« ウクライナでフレンチ | トップページ | 調理場 »

2009年7月 6日 (月)

7月

つるです。

7月3日・・・・お客様が茶道家の方だったのでちょっと過ぎちゃいましたが

夏越しの祓い・茅の輪潜りにちなんで料理を作りました。

大祓はい1年のちょうど半分の6月30日夏越しの祓と12月31日年越しの祓

に行う除災行事です。茅草で大きな輪を作り 輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと

八の字に3回通り穢れを祓います。「蘇民将来」神話では茅の生命力が神秘的な

除災の力を持つとされ茅の輪を腰に付けて災厄から免れたとも・・・

また 茅の輪の左右の笹竹の短冊に願い事を書き七夕に河川に流す・・・など

書き初めをドンドン焼きで焚くと筆が上達するといった俗信仰と似ている。

京都では夏越しに白のういろう生地の和菓子「水無月」を食べる習慣がある。

上に乗せる小豆は悪霊払いの意味があり 三角の形は暑気を払う氷を表す。

Img_3195_4

Img_3203_2

本来の茅の輪とは程遠いけど 花器の飾り道具と和紙で作った。

そして笹ではなく白樺の葉で。。。。。。。。。。。

なんちゃってですが 名残り水無月豆冨として出しました。カリフラワーの葛寄せです。

Img_3208_2Img_3211_2

お造りはちょっと早いですが七夕にちなんで天の川盛り。月や流星に見えますか??

Img_3215_2

焼き物は清流盛りとして

盛り込みにしました。

日本では活け鮎を姿焼きで

盛り込みましたが

ここでは泳いでいません。

虹鱒で日本的な演出で

キエフの暑さが涼めば・・・・・

まっ こんな感じで水菓子まで続きます。

もうじき7月7日七夕です。 星に願いを・・・寿来・・・・・・・・・・・ジュライでありますように★ 

|

« ウクライナでフレンチ | トップページ | 調理場 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181151/30426512

この記事へのトラックバック一覧です: 7月:

« ウクライナでフレンチ | トップページ | 調理場 »