« 11 | トップページ | 鍋とピント »

2011年1月28日 (金)

慈姑

つるです

御節の話しをもう少しだけ・・・ちょっと新しい発見があったので・・・

お重に詰めた慈姑(くわい) 1つ植えると12の慈姑が出来るんで 

一年12ヶ月の数字と重なるので縁起が良いとされていてお正月によく使います

それを松傘、松笠に見立てて剥いて調理してあります

Img_9836

私が今まで教わってきた調理方法は下茹でする時に梔子(くちなし)で色付けしたり

番茶で色付けしたりする方法を教わってきました

ところが・・・・・・・・

今回 梔子も番茶もありませんでした

そこで 他の茶葉で色付かないかな? と ふと 天からのお声がありました

色が濃い目な茶葉・・・・・ よし! 今回はアッサムで色付けてみるか ってことに

ただ もしも色付かなかったら・・・と思ったんで保険をかけて液体の着色料も一緒に・・・

Img_9841

そしたら 見てください

この仕上がり! 本物の松ぼっくり色に染まってるじゃありませんかgood

醤油も溜まり醤油も一切使ってないのにこの色!

マジで 大発見! 自画自賛!

でも この後 この話をよくよくよく これでもかってくらい一緒に飲む方々にすると

・・・・・・・・・ これはなかなか面白いぞ とは言ってくれましたが

色止めとして着色料を使ってるからもしかしてこの色が出て止まってるのかも・・・・

と アドバイスを頂きました

料理は本当に奥が深いです

着色料は浸透してるのに茶葉の色は外側だけで浸透していない・・・

料理は化学です

またこの仕事をするときは茶葉のみや、他の茶葉で試してみたいと思いました

Img_9840

とにかく 今回の収穫、大発見としては 

このくわい・・・コワイくらい良い色に仕上がりました

|

« 11 | トップページ | 鍋とピント »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/38626702

この記事へのトラックバック一覧です: 慈姑:

« 11 | トップページ | 鍋とピント »