« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

レモンシロップ

こじかです。

ウクライナもすっかり夏らしくなり、毎日暑いです。

風があるしジットリはしていないのだけど、けっこう暑いです。

ジメジメな日本にいるみなさんはもっと暑いでしょうね。。。

Img_2637最近ハマっているのがレモンスカッシュ

この時期にはぴったり!

ここは年中乾燥していて喉が渇きます。

以前は冷たいものと言えばジュースや

コーラなどをよく飲んでましたが、

暑~い日はさっぱりしたものが欲しい。

しかし・・・

ウクライナにはポカリやアクエリアスのようなスポーツドリンクが売ってない。

なのでレモンシロップを作って、炭酸ミネラルウォーターで割って飲んでいます。

レモンシロップは、レモンと砂糖だけで簡単に作れます。

Img_2569

レモンは皮をむいて輪切りにし、

煮沸消毒してきれいに水気を取った瓶に、

グラニュー糖と輪切りレモンを交互に入れていく。

レモンが隠れるぐらい砂糖をかけてください。

むいた皮を何枚か一緒に漬けこみます。

レモンの香りは皮にありますが、

沢山入れると苦味のもとにもなるので、

わたしは全部は使いませんが、

苦味が好きな方は、お好みで増やしてください。

このまま常温で半日置いておき、果汁が出てきたら鍋に熱湯を沸かし

そのまま瓶ごと鍋に入れて温めて下さい。

その時、瓶のふたをきっちり締めると後で開かなくなることがあるので、

ふたはゆるゆるにして温めたほうがいいです。

砂糖が溶けたらふたをしっかり締めて出来上がり。冷蔵庫で2週間くらい保存できます。

わたしは小さめの瓶で作っているため、2週間以内に飲みきってしまいます。

鍋で温める作業は、砂糖がちゃんと溶けていれば省いてもいいと思います。

が、温めるとレモンの香りがよく出て、保存期間が長くなります。

砂糖はたくさん入れた方がレモンの果汁がしみ出やすいし保存もききます。

水が入ると早く腐りますので、作る時も飲む時も水が入らないようにして下さい。

Img_2643

果汁100%、無香料無添加なので、

市販のものよりは身体にいいですね。

焼酎で割って飲んだり、

かき氷にかけて食べたり、

ビタミンCもたっぷり取れて、

夏のシミ対策にもいいかも??

おうちでちょっとひと手間、いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

身体測定

こじかです。

一緒に暮らし始めて早1ヶ月、ハミチョクの「さくら&もみじ」ちゃんたちも

よく食べ、よく遊び、よく寝て、すくすくと育っています。

Img_2181_2

こころなしか大きくなってきたので、

体重を計ってみました。

さくらは29g(前回より+3,5g増)

もみじは27g(前回より+7g増)

さくらの方が元々大きかったのですが、

もみじもすごい勢いで追いついてます。

ハムスター自体が小さな生き物だから、大した大きさにはならないものの、

もみじちゃん、激太りじゃないか???

彼女たちの一番好きなものは「ひわまりの種」。

ひまわり油があるくらいだから脂肪分はたっぷりです。なのでたまにしかあげません。

そして彼女たちが一番好きなことは「暗いところを走り回る」。

籠から出して部屋へ放すとチョロチョロチョロ~~っと楽しそうに走っています。

走るとほんとに早いです。危ないところに行かないように見張りながら遊ばせます。

走り回って遊び疲れると、自ら籠のに戻ってきて、寝床に帰ります。

数日遊ばせずにいると、籠を登って訴えてきます。

Img_2619「 ん~走りたい!」

「出たいの~!」

Img_2620_3

Img_2621

「出せ~!!」

金網をガリガリかじりながら、こっちを見ています。

もともと歯を研ぐ習性があるのですが、

お腹がすいた時や、遊びたい時は

わざわざこっちを見て、ガリガリガリガリ・・・

はいはい、今出してあげますよ。

Img_2613

Img_2624

部屋に放してあげたとたん、つぶらな瞳がぱっちり開いて、キョロキョロちょろちょろ。

走り回るのはいいけれど、電話やPCのコードをかじるのはやめてね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

