« 秋茄子 | トップページ | 一人コント? »

2011年10月11日 (火)

洗濯事情

こじかです。

海外で暮らしていて困ったこと、不便だと思うこと、外国で生活したことがある人なら

一つや二つあるかもしれません。

我が家にもいくつか、困った事情があります。

わたし達が住む社宅の各部屋には、洗濯機が置けないというのがそのひとつ。

社宅の敷地内にはコインランドリーが一箇所だけあり、洗濯機と乾燥機があります。

ですが、毎度毎度、洗濯をするために大きな洗濯籠と洗剤類をかかえて、

部屋から外へ出て5分歩かなくてはいけません。夏場は外を5分歩くのも一苦労。

夏場のランドリー内はサウナ状態。蒸し暑くてたまりません。

出てくる水も熱湯に近いくらい熱い。トイレに行って手を洗うと火傷しそう。。。

どんな雰囲気かというと・・・こんな感じです。

Img_6944

ベンチを挟んで右側に洗濯機、左側に乾燥機が、ズラァ~っと並んでます。

混んでいる時などは、乾いた洗濯物を勝手に乾燥機から出されてしまいます。

写真↑がその様子。写真↓洗濯機。 どちらも40台くらいあるんじゃないかな。

Img_6947

洗濯機も乾燥機も1回2コインかかります。(約50円)

両替機がないので、小銭を日ごろから貯めとかなければいけません。

Img_6945


ランドリーは24時間OPENしていていつでも利用できます。好きなときに使えます。

とは言えですよ、日々の生活の中で週に何度も使う洗濯機が部屋にないって、

けっこう面倒だと思いませんか、奥さん!!

しかもですよ、選択ボタンはなく、洗いだけ、 脱水だけ とかができないうえ、

柔軟剤は自分でタイミングをみて入れなくてはいけないんです。(自動じゃない)

サウナのような暑さの中、洗いが終わって、また水が溜まるのを待ち、

汗をダラダラかきながら、洗濯槽に柔軟剤を入れます。

ランドリーから近くに部屋がある人は一度帰ればいいけれど、我が家は徒歩5分。

往復するのもバカバカしいし、ちょっとタイミングを外すともう脱水になってる。。。

見張ってないと柔軟剤を入れ損ねてしまうんです。

で、柔軟剤を入れて洗濯機がまわり始めたかと思ったら、5分もしないですぐ脱水。

そのくせ脱水に10分くらいかかります。終われば乾燥機の空きを探し投入。

洗濯中はずっとコインランドリー内で1時間ほど暇つぶししてますが、

乾燥機なら放っておいてOKなので、一度部屋に戻ります。

しかしながら、すべての洗濯物を乾燥機に入れるのは危険なんです。

よく縮みます。そして謎のシミが付くので、白い物や淡色の物は仕分けて部屋干し。

Img_0512

普通の真っ白いTシャツだったのに、乾燥を終えるとグレーの染みがまだらに・・・

たぶん、柔軟剤や洗剤の残りが乾燥機の熱で化学反応してるみたいです。

洗って綺麗にしたはずが、なんだか汚れて仕上がるって・・・やんなっちゃうbearing

乾燥機が終わるまで45分くらいあるので、部屋干しの洗濯物を持ち帰り、

部屋でハンガーに吊るし、ちょっと涼んでお茶でも一服したらまたランドリーへ。

乾いたものをたたんで持ち帰り、やっと洗濯物をこなし終える。

洗濯のたびに、徒歩5分×2往復+ランドリー内での1時間=1時間20分ですよ。

1時間20分もあれば、昼寝も夕食の下準備もできちゃいますよ~ 奥さん!!

もう慣れましたが、ホントに困った事情でございます。

そうそう、ランドリー内で暇つぶしをしていると、ナンパされることがたまにあります。

声を掛けてくるのはインド人かパキスタン人など色黒な外国人。わたしも外国人ですが。

白人男性はアジア人にナンパなんかしてきません。プライドが高いので。

日本人は童顔だし、たぶんわたしは隙だらけなんでしょう。

「ハァーイ!どこからきたの?」 or 「小銭もってる?両替してくれない?」

などと話しかけてきて、それに答えると「きみ名前は?」「どこの棟に住んでるの?」と

質問は続きます。で、「僕はすぐ近くだから洗濯終わったら部屋に遊びに来ない?」

忙しいから行けない、と答えると「きみはどこの部署で働いてるの?」と聞かれ、

「わたしは働いてないの。主人の仕事で来ていて、彼は○○でシェフをしてる」

と答えると、「あ、あ~そうなんだ~。へ~・・・じゃぁ、僕はそろそろ部屋に戻るよ」と、

そそくさと退散するのです。彼らは独身者で、部屋もシェアルームに住んでる人たち。

(社宅にはファミリータイプと独身者用の6人部屋と3人部屋があります)

出会いも少なく、女気がないのでしょう。こんなオバサンにも声かけちゃうんだから。

しかも英語がほとんどできないわたしに、身の上話などされても理解不可能。

それにインド人の英語はじぇ~んじぇん聞き取れない。

ついこの前は、社宅内のどこかにデリバリーにきたカレー屋のおじさんにまで

ランドリーで声をかけられた。ていうか、何故リバリーのおじさんがランドリーに居るんだ?

まったく・・・困ったもんです。

「おじいさんはバスで出稼ぎに、おばあさんはサウナ室へ洗濯に・・・」

どんぶらこ~どんぶらこ~ 流れてくるのはインド人やデリバリーのおじさん。

そんなわけで、コインランドリーに行くのが億劫でならないわたし。

まぁ、毎日グータラ暇なので、家事に追われて困ることはないんですけどね。

日本にいると、たとえ全自動の洗濯機でも毎日時間に追われてましたから、

今のほうが余裕のある生活をしてるってことですね。 つるさんのお陰です。ありがとう!

|

« 秋茄子 | トップページ | 一人コント? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/42432022

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯事情:

« 秋茄子 | トップページ | 一人コント? »