« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月26日 (月)

無性に食べたくて・・・

こじかです。

日本と同じく、ここキエフでもこの2~3日は寒かった。

日中の天気は悪くないのだが、冷たい風が強く吹いていて、夜中には氷点下にも。

まだまだコートの出番は終わらなそうです。

かれこれ数ヶ月前から、食べたいんだよなぁ~と思っていたラーメン。

ウクライナにもインスタントラーメンなら売っているのだけど、美味しくない。

インスタント大好きって訳ではないけれど、日本のカップラーメンは美味しいと思う。

我慢の限界か、ラーメンが無性に食べたくなった。 しかも乾麺ではなく、生麺の。

もちろん生麺なんて売ってない。 でも無性に食べたかった。

で、とうとう麺打ちに手を出しちゃいました。 作りましたよ、中華麺。

Img_7574

材料は 強力粉、塩、卵、重層、水。 なんて安上がりなんでしょう。

かんすい代わりに重層を少し使いました。

ただ混ぜて、足で踏み、揉みこみ、薄くのばして細く切る。なんて簡単なんでしょう。

しかし、足で踏みながら生地を揉む、を何度も繰り返すのでちょっと疲れました。

生地を少し寝かせたあと、麺棒で薄く延ばす作業はもっと疲れました。

ゴムのようにかなり弾力のある生地なので、薄くするのはけっこう力仕事です。

わたしが探し当てたレシピでは、パスタマシーンを使って薄くのばしています。

パスタマシーンなんて持ってませんから、もちろん手動です。

字のごとく手動の作業は、手のひらや手首が痛くなりましたよ。

それから細く切る・・・これも疲れましたねぇ。

蕎麦切り包丁とかも持ってないので、極普通の家庭用文化包丁です。

刃わたりが長くないため、生地を何重にも折り曲げて切るもんですから、

切るたびに厚く重なった生地がぐにゅっとズレて、連続でトントントン・・・とできない。

いちいち手直ししながらの作業は時間もかかるし、細く切るのに神経を使う。

夜8時くらいから材料を量り作り始めて、食べたのは夜中の2時でした。

でも、数か月間も食べたかったのを我慢していたと思えば、6時間なんて早い早い。

疲れるほどの作業の甲斐あって、念願の生麺のラーメンが食べられました。

スープは鶏ガラでとった出汁にかつお出汁を少し加えて、塩こしょうで味を整える。

麺作りで時間も体力も使ってしまい、疲れたので具はほとんど無し。

玉葱と長ネギだけのシンプルな塩ラーメンのできあがりです。

Img_7596

まぁ~、こんなに面白味のないラーメン見た事ないですが(笑)、中華麺を自分で

作ったという達成感で、「おぉ、ちゃんとラーメンだ 美味しい」 と思ってしまった。

麺もスープも、ケミカルなものが一切ないラーメンです。美味しいはずです。

因みに切っただけの麺だとまっすぐなので、麺をぎゅうぎゅう丸めたり揉んだりして、

ちぢれ麺にしてあります。 (やや太麺なので、スープが絡みやすいように)

そして麺の決め手はコシですよね。 コシはまぁ、そこそこでした。

踏む→たたむ→踏む をもう少し長くやっても良かったかなぁ。

レシピでは茹で時間が1分~1分半だったので、1分半にしたら、やや茹で過ぎた感。

太麺だから時間長めに、と思っていたけど、理想より柔らかくなってしまった。

でもこれでも満足する程度のわたし、ラーメン通じゃなくて良かった。

日本にいたら、間違っても絶対自分でなんて作らない。ラーメン屋に行きます。

そして日本に帰ったら、誰か美味しいラーメンおごってくださいcatface

あ、でもどうせオゴッってもらうなら寿司とか焼き肉とかしゃぶしゃぶの方がいいかな。

パスタマシーンがあれば、、、いやそもそも麺類でもうどんや蕎麦だったら、

こんなに疲れる思いをしなくて済んだのでしょうが、わたしはラーメンが食べたかった。

美味しいラーメン屋さんが近くにない方、海外暮らしの方、麺作りマニアの方、

良かったらお試しあれ。 なるべくパスタマシーンのご使用をおすすめします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

医療・治療

つるです

歯医者に行きました

Img_7604_2最近 口の中の写真が多い?