水道の水

こじかです。

ウクライナでは水道水は飲めません。お腹をこわします。

蛇口から出る水はやや緑がかっていて、臭いも泥臭くてとても飲む気にはなれません。

なので、飲料水はミネラルウォーターを買います。料理もミネラルウォーターを使います。

Img_2872

右がミネラルウォーター

左が水道水

分かりづらいかも知れませんが

左はほんのり色が付いています。

でも入浴などはミネラルウォーターってわけにはいきません。

もちろん洗顔や歯磨き、洗濯も水道水です。

グラスだと水の色もさほど気にならないですが、バスタブになるとびっくりします。

Img_2696

・・・緑色です。

透明度はあるんですが、

色がまるで川の水・・・・

決して色をつけた訳でもないし、

バスクリンも入れてません。

つるは最初あまりの色に、シャワー以外は使いませんでした。

水質も硬水で、軟弱者のこじかは肌や髪がカサカサパサパサになります。

しかし冬の寒い時期はやはり湯船に浸かりたくなるのが日本人。

そこで家族に頼んで日本から送ってもらった入浴剤を使います。

Img_2697 白く濁らせてしまえば

水の色もさほど気にならないし、

乾燥肌用の入浴剤なので、

肌にも刺激が少なくて済みます。

(ウクライナの入浴剤は液体や粉末がなく

粗い粒のボディーソルトしかありません)

因みにこのバスタブはとても大きく、わたしが寝そべって入っても、

アゴまで浸かってやっとつま先がバスタブの縁に届くくらいです。

Img_2873

でもバスルーム自体はトイレと洗面台、脱衣所が

一緒なので広々とした感じはありません。

ま、ビジネスホテルのバスルームよりは

広いとは思いますが。

でも贅沢は言ってられません。

ウクライナでは色々な理由でお湯や水が止まることがしばしばあります。

地域や建物の設備によっては数日間も使えなくなることもあります。

色が付いていようが臭かろうが、蛇口から水が出るだけでも有り難いことなんです。

世界には蛇口すらない国や、水が透明だということを知らない人々もいるんですよね。

どんな国や地域でもみんな同じ星にいるんだから、どこでも同じように

綺麗で安全な水が飲める世界になってほしいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

Money

つるです。

わざわざご丁寧に並べちゃって写真にまで撮ってゴクロウサマ。

Img_1167 見てのとおり お金です。

ウクライナの貨幣はグリブナとコピーカ

アメリカの$にヨーロッパの€日本は円・・・

世界にはたくさんの通貨が

あります。

旅行後の両替できない

お金は結構たまってます。

貧乏症デス・・・ズバリ私は金持ちではなく小金持ちです。    

折り紙みたいでお金っぽくないのが海外っぽい Img_1179_2                                   

日本のお金は地味だね~

色も暗いし・・・

でも 世界中の硬貨の中で

唯一 水に浮くのが1円玉shine

変な自慢・・・・ 

5円玉は誰しも興味があるみたい

穴が開いてる硬貨は珍しいみたいで

キエフに来て何枚かあげてしまった。 何かご縁がありますようにbell

紙幣はどこの国も同じかな~~有名人の顔つき。

ウクライナ人も 日本人と同じように今日は諭吉が3枚あるよ!みたいに

%&<>L`)'`*@/"]\&$<< が3枚るあよ!!

なぁ~~んて言ってんのかな????

まっ いっか

私のお給料は円→㌦でもらい→自身でグリブナに換金してるので毎日のレートはちょっと気になる。

Img_1172_2 まっ いっか

お金の小言でこんなことも・・・

金の切れ目は縁の・・・・

時は・・・・

地獄の沙汰も・・・・

金・・・玉・・・・・これはNgですね

まっ  いっか

Img_1176 ←これみたいに表は同じでも

裏がバラバラなのは何だか

人間っぽい

はははhっ 人が作ってるのかコレ。とにもかくにも

お金の話はいいようで何だか時に嫌だねぇ~

あぁ~~おっかね~~~^^  

よい子のみんなはマネ~しないようにね

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

デートスポット?

