« 病 | トップページ | アラビアンナイト »

2010年3月29日 (月)

菠薐草

つるです

菠薐草  法蓮草  鳳蓮草とか書いてホウレンソウと読む

料理をするようになってからは菠薐草と書くようになった

「菠薐」とは中国語でペルシャを意味します。だから原産は西アジアのペルシャ。

シルクロードを経て中国から日本に  西洋へは地中海を経て栽培されてきました 

東洋種は葉がギザギザしてて西洋種は葉が丸いのが分かり易い違いかな

日本でもよく人の名をとって付いた料理があるように

イタリアからフランス王家へ嫁いだホウレンソウ好きなフローレンスさんに因んで 

ホウレンソウを使った西洋料理には「フローレンス風」なんて名が付いている

Img_7215鉄分とミネラルが多い菠薐草

シュウ酸も多く扱いは慎重に

私は下茹でして使う時は

1~2分は水に晒します

それ以上水に晒すと

ビタミンなどが水に流れ出す

ので笊に上げますImg_7214

ウクライナでは殆どが露地物

なので野生味があります

でも出荷状態が良くないので

いつも見て触ってて痛そうです

木の細枝で巻き付けてるので

枝の止め口がブスッと刺さって傷ついてます

Img_7219カワイソウデス

何もここまでしなくても・・・・

って いつも思います   痛そうでしょ?

だからこそ自分の手元に来た時は

一葉一葉丁寧に下処理します

2kg~3kgぽっちで1時間は掛ります

それでもその甲斐あってか

露地物の強みか

長持ちしてくれます

Img_7359Img_7360

約20日経って・・少し傷んできてもきちんと一葉づつ向き合ってあげると

まだまだイケます   絶対捨てませんっ 

他の野菜でいうとアスパラなんかわかりやすい

上に上に育つ野菜だから立てて保存するだけでも寝かせて保存するより

1週間は元気が違います    葱や葉物 上に育つ野菜はみなそうなんですよね

10代20代始めの頃の修行sweat01修行sweat01なんて時は傷んでるものを手にとって平気で

「傷んでます!」「使えません!」なんて言って よく怒られパンチが飛んできた

「使えないんじゃなくて 使えなくしちゃったんだろ!」

「野菜なめてんのか?こいつらみんな口の中入るまで活きてるんだぞ」ってね

向き合い方が甘かったしノウハウを知らなかったから よく使えなくしてたね・・・

まっ

時間は掛ったかもしれないけど今はそんな事はないね

そこそこ野菜達とも話せるようになったからね

本当にコミュニケーションは大切です

たかが菠薐草  されど菠薐草

古臭いかもしれないけど社会に入った時に最初に教わる大事な言葉

そのやり方やその姿勢でいろんな事が活き生きとしてきます

もうじき4月cherryblossomがんばりましょう!報・連・相shine 

|

« 病 | トップページ | アラビアンナイト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/33970048

この記事へのトラックバック一覧です: 菠薐草:

« 病 | トップページ | アラビアンナイト »