« 御干菓子 | トップページ | 病 »

2010年3月21日 (日)

上生菓子

こじかです。

お菓子ネタが続いておりますが、今日もまた和菓子です。

季節モノなので、早めに記事にしておかねば!と思い、早々載せることにしました。

というか、お菓子作りをしてもブログにUPするのがいつも遅いんです・・・・

性根がなまけ者なので・・・・

本日の和菓子は 「練り切」 を五種類ほど作ってみました。

煉り切はわたしの一番大好きなお菓子で、手間はかかりますが作るのも大好き。

Img_7282

材料は全て日本から持ってきたもの。

さすがにウクライナにはこれを作る材料は売ってません。

白あんに(さらし餡)砂糖と水を加え練りあげて、手作りの求肥を加えてさらに練る。

練りきり餡のできあがり。この練りきり餡で小豆の餡を包んで成形します。

本当はこしあんを使いたいところですが、作り置きの粒あんを使い切りたかったので、

今回は中身を粒あんにしました。

茶席でも大切な役割を果たす練り切は、季節に合わせて色んな形にします。

わたしが今回この練り切を作ったのは、いまの季節感を味わいたかったからです。

もう3月も半ばだというのに、キエフはまた雪が降ったり、氷点下に戻ったり・・・・

でも春が来そうな予感と期待も込めて、「冬の終わり」を表現できないかな~と。

で、まず最初に頭に浮かんだデザインは 「雪」  淡い紫と白のイメージ。

御銘は 「なごり雪」 ↓  氷餅を少しまぶしてあります。

Img_7286

次に思いついたのは、外を歩けば必ず遭遇する「つらら&アイスバーン」 要は氷です。

御銘は 「薄氷」(うすらひ) ↓ 寒天製の透明と水色の薄い錦玉を巻きました。

Img_7295

中の白い部分は、粒あんを練り切で包んだものです。

「薄氷」とは茶道の中で、茶杓などの銘に用いられることもある季語です。

本当は2月くらいに使われる言葉なんですが、ここではまだ通用しそうです。

情景ばかりではつまらないので、冬の花も考えました。

御銘は 「白椿」 ↓  粒あんを練り切で包み、葉と しべ は練り切を着色。

Img_7288

ベーシックな形ですが、日本のイメージにぴったり。茶花でもよく用いられますね。

よくある和菓子屋さんの椿の形を参考にしたのですが・・・・

何だかちょっと変。 切り込み位置を間違えて、なんか骸骨みたいだ。

寒いものばかりじゃなく、春っぽい色やイメージも作りたくなって、明るい色の花を検索。

2~3月頃の明るい花と言うと、蝋梅や福寿草といった黄色い花。

御銘 「福寿草」 ↓ 中身は白あん。 

Img_7299

淡~い黄色で形も可憐な蝋梅の画像を見て、コレだ!と思ったのですが、

仕上がりは色が濃過ぎて花弁も作り過ぎてイメージと違う。。。。福寿草に変更。

切り込みは三角木べらを持っていないのでゴムべらで。 カボチャみたいになっちゃったね。

冬だの雪だの作っても、春を待ち望む気持ちはかなり強い。寒いの嫌ですから。

情景やお花も作ったし、あとは気持ちを形に・・・・・

御銘 「春待ち風」 ↓ 中は粒あん、煉り切は淡いピンクと白のぼかしにしてあります。

Img_7292

上部にはうっすらと輪模様を付け、細かい錦玉の飾りを乗せました。

春の~小川の~♪ そして色とりどりの草花・・・・あくまでもイメージですが、、、、

↑この練り切だけは、どんな銘にしようかすごく悩みました。

日本にいた頃は、わたしの創作和菓子に名前を付けてくれる友達がいたのですが、

今は和菓子の楽しみを分かち合える友は、近くにはおりません。

結局、自分で考えて付けてみたのですが、どうでしょう???

あとで調べてわかった事なんですが、JR東日本のとある駅の発車メロディーに

「春待ち風」っていうタイトルがついてるらしいです。

どんなメロディーなんだろう? 

Img_7272

余談ですが、煉り切が沢山あって食べ切れない時は、冷凍で4~5日は持ちます。

食べる時には容器のまま冷蔵庫でゆっくり解凍してください。

熱や乾燥には弱いので、くれぐれもレンジ解凍しないでくださいね。

この和菓子の容器も日本からの持ち込み物。クオカさんで買いました。

こういう容器に入れて並べてみると、売り物っぽい~・・・気がする。という自己満足です。

早速ひとついただきましょう~ もちろん薄茶も点てましょう。

だって これが一番の楽しみですからね!

|

« 御干菓子 | トップページ | 病 »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

もぉ感動です!
こんなお菓子、自分で作れるなんて、何者ですか~っ!?
素晴らしいです♪

こじかさん、帰国したらカフェやればいいのに…おいしいパンも出る、お薄と生菓子が出る、なんて素晴らしいお店。
私毎日通いますからっ。

投稿: kao | 2010年3月26日 (金) 02時51分

kaoちゃん
なまけ者のこじかです。
嬉しいコメントありがとう~!
練り切はわたしのお菓子に中でもわりと得意なジャンルなので誉められると嬉しいなぁ
美味しいパンやお薄と生菓子が出るカフェなんて、夢のようなお店だワ~shine
って、ムリムリ~!笑
わたしの作ったお菓子なんてお金を取れるようなレベルじゃないし、パンなんてまだまだウルトラど素人。人様にお裾分けするのも恥ずかしいくらいのシロモノですから…。
どうぞ無料で食べに来てください。

投稿: こじか | 2010年3月27日 (土) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/33866995

この記事へのトラックバック一覧です: 上生菓子:

« 御干菓子 | トップページ | 病 »