ので小さくしました

誰も見たくないだろうしね

クリックすると大きく見れます

見る人は見てやってください

奥歯のセラミックがボロリと取れた

きっと夜な夜なの歯軋りのせいだな・・・・

キエフで英語も通じて技術もマネーもお高い所に行きました

保険に入ってないんで(なぜ?)460グリブナで5000円くらいでした

医療用語のロシア語だのウクライナ語だの話せるわけない

英語でもそんなに変わらんけど・・・

まっ 病院絡みはちょっと高くても安心を買うのが日本人shine

さて 口を開ける前に事情を話す

「左奥歯のセラミックが取れたから詰めて下さい。一応 取れたの持って来たけど」

「んん~」

「これは使わない。ここでは日本より安く早く簡単に新しい歯が作れるけど 作る?」

「きっぱり!いりません。」

「わかりました。じゃぁ治療します」

「キィ=====ン  キィ=======ン」

この独特な空気 いつも目のやり場に困る しかも変な風に動く指先

「キィ===ン キ====ン」

ちょっとだけ削ってギュっと粘土みたいな詰め物・・・ 高さを調節して周りを削って・・・ 

「はい これで終わりです。レントゲンを撮りましょう」

・・・・・・・・「はい!これ 今日詰めた歯です この歯は神経がありますね大丈夫です」

「治療はこれで終わり お会計ね」

完全に言われるがままだった・・・・・・・・・

確かに取れた詰めものにフタをしてくれとは言ったが まさかまさか

開いたドアを閉めるのと何ら変わらない このタンタンな簡単な単純無知な治療!

しかも しかもだよ! 一度もうがいをしていない!  して下さいとも言われてない・・・・・・・

詰め物する時も削ったまんま。 大体は空気をシュッ=シュッ=ってして乾燥させて

何か薬をチョンチョンって塗るでしょ・・・ 一切なし!

削ったままの歯にギュ===ッと詰めものして

終わったらレントゲン?  「この歯は神経がありますね大丈夫」・・・・・って   

おい!