こじかです。

みなさん湘南平ってご存知ですか?

神奈川の平塚にある夜景スポットなんですが、平塚の街並みが一望できる場所です。

そこの展望台のフェンスには、沢山のカップル達が永遠の愛を誓って南京錠をかけているんですが・・・・・

なんとウクライナにもありました!

Img_2361_3

おびただしい数の南京錠!

南京錠から手すり部分まで

名前やメッセージも書かれてます。

残念なことに落書きもいっぱい・・・

これだけを見るとあまり美しくはないですが、ここはちょっとした吊り橋になっていて、

橋の真ん中あたりから見える景色はとっても綺麗です。

Img_2364

街の中にあるので、湘南平に比べたらここの景色は地味で目立たない小さな場所。

でもウクライナのカップル達も、日本と同じような風習があるんだなぁ~と驚きました。

この日は南京錠を掛けにきたカップルは見かけませんでしたが、沢山の人の中には

彼女と待ち合わせなのか、花束を抱えて落ち着かない様子の男性がいました。

余談ですが、ウクライナ人の男性はデートの時に一輪の花を彼女にあげます。

記念日や特別じゃない普通のデートの時は、花束ではなく一輪 というのが常識らしいです。

ということは、花束を抱えていた男性は・・・

あの落ち着きのない緊張した感じをみると、告白かプロポーズだったのでしょうかね?

Img_2363

なーんて勝手な想像をしてますが、

想いがちゃんと届くといいですねshine

この橋の足場は木製だったんですが、

穴もあいていたり

ところどころ傷んでいて、

今にも抜け落ちそうな感じでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

簡単ほろほろクッキー

Img_2602_2 こじかです。

久しぶりのお菓子ネタ。

ウクライナには薄力粉が売ってません。

小麦粉と言ったら「強力粉」

なので強力粉で作ってみました。

材料3つ、ワンボールでできる

超簡単な焼き菓子です。

強力粉45g バター30g グラニュー糖10g で、一口サイズが20枚くらいできます。

①ボールに常温にした無塩バターとグラニュー糖を、白っぽくなるまで混ぜる。

②砂糖のザラザラ感がなくなったら、強力粉を加えて混ぜる。

 (最初はボロボロしてますが、混ぜているうちにしっとりまとまってきます)

③生地がまとまったら、丸太型にしてラップで包んで冷蔵庫で冷やし固めます。

④固まったら3ミリぐらいの厚さにスライスして、170~180度のオーブンで10~15分ほど焼く。(オーブンの予熱をお忘れなく・・・)

焼きたては生地がまだ柔らかく崩れやすいので、焼き上がりすぐには触らず、しっかり冷まして乾燥させてからお召し上がりください。

さっくり、ホロッホロな食感です。かなり素朴で懐かしい味です。

作った生地を丸太型にせず、麺棒でのばして型抜きで好きな型にしてもいいと思います。

因みにわたしはスライスする前に、丸太の外側にグラニュー糖をまぶしました。

バターはマーガリンでもОKです。粉も薄力粉でも大丈夫です。

お好みでココアや抹茶、レモン汁なんかで味を付けても美味しいと思います。

その場合3~5gくらいが良いかと思われます。すみません、テキトーで・・・。

Img_2598

最近は、お菓子を作っても写真を撮り忘れ、

食べてしまってから「あ!写真・・・」

この前もカステラを作ったのに、

カメラに収める前にお腹に納めました

という訳で、久々のお菓子UPでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

ディナモスタジアム

こじかです。

タイムリーな話題ではないですが、先月サッカー観戦をしにスタジアムに行きました。

たまたま散歩に出かけたときに、今日はずいぶんと人が多いなぁと思ったら、、、

この日はウクライナのサッカーチーム、ディナモキエフVSシャフタールドネツクのリーグ戦の日だったのです。

こじかはあんまりスポーツ詳しくありません。でもつるはサッカーが特に大好き。

Img_2349スタジアム付近までいくと、

ひと・ヒト・人・・・

つるも「う~っ観たい!!」と大興奮。

当日チケットでも250円と激安!

でも試合開始までギリギリの時間で

チケット売り場は超長蛇の列。

暑さとものすごい人ごみに、こじかはやや引きぎみ・・・・

チケット売り場に並ぶのを諦め、見える所を探しスタジアムの裏手まで行ってみました。

すると、スタジアムの周りも人がいます。柵の隙間から覗いて観戦しようって訳です。

みんな考えることは同じようですね・・・。

Img_2354_4

柵からフィールドが良く見える場所は

ちょっとした人だかりになっています。

Img_2352 

中にはこんな格好で観てる人も。Img_2358_2 Img_2357_5

しかも皆「ひまわりの種」をむしゃむしゃ食べています。

そしてスタジアム内は熱狂的なファンの応援で、大歓声があがっています。

柵越しに前半を観た後、スタジアム入口まで戻ってみると、人ゴミは何処へやら。。。

せめて後半だけでも!と誰もいない売り場でチケットを買い、スタジアムに入りました。

わたしたちもビールとひまわりの種を買って席に着くと、すでに後半が始まっています。

ここがホームであるディナモキエフのファンが多く、ものすごい大盛り上がり!

観客席からは応援の掛声と共に、手持ちの打ち上げ花火まであがっています。 

Img_2384_4Img_2385_4

そのうち旗やタオルに引火して、ちょっとした小火さわぎ。消防車まで出動しました。

となりの席じゃなくてよかった・・・

そしてあっという間に後半は終わり、試合結果は1-0でディナモキエフの勝利。

初のスタジアム観戦は、周りの熱狂ぶりに圧倒され雰囲気にのまれてしまい、

しかも人間観察とひまわりの種を食べるのに夢中で、ゴールの瞬間も見逃す始末。

でもそれなりにゲームも観れたし、詳しくはないわたしでも結構楽しめました。

そして試合終了後に席を立つと・・・ベンチの上がすごいことになっています。

Img_2388

全部ひまわりの種の殻です。

もちろん地面にも、一面落ちてます。

日本人なら柿の種なんでしょが、

ウクライナ人のおつまみと言ったら、

「ひまわりの種」!!

老若男女みんな大好きみたいです。

いつでもポケットに忍ばせていて、歩きながらでも食べてます。

そしてみなさん片手で上手に食べてます。ハムスターよりも器用だと思う。

わたしたちはまだまだ両手で殻をむいて食べてますが、上手に食べれるようになれば、

ゴールも見逃さずに、もっと観戦を楽しめたかもしれません。

次回スタジアムに来る時までに、種の食べ方をマスターしたいなぁ~と思ったのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

ソフィア大聖堂

こじかです。

またまた世界遺産です。

Img_2270

行ってきました。

ソフィア大聖堂に。

大聖堂というだけあって、

大きい教会です。

キエフの中では最古の教会で、920年以上も前に建てられたそうです。

中に入ると、キリストの古いフレスコ画がたくさんありました。

足もとから真上の天井まで、壁も柱も全部、いたるところに描かれています。

Img_2330Img_2326_2Img_2323_2

Img_2331_3

 

祭壇の前には、きらびやかな門があり、すんごくゴージャス!

残念ながらこの門の先には入れませんでした。

でも、聖堂の2階にもモザイク画が展示してあり、じっくり見ることができます。

(本来は大聖堂の中でのカメラ撮影はNGです。監視員に注意されます)

Img_2306

聖堂の向いにそびえ立つ、鐘楼にも上りました。

ここからキエフの街が一望できます。

狭い階段を上るのはちょっと怖かったけど、

とっても見晴らしが良くて、いい景色でした。

Img_2276Img_2286 

Img_2302

鐘楼の中は吹き抜けになっていて、

風が吹くと心地よかったなぁ。

ちょと暑いくらいでもここは涼しいので、

天気のいい日がおススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »