« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

アラビアンナイト

つるです

今日は胡麻の話 細々するよっ

↑「こまごま」  と   「ほそぼそ」 同じ漢字でさっそくゴマッた・・・sweat01

さて この胡麻・・・ とにかく小さい  米よりも小さい     そんでほぼ99.9%は輸入

だから国産は本当に少ない  有名産地は焼酎も美味しい鹿児島の喜界島

7月末~8月くらいにすごく綺麗な純白の花が咲きます

胡麻は黒、白、茶に分けられてるけど色以外 栄養価とかはそんな変わらない

でも 私のばぁちゃんの金ゴマは小粒だけど本当にキレイで香りも良く美味しい

それこそ 秋に田舎で見る胡麻干しを見るだけで一粒一粒みんな誤魔化しのない

美味しさが詰まってる  たくさん手間が掛ってるのに・・・・

そんな胡麻  含油率が50%以上あるから身体に良いとはいえ摂りすぎはng

中国料理なら仕上げに香ばしく垂らしたり和えたり様々

日本料理では特に関東の天麩羅が馴染み深いかな

関東で良く使う胡麻油は煎った胡麻を絞る茶色い油。関西は煎らずに絞る白い油

「太白油」を使うことが多い         何故かって??

コマゴマ話していいのかな?  飽きてないか?

要は 関東の魚介類は関西に比べると味や香り旨味がイマイチ

そんなこんなが衣の中に詰まってしまう・・・だから 関東では香りの強い胡麻油を

使って天麩羅を揚げてたみたい・・・私 EDO”ノ人間デナイカラピッタシカンカンワカライナイヨ

まっ 

今は流通も質もいいんで油の違いはブレンドしたりして料理人好みになってます

また 肉類や魚介類を焼いて当たり胡麻を加えタレをかけたものを

「南部焼き」「利久焼き」「九十九(つくも)焼き」などといいます

「南部焼き」は南部地方(岩手、青森両県にまたがる辺り)が有名な胡麻の産地

だったのでこのようにいわれ 「利久焼き」「利久和え」は胡麻好きだった千利休の

名をとってこう呼ばれてる・・・けど 休” という言葉が忌詞のため 同じ発音の 

久” を取って「利久焼き」になったと言われてる 

「九十九焼き」は当たり胡麻を加えたタレをかけて焼くと全体に白っぽくなる

だから白” という文字は「百」から「一」を取ったものなんで100-1=99ということで

「九十九焼き」・・・・いろいろメンドクサイね・・・いや むしろ昔の人の方が洒落てるのかも

あとやっぱり胡麻豆冨でしょうshine胡麻豆冨も胡麻を煎らずに作る高野山系

胡麻を煎って作る黄檗山系(おうばくさん)の2種類あります

どっちの味も美味しく甲乙が付けられません  

5月始めの頃はスッキリ純白な高野山系

梅雨入りくらいには少し香りと後味が引く黄檗山系がオススメです

この時期に汗だくでしっかり練る胡麻豆冨は料理人泣かせですsweat02

涼しい色してるんですよ~仕上がりが! そんで出回り始める山葵・・・

かぁ~~ っ  あの柔らかい感じの人肌色とビビットな山葵のコントラストがヨダレもの

そして日本料理には無くてはならない絶対的な食材

料理業界言葉もメンドクサイね・・・

摺る”は使い果たすという忌み言葉だから当たる”という言葉を使います

摺り鉢→当たり鉢 摺り粉木→当たり棒・・・ってね

するめいかも忌み言葉だから あたりめだし・・・ 

今の世の中いないと思うけど受験生のいる家庭っぽいよね

スベルとかオチルとか・・・

Img_7380さてさて細々話をしたけど

今日はそんな胡麻を煎った

←市販の煎り胡麻

さすがっ!煎りがあまい!

香りも風味もXXX

だからゆっくりと煎り直す

煎りムラのないように

Img_7381

30分くらいかけて煎る

←これできあがり

たったこれだの事だけど

ガラリと料理が変わる

地味だけど

ウクライナ人には分からない

かもしれないけどね・・・

Img_7376機械の煎り胡麻

手仕事の煎り胡麻

違いはきっと何処かで

出てくるはず!

ごまをする とか

ごまかす とかよく言うけど

こいつぁ ごまかせないぞ

写真

色だけじゃなく白胡麻 中央浅い煎り胡麻 煎り胡麻

しっかり焙煎きいてる ふっくら仕上がってるでしょ!

「胡麻胴乱」という小麦粉に胡麻を混ぜて焼いたお菓子

香りが良く美味しそうだけど 中身がからっぽ・・・ そんなお菓子を「ごまかし」

料理にとにかく胡麻を入れて味を化かす・・・ 「ごまかす」

ただの灰なのに空海が修行した護摩の灰だと言って売り歩き紛らかす・・・「ごまかす」

色々諸説はあるにせよ

未だに謎めいてるのが・・・・

子供の頃にブツブツ取り憑かれたように言っていたあの言葉・・・・・・・

誰か教えて!

なぜゴマなの?

なぜ?

開けゴマ・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

菠薐草

つるです

菠薐草  法蓮草  鳳蓮草とか書いてホウレンソウと読む

料理をするようになってからは菠薐草と書くようになった

「菠薐」とは中国語でペルシャを意味します。だから原産は西アジアのペルシャ。

シルクロードを経て中国から日本に  西洋へは地中海を経て栽培されてきました 

東洋種は葉がギザギザしてて西洋種は葉が丸いのが分かり易い違いかな

日本でもよく人の名をとって付いた料理があるように

イタリアからフランス王家へ嫁いだホウレンソウ好きなフローレンスさんに因んで 

ホウレンソウを使った西洋料理には「フローレンス風」なんて名が付いている

Img_7215鉄分とミネラルが多い菠薐草

シュウ酸も多く扱いは慎重に

私は下茹でして使う時は

1~2分は水に晒します

それ以上水に晒すと

ビタミンなどが水に流れ出す

ので笊に上げますImg_7214

ウクライナでは殆どが露地物

なので野生味があります

でも出荷状態が良くないので

いつも見て触ってて痛そうです

木の細枝で巻き付けてるので

枝の止め口がブスッと刺さって傷ついてます

Img_7219カワイソウデス

何もここまでしなくても・・・・

って いつも思います   痛そうでしょ?

だからこそ自分の手元に来た時は

一葉一葉丁寧に下処理します

2kg~3kgぽっちで1時間は掛ります

それでもその甲斐あってか

露地物の強みか

長持ちしてくれます

Img_7359Img_7360

約20日経って・・少し傷んできてもきちんと一葉づつ向き合ってあげると

まだまだイケます   絶対捨てませんっ 

他の野菜でいうとアスパラなんかわかりやすい

上に上に育つ野菜だから立てて保存するだけでも寝かせて保存するより

1週間は元気が違います    葱や葉物 上に育つ野菜はみなそうなんですよね

10代20代始めの頃の修行sweat01修行sweat01なんて時は傷んでるものを手にとって平気で

「傷んでます!」「使えません!」なんて言って よく怒られパンチが飛んできた

「使えないんじゃなくて 使えなくしちゃったんだろ!」

「野菜なめてんのか?こいつらみんな口の中入るまで活きてるんだぞ」ってね

向き合い方が甘かったしノウハウを知らなかったから よく使えなくしてたね・・・

まっ

時間は掛ったかもしれないけど今はそんな事はないね

そこそこ野菜達とも話せるようになったからね

本当にコミュニケーションは大切です

たかが菠薐草  されど菠薐草

古臭いかもしれないけど社会に入った時に最初に教わる大事な言葉

そのやり方やその姿勢でいろんな事が活き生きとしてきます

もうじき4月cherryblossomがんばりましょう!報・連・相shine 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

つるです

ここ3週間近くすっかりご無沙汰    と   いうのも

風邪気味がずぅ~~~~っと ずぅ~~~っと続いてて 先週末ついに爆発

「バカは風邪をひかない」 なんて言ってらんなかったよ  マジでhospital

扁桃炎というのに掛り39℃↑の高熱を連発bearing 喉の奥には白い膿がブツブツぎっしり

次週末に70人の宴会が入ってたから 食材の買い出しもフラフラ無理やり行って

抗生物質2倍飲みで荒治療して 座薬もブスッといったんだけどかなり手強かった! 

胃も気分もボロボロ。これがホントの居心地悪しなんてね・・・

丸2日仕事を休んだsweat02

Img_7349

Img_7357

まっ 

誰も病人面やイカれた口ん中なんて見たくもないか   。。。。。。。。。。

でも意外とツラくてゼェーゼェー逝っちゃってる時でも収穫はあったな

まず 屁”  水と薬とお粥だけしか摂ってないから全然臭くない

病気をしながら軽い体内洗浄みたいなもんだね

そんで本当に本当に人間に必要なものは 水と塩”

そりゃカルシウムだ鉄分だ やれ タンパク質 糖質 脂質だって色々あるけど

そんな事なんかどーでもよくて「水と塩」は人間の体には無くてはならないって実感した

150種もの物質が入り混じってるコンビニのおにぎりなんてのは本当に無用ban

そう考えるといかに普段の日本人の生活がケミカル漬けか良く分かる

逆に病人を作りだす大元かもしれないねっ

ちょっと日本を50年分タイムスリップしたウクライナで病気して良かったかな

いや・・・・・医療も50年分遅れてるから結局変わらないか・・・・・

なんせ病院に行ったら 40に片手引っ掛けてるオッサンに処方された薬が

子供騙しの甘い味のするシロップとお湯に溶いて飲むレモン味の粉薬? 

そんで食欲が無い時は卵の黄身とバターと牛乳を溶いて飲みなさい

 って 手書きのメモを処方される

ありがたいですね ウクライナって

お陰様でみんなの優しい心使いのおかげで70名の宴会は無事終わりました

ありがとうですっ

10日後にもまた50名の宴会があるんで体調整えます

今日は病み上がりなんでこの辺で・・・  ぶり返したらヤバイからねjapanesetea

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

上生菓子

こじかです。

お菓子ネタが続いておりますが、今日もまた和菓子です。

季節モノなので、早めに記事にしておかねば!と思い、早々載せることにしました。

というか、お菓子作りをしてもブログにUPするのがいつも遅いんです・・・・

性根がなまけ者なので・・・・

本日の和菓子は 「練り切」 を五種類ほど作ってみました。

煉り切はわたしの一番大好きなお菓子で、手間はかかりますが作るのも大好き。

Img_7282

材料は全て日本から持ってきたもの。

さすがにウクライナにはこれを作る材料は売ってません。

白あんに(さらし餡)砂糖と水を加え練りあげて、手作りの求肥を加えてさらに練る。

練りきり餡のできあがり。この練りきり餡で小豆の餡を包んで成形します。

本当はこしあんを使いたいところですが、作り置きの粒あんを使い切りたかったので、

今回は中身を粒あんにしました。

茶席でも大切な役割を果たす練り切は、季節に合わせて色んな形にします。

わたしが今回この練り切を作ったのは、いまの季節感を味わいたかったからです。

もう3月も半ばだというのに、キエフはまた雪が降ったり、氷点下に戻ったり・・・・

でも春が来そうな予感と期待も込めて、「冬の終わり」を表現できないかな~と。

で、まず最初に頭に浮かんだデザインは 「雪」  淡い紫と白のイメージ。

御銘は 「なごり雪」 ↓  氷餅を少しまぶしてあります。

Img_7286

次に思いついたのは、外を歩けば必ず遭遇する「つらら&アイスバーン」 要は氷です。

御銘は 「薄氷」(うすらひ) ↓ 寒天製の透明と水色の薄い錦玉を巻きました。

Img_7295

中の白い部分は、粒あんを練り切で包んだものです。

「薄氷」とは茶道の中で、茶杓などの銘に用いられることもある季語です。

本当は2月くらいに使われる言葉なんですが、ここではまだ通用しそうです。

情景ばかりではつまらないので、冬の花も考えました。

御銘は 「白椿」 ↓  粒あんを練り切で包み、葉と しべ は練り切を着色。

Img_7288

ベーシックな形ですが、日本のイメージにぴったり。茶花でもよく用いられますね。

よくある和菓子屋さんの椿の形を参考にしたのですが・・・・

何だかちょっと変。 切り込み位置を間違えて、なんか骸骨みたいだ。

寒いものばかりじゃなく、春っぽい色やイメージも作りたくなって、明るい色の花を検索。

2~3月頃の明るい花と言うと、蝋梅や福寿草といった黄色い花。

御銘 「福寿草」 ↓ 中身は白あん。 

Img_7299

淡~い黄色で形も可憐な蝋梅の画像を見て、コレだ!と思ったのですが、

仕上がりは色が濃過ぎて花弁も作り過ぎてイメージと違う。。。。福寿草に変更。

切り込みは三角木べらを持っていないのでゴムべらで。 カボチャみたいになっちゃったね。

冬だの雪だの作っても、春を待ち望む気持ちはかなり強い。寒いの嫌ですから。

情景やお花も作ったし、あとは気持ちを形に・・・・・

御銘 「春待ち風」 ↓ 中は粒あん、煉り切は淡いピンクと白のぼかしにしてあります。

Img_7292

上部にはうっすらと輪模様を付け、細かい錦玉の飾りを乗せました。

春の~小川の~♪ そして色とりどりの草花・・・・あくまでもイメージですが、、、、

↑この練り切だけは、どんな銘にしようかすごく悩みました。

日本にいた頃は、わたしの創作和菓子に名前を付けてくれる友達がいたのですが、

今は和菓子の楽しみを分かち合える友は、近くにはおりません。

結局、自分で考えて付けてみたのですが、どうでしょう???

あとで調べてわかった事なんですが、JR東日本のとある駅の発車メロディーに

「春待ち風」っていうタイトルがついてるらしいです。

どんなメロディーなんだろう? 

Img_7272

余談ですが、煉り切が沢山あって食べ切れない時は、冷凍で4~5日は持ちます。

食べる時には容器のまま冷蔵庫でゆっくり解凍してください。

熱や乾燥には弱いので、くれぐれもレンジ解凍しないでくださいね。

この和菓子の容器も日本からの持ち込み物。クオカさんで買いました。

こういう容器に入れて並べてみると、売り物っぽい~・・・気がする。という自己満足です。

早速ひとついただきましょう~ もちろん薄茶も点てましょう。

だって これが一番の楽しみですからね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

御干菓子

こじかです。

3日くらい前から風邪をひいてしまいました。

ほとんど外には出掛けてないのに、どうしてかしら・・・・?

ただの鼻風邪ですが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりがひどく、花粉症か?と思うくらい。

でも花なんか咲くどころか今週はまた雪です。 しっかり積もってます。

少~し陽が長くなってきたものの、ウクライナに春はまだ来ず、、、、

ここ最近、毎日なにかしらお菓子を作っていたので、お菓子作りたい衝動にかられ、

おとなしく寝ている事ができず、ごそごそ起きてはお菓子を作ってしまいました。

材料も少なく簡単にできるものを、、、

と探していたら「寒氷」(かんごおり)のレシピを見つけました。

Img_7254

お茶うけの干菓子です。干菓子というと「落雁」がまず思い浮かびますが、

和三盆も手に入らないし、木型も持ってないし、まして自分で作れるほど簡単じゃない。

「寒氷」なら、寒天と砂糖と水、色粉orリキュール等だけでできちゃいます。

ようは砂糖菓子ですが、表面がカリッ、シャリッとしていて中はゼリーの食感。

練ったり捏ねたり成形したりなどの手間もないので、簡単でした。

色とりどりのものって、作っていても見ていてもテンションが上がります。

わたし、型抜きの作業もけっこう好きなんです。

で、楽しくて沢山作っちゃったので、詰め合わせにしてみました。

おぉ~、箱に詰めると遠目から見れば買ってきたものっぽく見える・・・・・・気がする。

Img_7265

でもアップで見ると、干し加減や表面のザツさで素人さがもろに見える。

丁度いい大きさの良い器がなくて、茶卓に盛ってみましたが、ん~なんだかなぁ。

因みにピンクは梅干しを塩抜き&裏ごして、紫はふりかけの「ゆかり」を塩抜きし、

それぞれ砂糖水に漬けたものを使い、色粉でピンクと紫に染めました。

緑は抹茶をちょっとの水で溶いて混ぜ、黄色は色粉のみで味付けなし。

やっぱり御干菓子なんだから、お抹茶を!

でも写真を撮っている間に、お抹茶はだんだん冷めていくし、泡も粗くなっていく。。。

Img_7271

でも写真を撮った後、美味しくいただきました。

寒氷・・・いろいろ調べているうちに細かい名称の違いがわかりました。

本来の寒氷は、寒天と水と砂糖を溶かし煮詰めたものを、冷ましながらひたすら混ぜ、

砂糖を結晶化させて、メレンゲみたいに白くさせたあと乾燥させます。

全体的にシャリシャリしていて、口のなかでシュワ~っとなくなる感じ。

わたしが作ったのはどうやら「艶干錦玉」(つやぼしきんぎょく)というもの。

濃い寒天液に砂糖を溶かし、固めて乾燥させただけです。

表面だけが白く結晶化し、中は透明で寒天ゼリーの歯触り。

ま、簡単だし見た目も食感も、個人的にはこちらの方が好きです。

でもホントにこれ、砂糖の塊なので、一度に沢山は食べられません。

こんなに作っちゃってどうするんだろう・・・・・

お抹茶を嗜む隣人もいないし、コレ大好き~って人も珍しいですよね。

今回作ったものは味付きのものや苦いものを混ぜたおかげで、甘々にならず、

ちょうどいい甘さです。 緑茶でも合うと思います。 

そうは言っても、膨大な量の砂糖を使っているお菓子、食べすぎには注意だワ!

Img_7266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

カステラ

こじかです。

薄力粉を使わず、シンプルな材料で作れるのがカステラ。

小麦粉、卵、砂糖、蜂蜜、が基本。

今回はこの他に、ちょっとだけ米粉とサラダ油を配合してみました。

出来たカステラがこちら↓

Img_7158

カステラは焼いたその日は美味しくありません。

最低1日はねかせておかないと、もっちり感&しっとり感が出ません。

これは1日経ったカステラをカットしたものですが、まだ少しパサついた感じでした。

泡切りが下手なのもあるけど、気泡が目立ってキメも粗い。

カットした部分も、端っこの方なのでなおさらかな。。。

2日目にカットしたものがこちら↓

Img_7189

1日目のよりしっとりしてます。 カット部分が真ん中あたりなので気泡もやや細かい。

でもカステラと言うより蜂蜜風味のスポンジケーキのような舌触り。

卵があまり新鮮ではなかったので、膨らまない可能性を考えて油を使ったのですが、

やっぱり油は入れない方が良かったかな。

味は良いんだけどふわふわしすぎて、なんか洋風なお菓子になってしまった。

わたしが目指していたカステラはもっともっちりしていて、ねっとり感があって、

キメが詰まっていて、ずっしりと重い感じで、カットすると包丁がベタベタするような

・・・・分かります?

今までにカステラを作ったのはまだほんの10回未満。

でもまだ一度も「コレだ!!」と思える様な出来になったことがない。

材料がシンプルなだけに、難しいんだなぁ~ カステラって。

しかも使う卵の量がかなり多い。そんなにいっぺんに卵を消費するのは勇気がいる。

ごはんのおかずが作れなくなっちゃうよ。。。 コレステロールも気になるし・・・

ああぁ~ 長崎のカステラが食べたい。

と言うか、上手に作れるようになりたい・・・・・。

Img_7194

カステラには牛乳!が定番ですが、この日は牛乳をきらしていたので煎茶で。

この急須と湯呑、日本を出るときの餞別に金沢の親友夫婦から贈られたもの。

わたしの好きな九谷で、小さめサイズでかわいくて、使い勝手がいい。

柄も古九谷っぽくて、かなりのお気に入り。 ほぼ毎日使ってます。

やっぱりカステラは和菓子の部類なので、緑茶もけっこう合いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

おまんじゅう

こじかです。

ケーキ系が苦手なひとへの誕生日に、お饅頭をこしらえました。

作ったのはもう先月のことなんですけどね。。。

パンのネタばかりじゃ変わり映えしないので、ちょっと「和」に戻ります。

Img_7096

餡は粒あんを炊きました。漉し餡も苦手なんですよ、その人。。。

贅沢にも築地の豆屋で買った極上の十勝大納言に、水も軟水のミネラルウォーター。

わたし的には美味しく炊けました。ま、わたしの腕の問題ではなく材料がいいので。

白い饅頭だけじゃなんだか葬式饅頭みたいなので、よもぎ饅頭もこしらえました。

Img_7091

色粉を使って紅白饅頭も考えたのですが、味の違うものを作りたかったので。

日本から持ってきた乾燥よもぎを使ってます。乾燥よもぎを使うのは初めてですが、

思ってたよりかは、まあまあ風味は良かったです。

↑この画像のよもぎ饅頭は唯一この1個だけが漉し餡で、これは自分の試食用。

実は、この日こしらえた饅頭はどれも上手にできませんでした。

もう開き直って、失敗まんじゅう画像も載せちゃいます! ひゃー恥ずかしい。

蒸し器がないので鍋で蒸したのが、まず一つ目の失敗。

鍋の深さが足らず、蒸し中に膨れた饅頭が蓋に挟んでいたサラシにくっついてしまい

蓋を開けると同時に、てっぺんの皮が剥がれました・・・・かなり悲しい

Img_7090

二つ目に、粉と水の配合量がよくなかったのか、せっかく丸めた生地がゆるくて

蒸す前にだれてしまい、なんだかキノコみたいな歪な形になってしまった。↓

Img_7088

そして丸めるときに、生地ダネを捏ね過ぎて食感が硬くなってしまった。

本当はもっと柔らかい、薄皮の饅頭っぽくしたかったんですけど。。。

饅頭なんて、子供の頃に作った以来なので、いきなり一発でうまくいくはずもない。

やっぱり付け焼刃じゃだめですね。 

でも練習するほどの材料もなかった。この国では、よもぎも薄力粉も貴重ですから!

という訳でやり直しもきかず、この中からマシな饅頭をお渡ししました。

当のご本人から味の感想は聞いてませんが、あんこや饅頭にうるさい人なので、

「なんじゃコリャ?」と思ったに違いない。いや、見た目の悪さに食べてないのかもしれない。笑

作ったわたしは試食と言いつつ、久々にお薄を点てて「日本」を味わいました。

しかも開封したての抹茶だったので、芳り豊かで一時の極楽。

出来のよくないお饅頭でも、こうして食すと雰囲気だけで美味しいく感じる。

あらら?、、、、まるで自分が誕生日みたいじゃないか。

いかんいかん、抹茶に酔ってる場合じゃない。反省点はいっぱいあるんだから。

お菓子作り・・・・・・ 趣味とは言え、まだまだ修行が足らんようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

またもや、手捏ね・・・

こじかです。

美味しくできた手捏ねパンにすっかりハマっている。

これじゃまるで、こじかのひとり「春のパン祭り」です。 白いお皿とか当たりませんけど。

また焼きました。 丸パンとコッペパン。

Img_7102

コッペパンって言っても、形がそんなふうな感じってだけですが。。。

一つはシュガートップにして、あとはプレーン。卵サラダでサンドにしました。

それにしても焼きたてはやっぱり美味しい~!

ちょっと穴が目立ちますけど、中はほわほわふかふか。

あつあつのところへバターを乗せてかぶりつくと、もう~たまりません。

Img_7103

ウクライナでも発酵バターとか売ってればいいのに・・・・

因みにウクライナでは無塩バターがほとんどなので、ちょっと塩をかけて食べます。

外国産の有塩バターも探せば売ってるけれど、ちょっと高い。

それにしても、レシピをいろいろ調べたり、パン作りの得意な方々のブログを見てると

ほんとに色んな種類があって、材料や作り方にもこだわりもあって、発酵時間や

捏ね具合で様々なパンが出来上がる。

普通の主婦の方でも、売り物のように上手なパンが作れる人っているんですね~。

どっどど ド素人のわたしには到底かなわぬレベルです。。。

そうは言っても、作るの楽しいんですよ~。

しかも調子に乗って、パンの次はドーナツまで作っちゃいました。

Img_7155

クリスピークリームドーナツみたいな、ふわふわさっくりのドーナツが食べたくて・・・。

パン生地とは少し配合が違うけど、このドーナツ生地もしっかりと手で捏ねて

イーストを使って発酵させてるので、パン作りと似ているんですね。

そんなわけで最近、やけにイースト菌と仲良しです。

子供の頃「ドーナツ」と言えば、ザクっと揚がったオールドファッションしか知らなかった。

大人になってクリスピークリームドーナツを初めて食べたときはびっくりしましたよ。

あんなにやわらかくてふわふわで、外側はサクっとしてるドーナツなんて。

わたしも作ってみたい! しかし、初のドーナツ作りでそこまでは無理でした。

Img_7150

それなりにやわらかいドーナツにはなりました。

でもまだ、ふわふわ感がたりない。揚げすぎたのか温度が高かったのか、

色も濃いし、サクサク感もいまいち、イースト臭さもちょっと気になる・・・・。

仕上げのアイシングも綺麗じゃないし、粉糖がけの方はかけ過ぎてるし・・・・・・。

まぁド素人が初めて作って成功しちゃったら、本家は立場ないですもんね。

これは改良の余地が山ほどあります。。。またいろいろ調べてみよう。

何かドーナツのいい情報をお持ちの方、コメントお待ちしております。

こんな作り方、 どぉな  つって。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

Fast Food

つるです

ファストフードを含む外食産業の中で世界一のマクドナルド(McDonald’s)fastfood

世界の店舗総数は118の国と地域に約30000店舗あるそうな・・・

チェーンストアでは世界二位。セブンイレブンが世界一位だそうな・・・

Fast Foodの定義は

1:「アメリカ資本の」

2:「フードチェーンが作りだした」

3:「安価な」

4:「手軽に食べられる」

5:「高カロリー食品・食事」

反対に

Slow Foodの定義は

1:「守る」消えゆく恐れのある伝統的な食材や料理、質の良い食品、ワイン(酒)を守る

2:「教える」子供たちを含め 消費者に味の教育を進める

3:「支える」質の良い素材を提供する小生産者を守る

ということです  by Wikipedia

大事な話なんだけど 字ばっか読んでると頭痛くなる私。ここらで1枚

Img_7151

ウクライナで売ってるテイスティー”ってやつ デカイよね

手のひら目一杯広げたくらいの大きさ。MEGA MACってやつかな・・・

これで30円も違わないんだからついデカイの選んじゃうよね

小学生の時友達がマックメニューの下敷きを使ってて羨ましかった

週末にみんなでチャリこいで行って右から順にメニュー全部注文して

食べれるかどうかなんてやったのも懐かしい

ヘタな数学数式覚えるよりもマックメニュー の方がが記憶に残ってるな・・・

クォーターパウンドとかWチーズとかは作り置きがなくて

いつも出来立てを食べれるから好き

フィレオフィッシュは大嫌い   あの白身の味とタルタルが・・・・sweat02

元々これは金曜に肉を食べないカトリック教徒用のメニューなんだってさ

さて・・・・

世界一忙しい店舗はどこでしょう?あなたの街のマックかもよ・・・

世界一デカイ店舗は?世界一売り上げのある店舗は?小さい店舗は・・・

知ってたら教えてください 

ベルギーやスペインではビールもセットで売ってるそうです ビールつくなら通いたいなbeer 

あなたの街の世界の変わったマックバーガー受け付けてます

半年ぶりに食べたけど美味しかった。 コーラみたいに依存するもん何か入ってんのか???

バーガー食べ過ぎは程々に

バーカーになったらお先Macら’ですから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

小金

つるです

両替をする時 たまに「こまかくてもいい?」なんて聞かれる

嫌な理由はないから「うん」と頷く

するとこうして両替される

Img_4445

ざっと3万円分の50円札っ 480枚ほど・・・

ちょっとした金持ち気分になる

・・・・

わけないか・・・

財布にも入らないし・・・・・

これもし50円玉だったら重くて嫌だなぁ~

世界でも珍しい穴あき硬貨5円と50円 使いようによっては貨幣以上の価値がある

トゲが刺さった所にギュッと当てると厄介な棘もすぐ取れるし

外国人はアクセサリーで首からぶら下げたり・・・

そーいや よく子供の頃なめてたトローチにも穴があいてたな

よくピーッ ピーッって鳴らしてたなぁ~

でもあの穴は遊びじゃなくてちゃんと意味があって

子供が喉に詰まらせても窒息しないように  って事であいてるんだよshine 

そんな気の効いた穴はないけど この両替もきっと「藁苞に黄金」かもね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

つるです

今日は3月3日 みみの日・・・耳鼻科に行こう!    じゃなくて

耳をダンボにして一日過ごしましょう~ここじゃなくて周りにね

去年の桃の節句の料理

0302色和紙でグラスを巻いて

男雛女雛

青海苔味噌でアスパラ和え

梅ネーズで白アスパラ和え

玉子とチーズ、挽肉で菱餅

烏賊で山菜の蕨

薩摩芋で蝶々を剥き檸檬煮

Img_0598

白身魚で雪洞を作って

蛸を桜煮にして塗す

虹鱒を小袖寿司

春甘藍を白身魚で巻き塩蒸し

今思えば

正直!外人ウケはしないな

よくこんな事を料理の業界では言います

舌で楽しむ中華料理

鼻で楽しむフランス料理

目で楽しむ日本料理・・・・・・・・・・だなんて

実際

世界3大料理といえば

中国 フランス トルコ料理

歴史浅い日本料理でもここでは中々舌も文化も違うからまだまだ時間は掛りますなぁ

0302_2

鮭と鱈場蟹のお造り

まだウクライナに来て4ヶ月

こんなもんかもしれません

この頃やっと「アリガトウ」を

覚えた頃かな・・・・・・・・

0302_3

鴨とフォアグラの白酒風焼き

この国に白酒なんてないので

冷凍の長芋を摺り卸して

日本酒で煮詰めてソースに

薄ピンクのは桃を摺り卸して

長芋と合わせてソースに

0302_7

お吸い物は清汁仕立て

若布の玉子豆腐

大根とビーツの花弁

0302_4

食事は散らし寿司

15種類の具

自慢じゃないけど

ホントに美味しいですよっ

0302_5

黄桃と石榴

このあと

お薄と甘味が続くので

さっぱりと・・・

0302_6お薄と一緒に花見団子

白玉は御手洗餡

蓬玉は小豆餡

桜玉は桜味噌

ってのが去年んん~

の今頃

不思議なもんで・・・・・

その時はそれはそれでいいのに時間が経って見てみると なんだかなぁ~~

料理に気を張れば春ほど ずれていくというか何というか・・・・・・

本当にいつ見ても色褪せない「本物」に目覚めたいものですcoldsweats01

パソコンでクリック クリックとはいえ いつも・・いっつも

はるばる (春々)・・・ ここにたどり着いて覗いてくれてどうもです

( 遥々・・本当はこの字です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

手捏ね シナモンロール

こじかです。

菓子パン第二弾。 

この間のパン作りで、スカスカパサパサの食パンにがっかりして、

悔しさと美味しいパンの食べたさのあまり、ホームベーカリーに手を出しました。

ところが・・・・・・焼きあがった食パンが、思ってたより美味しくない。

これなら自分で捏ねて焼いたあんぱんの方が美味しいんじゃないか???

よし!こうなったら自分で、もう一度パンを作ろう!!

しかし、、、餡子がもうない。パンを作る前に小豆を炊く気力もない。

という訳で、今回はあんぱんではなくシナモンロールになりました。

Img_7062

シナモンにきなこも入れて、ちょっと香ばしいシナモンシュガーを巻きこみました。

アイシングしたものとシュガートップにしたもの、2種類のデコ。

手のひらよりやや小さめのミニサイズです。

甘いパンの他に、何も付けず何も入れないプレーンの丸パンも作りました。

そして前回のレシピを改良して、米粉と卵黄を配合して、捏ね時間もじっくり。

まぁ、するとどうでしょう!!

ふんわりしてキメも細かく、程良くもっちりして、外側もいい歯ごたえじゃないですか!

Img_7074_2

写真を撮る前に焼きたてプレーンの丸パンを一つ食べましたが、

も~~っ、うんまいのなんのって! たまらん美味しさでした。

シナモンロールも焼いている最中から、いい香りがふぉあ~んと漂って、

焼きたてを一口かじると口の中にもシナモンが広がって、とても美味しかった。

Img_7058

ロールにするために生地を平らに伸ばしているせいか、丸パンよりも歯ごたえが強い。

そのかわりシュガートップの部分がカリっとしていて、またこれもイイ感じ。

日本にいた時にも、何度かピザ生地やパン作りをしてましたが、

この改良レシピの配合具合、最高です。米粉すごくいいです。

それと、作りながら気が付いたのですが、捏ねるのって気持ちいいんですよ。

やわらかくてすべすべした生地の手触りがすごく気持ちいい。

パンを捏ねる時、力いっぱいバーンと打ち付けたりするイメージありますけど、

わたしの場合はマッサージみたいに手のひらで押し付けながらギュウ~っとします。

なんかこれが気持ちいいんです。みんなに触らせてあげたいくらい。笑

ホームベーカリーで作ると焼きあがりまで3時間、手捏ねで作ると2時間くらいです。

ちょっと面倒かもしれませんが、気持ちよくて?美味しいパンを食べられます。

手捏ねイイね! 手捏ねサイコーね!

ところで突然ですが、ここでなぞなぞをひとつ。

パンはパンでも空を飛ぶパンと言えば・・・・・・・・・ピーターパンですが、

では・・・すっごい硬くて絶対食べられないパンってなぁ~んだ?

Img_7064

答えは、次回更新時にでも。。。   これにコメントくださった方にはこっそりお教えしますwink

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »