しみにしてました。

約7500円のチケットを予約し、我が家の隣人のアイルランド人とその友人男性、

それと日本人Yさん夫婦と、その友人のタイ人女性と共に、行ってまいりました。

レース自体は夕方からなのですが、午前中から待ち合わせをして、ランチがてら

昼の11時ごろからホテルのテラスで軽食&ビール!

その後、別のホテルへはしご。燦々と照らす太陽の下、バーでまた飲む。

夕方5時ごろ、ようやく競馬場へ向かいました。

ちなみにわたし、前日の夜は徹夜で一睡もしてません・・・

レースは23時ごろまで続くので、途中でダウンしないかとちょっと不安でしたが、

競馬場に着いてしまえば、興奮して目の覚める勢いでした。

つるさんはこの日、残念ながら休みが取れず、「いいなぁ~ 僕も行きたいよ~」と

ぼやきながらも、わたしにあるアドバイスをくれました。

「みんな、すごいオシャレしてくるから、きみも着物くらい着ていったほうがいいよ」

と、言われ、前日の夜に急きょ準備をしたわたし。

昼からの長丁場だし、この暑さでうだるかもしれないと思い、着物はやめて浴衣に。

良くも悪くも当日は天候に恵まれ、日中は浴衣で歩くのはやはり暑かった。

相変わらず海外での和服は、注目の的。みんなに振り返られます。

すでにほろ酔いで競馬場に着くと、入り口にはドレスアップした人がちらほら。

Img_1063

やはりここは海外。競馬は紳士淑女の娯楽なので、みなさん派手に着飾ってます。

一緒に行ったYさんたちからは「浴衣で来て正解だったね!」と言ってもらえました。

場内に入ると、ものすごい人の山。

Img_1066

人の群れに圧倒されながらも、写真を撮りまくる。そしてまたビール!

ドレスアップして早々来てていたであろう人たちの中には、すでに疲れてしまったのか

ヒールの高い靴を脱ぎ、素足になっちゃってる女性もちらほら。

Img_1071_3

やっぱり女性はオシャレするとき、いろいろ大変よね。。。

お上りさん状態でキョロキョロしてるうちに、開幕式が始まりました。

国王の挨拶のあと、上空からは旗を引っ提げたパラシュート隊が降りてきました。

Img_1076

アラブの国旗。

Img_1077

アラブの国王。

こうゆう演出が、なお更アラブっぽさを感じさせますね。。。派手好き。アピール大好き。

そうこうしてるうちに第一レースのパドックが始まりました。

Img_1082

ほとんどのお馬さんは5歳馬、みんな体格も良く毛並みもツヤツヤshine

ちなみに最終レースに出る武豊騎手が乗る馬は7歳馬でした。

間近でお馬さんを見ながら、どの馬が勝つかなぁ~なんておしゃべりしつつ、

ふと足元を見ると、ワンピースで来ていたYさんとタイ人女性も靴を脱いでた・・・coldsweats01

Img_1085

お酒も飲んでるしあちこち歩き回りながらなので、そりゃあ疲れますよね。

履き慣れた下駄を履いていたわたしは 普段のサンダルで歩くよりも楽でしたが。

最初のレースは2000m、どこの国のお馬さんが勝ったかは覚えてません。

共に来ていた隣人のアイルランド人は、毎年来ているそうで、なかなか詳しい。

自分の国のホースレースでさえ、ネットで観たり賭けまでしているそうだ。

彼は顔が広いらしく、至る所で友達に出くわし声をかけられていて、

一緒にいるわたし達もその都度、ご挨拶&自己紹介&乾杯。

この日一日で、いったい何回 「Nice to meet you」 を言っただろうか・・・

そして知らない外国人にも何度か声をかけられ、「Japanese Dress素敵ね~」と

浴衣を褒められ、知らない人と何度か写真を撮りました。

競馬を観に来ているというより、多国籍なパーティーに来ている感じhappy01

つるさん曰く、知り合いの日本人男性は紋付袴でこの会場へ来ていたそうで、

地元新聞にも載ったらしい。 海外で男性の着物姿はサムライみたいで目立つからねぇ。

このワールドカップでは、ベストドレッサーコンテストもやってました。

Img_7289

わたし達は見ることはできなかったので去年のパンフレットの写真です。

飲んで騒いでおしゃべりして、辺りはすっかり暗くなり、いつの間にか最終レース。

ギャンブル禁止のアラブの競馬場にも、やっぱり隠れダフ屋的な人がいて

隣人のアイルランド人はもちろん賭けに乗る。

Yさんも武豊に100Dh(\2500)賭け、Yさんのご主人も藤田信二に100Dh賭けた。

結果は・・・

残念ながら武騎手は14頭中、14位。

藤田騎手も6位(だったかな?)、好成績は収められず。。。

Yさん夫婦の200Dhはあっという間に飛んでいきました~crying

武騎手のどんケツ結果に納得のいかないYさんは、相当悔しかったみたいで、

酔いも回っていたため、しばらくの間ぶつくさぼやいていましたangry

武はきっとやるよ!とけしかけたのは、実は賭けてないわたし・・・ ごめんねYさんsweat01

このあとは飲みなおし&晩御飯で、我々一行はまたホテルへと繰り出し、

美味しいご飯を食べ軽く飲んで、みんなさすがに疲れてグッタリしてたけど、

隣人のアイリッシュは、疲れるどころかその後もどこかへ遊びに行きました。

次の日聞いた話だと、仕事を終えたつるさんと合流して一緒にビリヤードをしていたらしい。

残りのみんなでタクシーに乗り込み、家に着いたのは深夜2時近く。

わたしは徹夜明けで16時間も飲んでいたので、帰宅バタンQでしたよ。。。

楽しく長い一日でした・・・と、これで終わると、長々書いたわりには味気ないので、

おまけの画像をいくつか載せておきます。

Img_1061

Img_1064

Img_1068

Img_1088

Img_1072_2

Img_1097_2

この馬のかぶり物してる人、中身はそうとう元気なおじいちゃんでした。

Img_1100

女性のドレスと男性のネクタイが同じカラーでコーディネートされてて、オシャレなカップルです。

Img_1102

夜はライトアップされてまた一段と綺麗な競馬場。  っていうかVIP席、何階建てよ?・・・

Img_1121

〆は花火とレーザーのライトショー。 やっぱり派手なアラブでした。

素敵なイベントに誘ってくれたYさん、連れていってくれた隣人のアイルランド人、

はるばる遠いアラブまで来てくれた日本の馬と日本人騎手、

ほんとにみなさんお疲れ様でした。そしてありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »