« 2010年6月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年7月

2010年7月17日 (土)

下手の横好き

つるです

ドイツ・ハンガリー・イタリア・フランス・スペイン・ウクライナ・ロシア・モルドバ・グルジア・

アルメニア・アルジェリア・エストニア・ブルガリア・ポルトガル・オーストリア・トルコ・

ギリシャ・アメリカ・アルゼンチン・チリ・ニュージーランド・オーストラリア

これみんなウクライナ来てから飲んだワイン184本 手前はビールで62本  

同じものはないんです・・・美味しくて同じもを飲んだり、外食で飲んだりを考えたら 

Img_7963

相当飲んでます 飲みすぎです 酒のおかげで財布が 叫” んでます

どうせこんなに飲むならば・・・と 少しでも格好良く 美味しく飲めるように

グラスの持ち方から姿勢、料理を摘まみながら飲むとか色々工夫して飲んでるけど

周りからは「美味しそうに飲むねぇ~」「酒が似合うねぇ~」なんて言われたことがない

そう 「下手の横好き」 ってやつです coldsweats01

解説:趣味などは自分の意志で自ら選んだものが多く、たぶんその事がとても好きな

場合が多いと思います。その事に憧れて上手くなりたいという思いとは別に、

いくらやっても上手にならず、とにかくその事が好きで好きでしょうがない事を

言っているようです。「横」という言葉の意味はたぶん真面目に正しくその事に

向かっていない、真面目さが少ないという意味があるのではないかと考えます。

この句は「下手の物好き」とも言うようです。

どうやら 私は 「ただの酒好き」 みたいですwinebottlebeer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

Sorry

つるです

突然ですが

日本に帰ります

まっ

その前に Venice=Barcelona=Brussels=Amsterdam に寄り道してからだけど・・・

なのでちょっと休憩ってことで

ウクライナでは塩のことを ソーリ” と言います

突然日本に帰るなんて なんだかショッパイ話になったな・・・sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

故郷

つるです

こっちでは2010・ワールドカップ全試合が見れるので毎夕・夜・・・毎日毎日見ています

ようやくベスト4が出揃いました 

Uruguay(宇柳具) vs Holland(阿蘭陀) ・ German(独逸) vs Spain(西班牙)

Brazil(伯剌西爾)が負けたのにお付き合いしてかArgentine(亜爾然丁)も負けた・・・

今大会 日本はベスト16止まり  日本中ではよくやったと言っているけど正直ガッカリ

1st Round通りの試合をやっていれば間違いなくパラグアイに勝ってたぞcrying

フェルナンド・トーレスの不調も考えるとスペインともそこそこやれたと思う

日本にとって本当に勿体無い大会だった。

まっ

サッカーの歴史が浅い日本はもっと時間をかけて世界の壁を知るべきかも知れない

60年ぶりにスペインがベスト4に入ったくらいですからね

個人的にはカズが監督で行く頃のW杯が日本サッカーのピークであって欲しい

さてさて

仕事もひと段落ついて そろそろ夏休み・・・

Img_7942

白アスパラの葛練り・・・ 

Img_7944

黒鯛の葛打ち、翡翠茄子 トマト 平茸・・・

Img_7950

鮪 鮭 貝柱の小角、桜桃と梅、胡麻 葱 煎り玉子・・・

Img_7952

鴨の洋葱巻き、アールグレイの茶葉を巻き込んで焼き、シナモンと蜂蜜のソース

Img_7954

胡瓜で鳥貝とネクタリンを巻いて土佐酢のゼリーと黄身酢・・・ 

Img_7957

茶蕎麦・・・

Img_7961

ピノ・ノワールソルべ、レアチーズケーキ 果物・・・

日本料理と言うには程遠い内容・・・

でも最近は料理に芯をあまり持たせないような事が多い

現地の食材とちょっとした和食材・調味料とを巧く合わせて美味しくできればそれでいい

日本料理、技術にあまりに偏って拘り(こだわり)過ぎるとかえって違和感があるし・・・

だって真夏の縁側で西瓜やかき氷を頬張っているだけでもう故郷の味になるでしょ

蝉の鳴き声のない石畳の上で麦茶をガブ飲みしてもねぇ・・・・

だからあんまり故郷の味にこだわらないようになりました

来客の舌やリズムに合うように作る方が肩の力が抜けていてちょうどいいかも

本当にそれでいいと思ってます 

いつだっけか宇宙飛行士の毛利さんが言ってました

「宇宙からは国境は見えない」 ってね

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年12月 »