外国で医者にかかる私が悪いんです   健康第一です

ただ 変な感じだけど感心?したのは兎に角   早い! 雑とも言うな・・・

そんなキエフの歯医者さんは

異常・微妙です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

ガレット ブルトンヌ

こじかです。

昨日、ウクライナに来て初めて 「桜」 を見ました。春なんですねぇ。

この国には「桜」はないと思っていましたが、誰かが植えたんでしょうね。

花びらの色といい、幹といい、香りといい、あれはきっと桜だったと思う。

実はこの2週間、非常に心が乱れやさぐれて、虚無感と失意に見舞われておりました。

あんまり「にこにこ」できる気持ちじゃなかったので、ブログもさぼっていましたが、

逆にこんな時こそ気分転換に書いてみようかと、今さっき思い立ち書くことにしました。

前回に続いてまた焼き菓子ですが、さくほろクッキーを食べながら思いだしたのが

この「ガレット ブルトンヌ」です。

Img_7543

モンサンミッシェルに行った時に、そこのお土産屋さんでこのお菓子を試食したんです。

それがすごく美味しかったのですが、その日はお土産を買う予定はなかったので、

買わない代わりに何度も試食しました。 笑

フランスのブルターニュ地方のお菓子で、美味しい塩を使ったバタークッキー。

「ブルトンヌ」ってブルターニュのことなんでしょうか? ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

思い出すと同時に、創作意欲に火がついて早速作ってみたくなっちゃうんですよねぇ。

とりあえず5~6個分の材料で作ってみたら、思いのほか沢山できてしまった。

Img_7540

バターは普通の無塩バターだし塩も普通の食塩だったので、お土産屋さんで食べた

あのガレットには程遠い出来映えでした。 売り物と比べるのが大間違いですが。。。

フォークで模様をつけるのが思った以上に難かしく、綺麗な線が出せなかった。

コーヒーのドリュールも塗りが足りなくて色艶がいまいち。それにちょっと焼き過ぎたな。

でも初めて作ったものだし、自分で食べるおやつとしては十分おいしい。

予定より多く出来上がったので、習い事仲間の日本人女性にお福分けしようと思い、

レッスンの日に持って行ったのですが、教室の前で先生や友達が来るのを待っていたら

誰も来ない。。。 なんと! その週はレッスン自体がお休みだった・・・shock

スケジュール帳のメモを間違えて一週間ズレて書きこんでしまったわたし・・・ バカだ

友達に会えるのは一週間後なので、その日はお福分けを断念。

職場の女性スタッフのおやつになりました。

フランス旅行の経験がないウクライナ人が、このお菓子を知るはずもなく、

「ガレット?へぇ~、フランスのお菓子ねぇ」 「美味しいわ。けどカロリーが高そうね」

きっと日本人なら喜んで食べますが、ヘルシー志向の彼女たちの反応はビミョウ。

わたしはお菓子を買ったり作ったり、とにかく沢山食べますが、体型はかなり痩せ型。

健康のことを考えると、カロリーよりも糖分の方が気になります。

手作りすると、市販のお菓子がいかに沢山の砂糖が使われているか分かるからです。

そしてもっと気になるのが、チェルノブイリの放射能の影響がある食材。

苺やきのこ類、牛乳なんかも気をつけなければいけません。

土壌汚染のある場所で牛さんが食べる草が、牛乳にも影響を及ぼしているらしいです。

知り合いの日本人で、この国ではお子さんに牛乳を飲ませない方もいます。

育ち盛りなので、カルシウム摂取をするために工夫がいるし大変だと言っていました。

どのくらいの汚染なのかどこまで本当なのか、情報が少ないのが現状です。

牛乳こわいなぁ~と思いつつ、料理やお菓子にほぼ毎日使っているわたし・・・

どなたか日本の科学者や研究者の方、ウクライナの食材を調べてもらえないかねぇ。

あ、また話がズレました・・・・

この「ガレットブルトンヌ」 美味しかったから、改良レシピでまた作ってみようと思います。

でもバター系のお菓子が好きとはいえ、さすがに最近ちょっと摂りすぎかも。

フランス人のバター摂取量って、年間でどのくらいなんだろう・・・

最近わたし、気になることが沢山でてくるお年頃です。。。笑

Img_7547

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

サク・ホロ バタークッキー

こじかです。

ずいぶん前に材料3つで作れる簡単ほろほろクッキーのレシピを書きましたが、

今日はそのレシピの材料を、粉の3割くらいをアーモンドプードルに変えて作りました。

ホロホロ感がかなりUP。 そしてやっぱり風味も良いです。

Img_7523

プレーンと紅茶葉入りです。

紅茶葉入りの方はあんまり発色が良くないですね。 

全体的に緑色っぽいし、風味もアーモンドに負けてる感じです。

葉だけじゃなくて濃い目に出した紅茶も入れれば良かったかも。

Img_7532

アーモンドプードルは皮つきのままのパウダーだったので、茶色いプツプツが見えます。

こうゆう素朴な感じも好きなんです。

Img_7533  Img_7534

もともとバタークッキーが大好きなんですが、ここには発酵バターがないので

コクのあるバタークッキーを作ることが難しいです。パウンドケーキとかも・・・・

バターたっぷりのお菓子が大好きなんです。

料理でもバターは結構使います。つまりバター大好物なんですね。

でも、フランスに行った時は毎日毎食、バターたっぷりこってり料理ばかり食べていて、

さすがに胃もたれ&胸やけを起こし、「白飯が食べたい・・・」と思いました。

その辺はやっぱり日本人なんですねぇ。。。

白飯といえば、、、最近わたしはご飯を炊くのにフライパンを使っています。

ここにある炊飯器では美味しく炊けない上に、底のほうが焦げてくっついてしまう。

おこげは好きなんですが、炊飯器のおこげは全然香ばしくないし美味しくない。

で、パエリアの要領でフライパンで白いご飯をたいてみたら、あら、ふっくらつやつや。

テフロン加工なので焦げもないし、何しろ炊き上がるのがすごく早い。

炊飯器と違って1合からでも美味しく炊ける。

コツはしっかり吸水と、しっかり重めの蓋、あとは沸騰するまでは一気に強火にして、

沸々してきたら弱すぎない弱火で10~15分。 ガラス蓋なら様子が見えますよね。

水分がなくなったら火を止め、火を止めたらそのまま10分以上蒸らすこと。

よく、「始めちょろちょろ、なかパッパ・・・赤子泣いても蓋とるな」なんて言いますが、

本当は沸騰するまでの時間が短ければ短いほど、いい炊きあがりになるそうです。

蒸らしは言葉どおり、蓋は開けちゃダメです。米のもっちり感がなくなります。

水加減は季節や好みで多少変わりますが、とぐ前の米の総量の1.2~1.5倍。

失敗もあるかもしれませんが、馴れると上手に炊けます。

・・・・・バタークッキーの話題からすっかりズレてしまいました。

さてさて、これはカロリーの高いお菓子ですが、軽い歯触りで手が止まりません。

サクサクにするコツはバターをしっかりホイップして、小麦粉を加えたら練らないこと、

できれば粉砂糖で作ると、サックサクのクッキーになると思います。

みなさんのお好みはサクサク派?それともザクザク、ボリボリ派?

Img_7529

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

たまご型でバターケーキ

こじかです。

4月8日は仏生会でしたね。お釈迦様の誕生日です。

お寺などでは「花まつり」といって甘茶をふるまって祝祭をしているところもあります。

日本版クリスマスなんですけど、あんまり認知度は高くない行事ですね。

折角だから和菓子を作ろうと思っていたのに、人生を揺るがす悪い出来事に遭遇し、

哀しみと失意のあまり、やる気なんか出やしない日になってしまいました。

なので、先週作ったケーキをUPします。シリコンのたまご型でいろいろ作ってみました。

Img_7416

チョコパウンドケーキ↑ パウンドケーキのくせに、バターを使わずサラダ油で。

生地の真ん中には裏ごししたフランボワーズのコンフィを入れて焼いてあります。

でも上手に真ん中には入れられず、はみ出してしまった子たちもちらほら・・・

Img_7411Img_7419 

膝小僧をすりむいてたり、切腹してしまったものも・・・・あぁ 痛々しい

サラダ油を使ったパウンドケーキは手軽で簡単だけど、やっぱり味は物足りない。

なんかポソポソしてるし、当たり前だけど風味がない。

コンフィーが入ってなかったら全く食べたいとは思わないケーキでした。

Img_7431

こちらはカトルカール生地です。

プクっと割れてるほうはカスタード入り。平らな方はコンフィ入り。

不思議なことに全く同じ生地でも、中に入れたフィリングで膨張率が変わるんですね。

こちらはちゃんとバターで作ったので、しっとり感も風味もある良い仕上がり。

カスタードは先日のシュークリームで余ったものを使ったのですが、

甘い生地に甘いカスタードで、ちょっとどっしりだったかな。 甘党なので嫌いじゃないけど。

Img_7483

コンフィ入りの方はほどよい酸味で、けっこういい線いってると思います。

気を付けて丁寧に入れなかったので、こちらも下の部分がはみ出してますが。。。

一口かじった時のコントラストも、カスタードよりもこっちのほうが綺麗だし、

表面も膨れて割れたりしないので、見た目はスマートかも。

本当はもっとコンフィを詰めて焼きたかったけど、これ以上ははみ出るので無理。

タブレット状に冷凍したものとかを作っておけば上手に詰められたかな。

先日この型で焼いたシフォン生地のケーキはイマイチだったけど、

カトルカールやバターケーキなら美味しくできることが判明。いい実験でした。

でも、連休前夜に作ってしまった=差し入れる相手がいない=全部ひとりで平らげる。

まぁ所詮これは実験ケーキなので、胸を張って人に差し出せるものでもないんだけど。

ご飯代わりにこんなものばかり食べてるわたし、、、、糖尿病には気を付けなくちゃ!

Img_7435

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

サクサクなシュークリーム

こじかです。

ウクライナもだいぶ暖かくなってきました。

道端の雪はすっかり溶けてなくなり、そして突然な感じで春らしくなってくるんですね。

昨日びっくりしたんですが、夜の7時を過ぎても外がまだ明るかった!!

ちょっと前からハマっているパン作りが、ふわふわドーナツ作りの研究に発展。

先日またドーナツを作ろうと思ったら、ドライイーストを買い忘れていたので、

イーストなしのドーナツを作ってみよ~!と思いフレンチクルーラーを作ったんです。

フレンチクルーラーって、シュークリームの生地と同じなんですね! 知らなかった・・・

ゆるめの生地を絞り出して油で揚げるだけ。

出来上がりは・・・・・・・・・・・・・・・・大失敗でした。もービックリするぐらいの。

変な方向にに膨れてブッサイクな形だし、味も粉っぽさが残って不味い。撃沈・・・

写真なんて撮る気にもならず、証拠隠滅 一気にヤケ食いしましたよ。

こんなことならシュークリームにしとけば良かったと大後悔。

で、悔しさのあまりその次の日にシュークリームを作ったってわけです。

あ~ ちょっと長い前フリでしたね。。。。できたのがこちらです↓

Img_7404

昨日の失敗が続くんじゃないかと、心配でオーブンの前に張り付いてましたが、

ちゃんと膨らんでくれてサクサクタイプの美味しい皮に焼き上がりました。

クリーム注入用の長い金口を持っていないので、文字書き用の極小丸口で注入。

生クリームをホイップするのが面倒だったので、普通のカスタードだけです。

皮もクリームもまぁまぁ良くできました。 久々にボスご一家にもお福分けしました。

作っていて思ったのが、シュークリームってケーキ作るより簡単な作業なんですよね。

材料も少なくて、洗いものも多くないし、コツさえつかめば手頃なお菓子な気がします。

Img_7408

さて、今日はイースターの肉食解禁でスーパーの肉コーナーが賑わっていました。

わたしは無宗教なので関係なく、ずっとお肉は食べてましたが。

イースターって、イエス・キリストの復活祭ですよね。

キリストって十字架に磔にされて処刑されたけど、3日後に生き返ったんですよね。

息を引き取ったのが13日の金曜日で、3日後の日曜に復活したんですね。

イースターは自分には全く関係ないと思っていましたが、全くないわけでもなかった。

だってわたしの誕生日は、「13日の金曜日」なんですよ。 4月ではないけど。

忌み嫌われている日ですが、「Good Friday」とも呼ばれているらしいですよ。

キリストによって沢山の人々が苦しみから救われた、という意味が込めているそうです。

因みにもうひとつ、あまり役に立たないかも?な豆知識ですが、、、

キリストは傷だらけの体で磔用の十字架を自分で背負って処刑場まで歩かされました。

そのあと磔にされて3日間も生きていたっていうのも、すごい根性ありですね。

ドーナツ失敗したくらいで撃沈していちゃだめですね。

まぁでも、おかげで美味しいシュークリームを作れたので、気分は復活???

Img_7406

| | コメント (4) | トラックバック (0)

体力

つるです

今日は?今朝は?さっき仕事が終わった・・・3日の11:00から4日の4:00までcoldsweats01

連日ちょっと無理やり働いてるんだけど 何故って? そりゃ~

ウクライナ・イースター祭の休み明けに50人程の宴会が入ってるのと

宴会前なのにUEFA CHAMPIONS LEAGUEの2nd legがある

さらに 仕込みをしようとしてた日に 地元民にイースター祭のお呼ばれをしてるので 

少し前倒しで仕事の段取りを付けてたのでこの時間・・・・

だって お呼ばれって言っても 実際は食べて飲んでのドンチャン騒ぎと

ディナモ・キエフのJuniorで球蹴りしてる息子が大会優勝したからメダルのお披露目に

呼ばれてるってことだしねっ   またVODKAの洗礼を浴びます 

バタバタ・ヤラれる週末です 

そんな自分の都合はさておき

3日の23:00から夜通しで家から歩いて10分くらいの所で復活祭があるわよ~

なんて教えてもらってたから仕事終わりの時間も今時は丁度いいってことで

かなり疲れてたんだけど ウラジーミル教会に行って来た

Img_7440

写真がボケちゃってるけど

すげぇーよ 300人以上は居たよっ

ちょっとだけ目が醒めたよ

そんで足元が明るくなってるのは

おのおの籠に入ってる蝋燭の明かりと

イースターケーキとワイン

これ 朝05:00だよ

ノリ的には HAPPY NEW YEARと

変わらない人混み

無宗教の私でもさすがに納得shine

Img_7444ウクライナに

住んでてウクライナらしい

体感を久々にしたねっgood

でも写真を撮る雰囲気でもなく

しかもデジカメのバッテリーも

赤ランプ・・・・

みーんなボケボケ

Img_7445

臨場感がイマイチだろうけど

ご勘弁sweat01

部屋に戻って何とか伝わるように

記事にするのが精一杯

帰り道でお恵みを~  って 

紙コップ片手に

コックリ・コックリしてた

おばあちゃんレベルで

私のバッテリーも・・・sleepy

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イースター

つるです

今年もやってきまーしたー イースターです 

ちょっとバタバタしてて展示会とか行けなかった

ので

去年の写真で雰囲気だけでもイースカー?

