« 洗濯事情 | トップページ | 一人暮らし »

2011年10月21日 (金)

一人コント?

こじかです。

うちの社宅では各階の外階段の踊り場に、ゴミ捨て用の小さな部屋があって、

その中にダストシュートBOXがあります。

トイレぐらい狭い空間にそのBOXがあって、蓋を開けるとゴミを下に落とす

パイプがあって、一番下の階のゴミ捨て場に落っこちる仕組みです。我が家は4階です

先日。。。おとといの事ですが、

買い物に出かけるついでに、ゴミを捨てにそのBOXのところに行きました。

その部屋の入り口のドアは入るときに押し、出るときに引くタイプのドアで、

そのドアがすごく重いんです。

で、ドアを開けて、中に入って、BOXの蓋を開け、ゴミを落とし、またドアを開けて

外に出ようとしたとき、・・・・・・・・ボコッ!!

ドアノブが取れてしまいました。

ドアノブが取れたら、どうやってドアを引けばいいの???

・・・わたし、そのゴミ捨て部屋に閉じ込められてしまったんです。

「えっ!?マジで?・・・うっそぉ~~~~!!!!」

取っ手が取れた、取っ手を取って・・・ギャグかいな?

いやいや コントじゃないんだからさぁ~・・・

♪取っ手が取れるぅ~ ティファールッ♪ って、鍋じゃないんだからさぁ~

困った状況なのに、なんか可笑しくて笑ってしまいました。

ネジが5本くらいバラバラ~と落っこちて、ドアノブのネジ穴はボロボロに。。。

とりあえず取れたドアノブを片手に、いろいろ考えました。

どうやって開けよう・・・

まずドアと壁の細い隙間に指を突っ込んでみた。隙間が細すぎて突っ込めない・・・

ドアノブの先端を隙間に突っ込んでみた。先端が丸くてすべる・・・

ドアの上のほうについてるちょうつがいのような鉄棒にドアノブを引っ掛けて

引っ張ってみようとした。高すぎて背が届かない・・・

他にも押したり引いたり、叩いたり色々やりましたが重いドアはビクともしない。

ダメだこりゃ・・・助けを呼ぶしかない!

社宅の事務所に電話してレスキューに来てもらわなくちゃ!

あ、事務所の電話番号わたし知らないや・・・

仕方ないので、いつもお世話になってるお隣の棟のMさんに電話した。出ない・・・

また別の、いつもお世話になってる遠い棟のSさんに電話した。出た!!

「あの~すみません。今、部屋にいますか?」

「いま出先で居ないんですよ~。」

「えっ、・・・あのですね~大変な自体が起きてしまいました。かくかくしかじかで・・・

いま、ゴミ捨て部屋に閉じ込められちゃいました~!」

自分で話しながら笑ってしまい、Sさんも大丈夫~?と言いながら大笑い。

Sさん:「事務所の番号、調べて何とかするので、頑張ってちょっと待ってて」

一度電話を切り、連絡が来るのを待ちながら、他に出られる方法はないか

もう一度いろいろ試してみました。

10月と言えど、この国はまだ36度もあります。 窓もない換気扇もない、

狭い空間ですから 長時間になれば熱中症などの危険もある。

電気は点いたので暗くて困ることはないですが、ちょっと臭うしムシムシ暑い。

陽が暮れる前に買い物にも早く行かなくちゃ!女性の夜一人歩きは安全とは言えないので。

何とかして早く出なくちゃ!

外の踊り場なので誰かに聞こえるはずもないとは思いながら、一応叫んでみた。

「ハロー! ヘルプミー!! サムワン ヘルプミ~!」

隙間に口を近付けて、とりあえず大きな声で。・・・当たり前だが何も反応なし。

ダメ元でバラバラになったネジを、ドアノブに付け、ボロボロのネジ穴に突っ込んで、

自分の爪でネジを締めてみた。

「おっ!くっついた!」

引っ張ったはずみでまたドアノブが外れないように、そぉ~っと開けてみた。

開いた!!!

