« 井戸の水 | トップページ | 山食パン&あんぱん »

2010年5月16日 (日)

かりんとう~

こじかです。

キエフの街並みはすっかり美しい季節に変わってきました。

が、この季節によくある雷&スコール。日本の梅雨みたいにジメジメしていないから

不快感はあんまりないのだけれど、雨が降るとけっこう寒い。

陽が差していると暑いのに雨で急に冷え込むので、着るものにとても困っています。

極度の寒がりなので、わたしはまだまだ半袖は着れませんね。

さて、、、もう半月も前に作ったかりんとうです。

Img_7616

材料が少なくて簡単なお菓子、何かないかな~と考えていたらかりんとうになりました。

ちょうどボリボリ食べられるおやつも欲しかったし、バターを使わずに済むし。

小麦粉に卵と砂糖を混ぜて、できた生地を延ばし適当な大きさに切って油で揚げる。

砂糖を鍋で溶かし、結晶化寸前に揚げたかりんとうを入れて絡める。

・・・だったと思う。メモをとらなかったので忘れてしまった。。。

わたしのは黒砂糖がないのでグラニュー糖です。生地に胡麻もすこし入れました。

揚げ方が3度揚げなので少々手間がかかるのですが、これを適当にやると

カリっとしたかりんとうにならないんですねぇ・・・・・・・・・・適当にやってしまいました。

顎が疲れるくらい、ガリっとした硬いかりんとうができあがりました。

普段、柔らかいものばかり食べているので丁度いい顎の運動かも。

Img_7623

とは言え、かりんとうとしては失敗。 硬すぎて誰にも分けられない。

味は悪くないけど、見た目的には糖衣がけもちょっとやりすぎた。

材料は少ないけど、揚げ物で砂糖いっぱいだとカロリー高そうだな・・・。

白砂糖っていうのはあんまり身体によくないことも多い。

血液の酸性化でドロドロ血の原因にもなるし、低体温や低血糖になり

基礎代謝を下げてしまい寒がりになる。→まさにわたし!

白血球の働きを悪くする事もあり、病気や怪我も治りにくく、血が止まりにくくなる。

免疫力が低下したり、カルシウム不足にもなる。

怪我じゃなくても、口内炎とか歯の治療後などは白砂糖は控えたほうがいいです。

もちろん本来は糖分を使っている食べ物は良くないです。

もし砂糖を摂取するなら蜂蜜やメープル、黒糖などの方が良いかも知れません。

一番いいのは羅漢果らしいですが、用途によって使い分けるのが良いのでしょうね。

あと本当かどうか分からないし個人差もあると思いますが、白砂糖は中毒になる、

という話もありますよね。

世の中では白砂糖は「悪者さん」みたいです。

とは言え、砂糖を取らない生活なんてムリです。わたしみたいなお菓子好きには特に。

料理にだって日本食には砂糖が欠かせません。煮物や照焼き、タレ、つゆ、・・・

それに白砂糖なんかより、もっと身体に悪い食べ物はいっぱいあります。

要は、何でも取り過ぎちゃいけないって事なんですよね。

自然界にある食べ物をバランス良く摂取しましょうってことです。

でもわたし・・・あんまり偉そうに言える生活してません。 バランス、悪いもんなぁ。

そんなこと考えながら食べていると、なおさら硬く感じる「かりんとう」なのでした。

Img_7619

|

« 井戸の水 | トップページ | 山食パン&あんぱん »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/34725023

この記事へのトラックバック一覧です: かりんとう~:

« 井戸の水 | トップページ | 山食パン&あんぱん »