Img_1127_2

こんなけのピサンキ

手描きだからもう十分

マースターだな

Img_1106_2

このパンも花とか色々

綺麗に出来てて美味そう

来年はパースターで

チャレンジ!

Img_1115_2

ちょっとカピカピだけど

大丈夫good

きっとこれを食べるのは

ハムースター

Img_1113

さらにサラミでできた舟

こんなんで旅に出たら

気分はもう

ムービ ィースター

Img_1828_2

ウクライナの女子は

かなりカワイイです

この子達もしかして

シースター?

私のパソコン

ヴ ィースターです

happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

イクラ

つるです

ロシア語で魚卵のことをイクラと言います

だから日本で馴染みあるトビコ(飛魚の魚卵) 数の子(鰊の魚卵)なんかも

色とか関係なく「イクラ」です キャビアもです

写真が反射して見難いですが泳いでいるのはチョウザメです(キャビアの親です)

Img_0727ウクライナは国の真ん中に

ドニプロ川があるだけで

海とは縁遠く 鮪や鮭、黒鯛

鱈、鯖に秋刀魚・・・などは

みな海のある近隣国からの

貴重な輸入魚です 

水槽で活かしているのは

Img_0729鯉 チョウザメ オマールエビ

エクルビス ムール貝

虹鱒 鯰くらいなもんでしょう

水槽の映りが悪いんで干物の

チョウザメでも見てみてくださ

けっこーグロイです    でも

安くはないんですよっ 

意外と・・・

ざっと ここウクライナで見かけた食用魚貝類を羅列すると 先の12種類と他

牡蠣、鱸、赤鯛、真鯛、鰻、鰊、鰑烏賊、蛸、大鮃、鰯、海老、帆立、浅蜊、飯蛸、

鮟鱇、イトヨリダイ、エボ鯛、鯵、鱈場蟹、鰈、カスベ、グチ、鯔・・・ 

他・・・呼び名の分からないのが5種類くらいかな

カモノハシみたいに口が平たく長い魚もいるし たぶんバラクーダかな?あれは・・・

実際バラクーダなんて見たこともないけど何となく野生の勘でバラクーダって名前っぽい

小学生用の魚の図鑑を日本に置いてきちゃったのが未だに尾を引いてるな

まっ とにかく色んな魚は殆どがカチコチになってるけど種類は思ってるより豊富かな

ここウクライナの大人気はズバリ鯉!鯔!チェルノブイリ味がピリピリsweat01

だってキエフからチェルノブイリまでは僅か100キロですからね

そのチェルノブイリの上流から泳いで泳いでキエフに来るんですからマジでヤバイ

でも 今さらこんなことくらいで騒いでも仕方ナシ。

奴らはその辺に生えてるキノコとかも平気で食べちゃいますからdash

魚の話だけにここらでFINISH

ウクライナではパンにバターを塗ってイクラをのせてみんな食べてる  美味しいらしい

日本人で言う主食の白飯にイクラ、醤油をかけて食べるのと同じかな

正直 まだパンにイクラをのせて食べた事が無いcoldsweats01

練習?って訳じゃないが珍しく ビギナーにはちょういいのを見つけた

滅多に食べないポテトチップス

しかも イクラ味・・・・・・・・気になるでしょ?

Img_7304

実際 買ってはみたものの

はや3週間が過ぎた・・・

何でか未だ食べてない

買い物満足ってやつかね?

さてこれ1Pacイクラでしょう?

85gなんでイクラも入ってません

さてこれどんな味でしょう?

イクラ何でも開けてないから

わからない・・・じゃぁ 首都が

バクダットでテロがよく起きてるとこは

何処でしょう? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

ショコラ ・ オランジェット

こじかです。

先週作った おつまみお菓子です。

Img_7385

タイトルをいっちょまえにフランス語なんかで書いてますが、

オレンジピールのチョコレートがけですね。 日本でも増えてますね、フランス語のお菓子。

余ったカットフルーツのオレンジが沢山あったので、実を食べ終わったあとの

大量の皮を捨てるのが勿体無くなって、初めて作ってみました。

実はわたし、マーマレードやオレンジピールがかなり苦手。

パウンドケーキなどに入っているドライフルーツも苦手です。

でも自分で作ってみて、初めて「美味しい」と思いました。 完全な自画自賛!