とっさに開いた重いドアの隙間に足をかませて、何とか自力で脱出!

あ~助かった!!と外に出てホッとしながらやっぱり笑いが込み上げてきて、

Sさんに笑いながら電話をかけ、自力で脱出したことを伝えたら、

ものの10分の間に、いろんな人に連絡が行っちゃってたみたいで、

よく家に遊びに来る若い日本人スタッフのS君が、今レスキューに向かったと・・・

S君もまた遠い棟に住んでいるので待ってる時間はないし、彼の番号も知らない。

仕方ないので、構わず買い物へと出かけました。

歩いて20分のマーケットに着くと最初にかけたMさんから電話がきた。

Mさん:「ちょうど出先から社宅に戻ってきたんだけど、こじかさん今ドコ?」

こ:「あ、、、、いまマーケットに買い物に来てます。お騒がせしてごめんなさい」

Mさん:「いまS君と会って、助けに行ったらこじかさんが居ないって言ってたから」

こ:「でしょうね・・・助けが到着する前に自力で脱出したので。ホントすみません・・・

   暗くなる前に買い物しなくちゃと思って、待たずに歩いて来ちゃいました。」

Mさん:「もしかしたら今、うちの車とすれ違ったかも。とにかく出れて良かったね」

とりあえず急いで買い物を済ませて家に戻り、S君にも連絡をとって謝りました。

どうなってたのかイマイチ飲み込めてないS君に、1から説明すると・・・

「ぷっはははは!それ、コントじゃないいっすか!?」と大笑い。

やっぱり可笑しいよね。

マーケットに行くまでの20分、わたしは歩きながらニヤニヤ笑ってましたよ。

まぁ、とにかくおおごとにはならず、出れて良かったです。

でも買い物行くついでだったから、バッグや携帯電話を持ってたおかげで

外部と連絡が取れましたけど、普段のゴミ捨てだったら携帯なんていちいち

持って行かないから、もっと焦ったかも知れません。

そして色んな人がパパパ~っと動いてくれて、ホントに有難いことです。

持つべきものは友。 そしてゴミ捨て行くには携帯ですね。笑

因みに次の日にはドアノブが直ってました。

なので、取れたドアノブの写真は撮れず、コント画像はお見せできません。

取れちゃう取っ手はもう撮れませんでした とさ。

|

« 洗濯事情 | トップページ | 一人暮らし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こじかさーーん! 無事でよかったわ〜〜! 笑
あるある、こういう事。
想定もしてないことが起りますもんね。
私、家が傾いたのか玄関のドアが開かなくなって家に閉じ込められた事があります。 仕事場に電話したんですが、『家のドアが開きません』なんて絶対ウソだと思われてるし。 ;;
廊下で足音がしたら中から『外からドア蹴って〜〜』って叫んでましたよ。 翌日にドアは削られました。

洗濯もこちらのアパートはこんな感じ。
専用のお部屋があります。 (うちは洗濯機付きを選んだので大丈夫なのですが)
みんな同じような事言ってますよ。。

へんなとこに色んな落とし穴がある気分。。。coldsweats02

投稿: mio | 2011年10月24日 (月) 17時48分

mioさん
海外ってやっぱり「ありえないでしょ!」的なことに遭遇するもんですね。
電話で笑っていたSさんも、ゴミ捨てには携帯を持っていくようになったと言ってました(笑)

家のドアが開かないのも困るし焦りますが、会社の人にウソだと思われちゃうのも悲しいですね・・・^^;

トロントも洗濯機のないアパートがあるんですね!
うちの社宅はド偉い役職のヴィラ住まい以外は、洗濯機を置くスペースもないですが、蛇口や排水溝もないので設置できないんですよ。
たとえ洗濯機を買っても置けないなんて・・・
ドバイに来てこれに一番がっかりしました。


快適な日本で育った日本人なので、家電製品が不便だとすごく不自由な気分になります。。。

投稿: こじか | 2011年10月28日 (金) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/42619461

この記事へのトラックバック一覧です: 一人コント?:

« 洗濯事情 | トップページ | 一人暮らし »