« 数の子 | トップページ | 芋サラダ »

2010年1月28日 (木)

胡麻団子

こじかです。

年末年始に嫌なことや悲しいことが立て続けに起こり、すっかりやる気をなくして

落ち込んでいました。

何もやる気が起きない・・・・気持ちも身体も、言いようのない倦怠感。

眠れなったり食欲もあまりなかったのですが、そうは言ってもしばらくすると

やはりお腹はすくんですね。。。

なんか好きなもの食べよう・・・と思い、突然食べたくなった胡麻団子を作りました。

ご飯じゃなくてお菓子かいっ!!

中国菓子の、胡麻がまぶしてあるあんこ入りの団子。あれ大好きです。

でも揚げものって面倒ですよね。なので揚げない胡麻団子にしました。

形を丸くせず平べったくして、揚げずにフライパンで焼くんです。

Img_6790

なんか・・・

コロッケみたい。

餡は以前に作り置きして冷凍してある漉し餡を使いました。

胡麻は日本から持ってきていた金ゴマ。

ところがこの金ゴマ、すでに賞味期限切れ。しかも2年も前に切れている。。。

ま、乾物だからいいっか!てことでフライパンでよ~く炒る。

白玉団子で餡子を包んで茹でる。で胡麻をまぶしてフライパンで焼く。

焼くときに胡麻油を使います。天ぷらみたいに油を沢山使わずに済みます。

そうするとまぶした胡麻がカリっとなってまるで揚げたみたいに。

下茹でしてあるので、団子に火が通ってないような失敗もない。

揚げてる最中に団子が破裂してヤケドする心配もないです。

Img_6798

でも団子っていうより

大福みたいですね。。。

よく見かける丸~いゴマ団子ではないけれど、美味しかったです。

白玉粉を使うお菓子を作る時、幼いころに母と作った白玉団子のことを思い出します。

粘土遊びみたいで楽しくて、しかも餅系のお菓子が大好きだったので、

しょっちゅう作っていた気がします。

丸くせずに星型や人型にしてみたり、うどんみたいに麺状にしたり、変な形ばっかり。

ぶっとい俵型みたいにしたときは、ちゃんと中まで茹で上がらなくて、一口かじると

中心が粉っぽい団子になってしまったことも覚えています。あれはまずかったぁ。

白玉団子に限らず、母はよくお菓子を作ってくれたし、一緒にやらせてくれた。

でも母は何でも自由に作らせてくれたんだなぁと思います。

失敗するから、危ないから、こうしなきゃダメ、みたいなことは言わなかった。

出来栄えはどうあれ、子供が楽しく作って食べるって大切なことですね。

本格的にお菓子作りにハマったのは30歳になってからですが、そもそも

子供のころの、あの楽しい記憶が今に至っているのかもしれないなぁ。

|

« 数の子 | トップページ | 芋サラダ »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメント、再チャレンジ!
送れるかな?

最近白玉団子にお豆腐を入れて作るというのを知り、
はまってます。

投稿: syo-ko | 2010年2月 5日 (金) 18時02分

syo-koさん、コメント無事に入ってよかったぁ。
お豆腐を使うと普通の白玉団子より柔らかくなり、時間が経っても固くなりにくいんですよね。
他にもいろいろお豆腐や豆乳を使ったスウィーツ作りが流行ってますね。
わたしも作ってみたいけど、ウクライナには豆腐がありません。
中華市場に行けば売ってるのですが、美味しくないしボソボソしてて、綺麗な絹ごし豆腐なんて見たことないです。
例え見つけてもお菓子作りに使うなんて勿体無くてできないかも。。。
あぁ~日本は素晴らしい国ですよ、ホント。

投稿: こじか | 2010年2月 6日 (土) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/33164491

この記事へのトラックバック一覧です: 胡麻団子:

« 数の子 | トップページ | 芋サラダ »