何度もしっかりと茹でこぼし、苦みや甘さ、柔らかさを自分好みに調節してみたら、

「何これ すごい美味しいじゃん!」 半端ない自画自賛!

Img_7389

砂糖で煮て乾燥させた後、チョコをかける前に味見と言いながらパクパク・・・・

チョコをかけたらもっと美味しくて、チョコが固まる前からパクパク・・・・

写真を撮る頃には半分くらいの量になってました。笑

こういうものはコーヒーを飲みながら、2,3個つまむのが普通でしょうね。

オレンジピール、あんなに苦手だったのにモリモリ食べてしまった。

Img_7395

↑ちょっとチョコかけが美しくないですね。 

いつもお菓子の写真は窓際で撮っているのですが、この日はすごく良いお天気で

並べている途中、陽ざしでチョコが溶けてきてベタベタになってしまった。 半分言い訳

「苦手」と言えば、わたしコーヒーも苦手でした。

飲んだあと何故か胃がもたれるし、コーヒーのかすかな酸味が好きになれなくて・・・

コーヒーゼリーとかなら大好きなんですけど。

ところがここ数カ月、急にコーヒーを好んで飲むようになった。

きっかけもないし、何故なのか自分でもわかりませんが美味しいと思うようになった。

インスタントではなく、わざわざ一杯づつちゃんとドリップして淹れてます。

たまに水だしコーヒーも一晩かけて作って飲みます。「美味しんぼ」に載ってたのを真似して

酸味を抑えるられるし、丸みのある苦さになるんです。

大人になると子供の頃や若い頃に嫌いだったものが食べられるようになりますよね。

人参、ピーマン、わさびや麻婆豆腐、ブルーチーズやマトン肉、赤ワインや泡盛・・・

人それぞれ何かしらあると思いますが、30過ぎてやっとコーヒー飲めますって、

大人になるのが遅すぎですね。。。

みなさんは何かありますか?大人になって味覚がガラッと変わったこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

関係

つるです

ウクライナに住んでいても生活の中身は多国籍だらけ

たまに見るTVはNHK 普段話す言語は日本語 英語 ウクライナ語 ロシア語

一献すればフランスやらどこぞの国のワインと生ハム

東とはいえヨーロッパに居ても買い物するとMADE IN CHINAにあたる

ブログを始めてやっとこ1年 住み始めてもうじき1年半

たぶん何処の国に行っても住んでも今どきガッチリ「SAKOKU」してるとこなんて

ないんだろうなぁ~~  

今日は4月1日 ウクライナイースターを前に肉を食べないウクライナ人とは

無関係に今日も1人調理場に籠りっきり・・・・・・・

Img_7306仕事が終わったら

今日もまた酒肴とグビグビwine

どっちでもいいことだけど

世界一美味しいと言われる

生ハム

イタリア・パルマ・プロシュート

スペイン・ハモン・イベリコ

本当にどっち食べても美味しいに変わりはないんだけど やっぱりご贔屓はイベリコ    

何故って?

どっちも塩以外は一切使わない天然食品なんだけど ハモン・イベリコの方が少し

脂分が多い でも その脂はすっぽんの脂と同じだから身体にいいのだ

悪玉コレステロールも流してくれるので 尚さら酒飲みには都合がいい

都合がいいと言えば ここ最近はUEFA・CHAMPIONS LEAGUEが熱くなってきた

でも 家では見れないチャンネルだから 連日ご近所のBARに行って観戦

でも そのお店は22:00で閉店

ずっと通いつめてるせいか 賄賂のせいか 閉店後もお客さんが誰もいなくなっても

最後まで試合を見せてくれる・・  し  エキサイトしてくるとVODKAまで出てくる

そんで ほんとワケわからんウクライナの歌とか歌う?叫ぶ?

やっぱり気付けば朝まで・・・・・・・・sweat02     まっ 

ここでわざわざ話ことじゃないけどある意味これって やっと長い長い冬が終わって

雪解けてウクライナやウクライナ人に歓迎されてきてるってことですかねscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »