« 頂き | トップページ | 海、山、お城、そしてバス・・・ »

2009年8月16日 (日)

犬も歩けば棒に当たる

つるです。

アイ・ペトリ山を下山した後は宮殿探しです。

その宮殿・・・・山同様わかっているのは だいたいあそこら辺・・・って程度・・・

ということは またひたすら歩くのです。

1846年イギリス人の建築家が北側外観はチェーダー様式に南側はアラベスク模様に

デザインして建てたそうな・・・専門的な事はわからない・・・

というか行き方の方が知りたい・・・・

しかも 山に長居したせいか麓に降りてきた時には おやつ時間をまわっていた・・・

なので 大体の観光地の閉館時間は16:30~17:00くらいだから同じ歩きでも

やや早めに歩かにゃ間に合わんかもしれん

時間に迫られ なおバテているこじか・・そして山頂を覆っていた雨雲が下界にも・・・ 

ど  ど   どうなる?  こじか!

まっ 歩くしかないんだけどね・・・・

なぜって?

実は私・・クリミア半島に来る以前 そう キエフにいる時からバスに乗ったことがない

そう この8ヶ月で0回。乗り方すら知らないです。はい・・・

ついでに地下鉄なんて3ラインしかないのに4つくらい先の駅までしか行ったことがない・・・はははははcoldsweats01

こじかもバスは1回だけ・・だから字も土地勘も何もわからない私達にとっては乗る方が

かえってリスクがあると判断したわけ。しかも何処にあるかも分からない宮殿だしねぇ~

海と山の間の森に見えるピョコっと飛び出た建物を頼りにただただ歩く・・・

この原始的行動でもなんとかなるもんなんですよね~不思議なもんで・・・

17:00近くに森の中のだだっ広い庭園の中から見つけましたよshine宮殿を!

ALUPKA-PALACEアルプカ宮殿~迷宮のアンドローラですよっ まったく

                                          Img_3623Img_3625   

しかも観光客がウジャウジャウジャウジャ ツアーでどっさりとお越し。17:00なのに・・

んん~~何とか建築だって??フムフム見ている場合ではないですよ~ひと人ヒト・・

Img_3632

                                      Img_3635      

こじか曰く 有名なライオンらしい・・・

サクサク観光して迷宮を抜けて帰らないと陽が落ちる。

道中で気づいたのだが ほとんどと言っていいほど街燈がない!迷子はいやだ~

道行く人の群れについて行ったら なんとまぁ~これまた小さな町に抜けられたぞ

何だかついてるし 勢いがあるからこのまま帰れそうだ!でも辺りはすっかり真っ暗で

不安・・・だけど勇気を出して宿の住所と名前を見せてバスに乗り込む・・・

これが私の初バスであり 明日からの遊びを変える大きな一撃になろうとは・・・・・

ここでサクッと〆たいのだが あえて前書きをしておこう。

山を下山した時の事。 私はある青年に出会い質問をされる。   

ことわざ 『犬も歩けば棒に当たる』 とはどんな意味か?英語で教えてくれと・・・・  

このことわざ 私の知る限りの意味では

flairじっとしていればいいのに余計な行動を取ると災難に遭う事もあるとの戒めの意。

英語で上手く説明できなかったが何となく 災難的な話をした。

で  旅から戻り調べてみると2つの意味があり最近ではこちらの方が一般的らしい。

flair行動を起こすと幸運 災難 何らかの経験をする。積極的に行動すべきだという意

真逆でしかも当たるという意味合いをどっちかというと良い方に解釈している。

私は何だか彼に悪いことしちゃったなぁ~~と思った

自分のバスの話を引き合いに出すならば ことわざをいい方に解釈して

記事にしちゃってるからね・・・あのときごめんね~笑ったり うまく説明できなくて・・・ 

キミの勇気ある刺青に敬意をhappy01

Img_3618

犬も歩けば棒に当たる

然り

バスに乗れば宿に帰れる・・・・・ 

|

« 頂き | トップページ | 海、山、お城、そしてバス・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/30976473

この記事へのトラックバック一覧です: 犬も歩けば棒に当たる:

« 頂き | トップページ | 海、山、お城、そしてバス・・・ »