« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月28日 (木)

ピクニック

こじかです。

先日、日本人女性のお友達の誕生日会に誘われ行ってきました。

ウクライナに来てから、誕生日会によく誘われてます・・・。

彼女とはブログを通じて知り合い、今のところウクライナでのわたしの唯一の友人です。

(仕事関係以外で、一般の日本人の方と知り合う機会が滅多にないので・・・)

誕生日会はピゴローバという野外博物館に行って、そこでピクニックがてら観光&ランチをする予定でした。

彼女は皆のためにランチ用に手料理を作って来てくれました。

私もカステラときな粉団子を作って持って行きました。

しかし朝からあいにくの雨模様・・・・風も冷たくて寒いくらいです。

ピクニックは無理そう、、、とのことで予定を変更して彼女の友人宅でランチをすることに。

待ち合わせていた駅からマルシュルートカ(バス)に乗って友人宅へ。

わたしはウクライナに来て初のバス乗車です。

Img_2200_2 初めての遠出と初めてのバスにウキウキ

Img_2203_2

そして彼女の友人宅で早速ランチrestaurant 

手作りの巻き寿司とサラダを戴きながら、話も尽きずお喋りに夢中。

おやつも食べて夕方4時を過ぎた頃、外は雨も上がり陽が射してきました。

この時期は夜でも明るいので、今からでも遅くない!折角だからピゴローバに行こう!

と、またまた急きょバスに乗ってピゴローバへ向かいました。

Img_2208入口からすぐに広がる大草原。

青々と茂っているのは麦畑です。

Img_2213

もう少し時期が早ければ花もたくさん咲いていたらしいですが、緑の香りにつつまれて、これはこれで気持ちがいいです。

そして中ほどへ歩いて行くと、ウクライナの古い民家や教会、風車や農家があります。

これは全部ウクライナ全土からそのまま運ばれて展示してあるものだそうです。

Img_2215

Img_2238Img_2220

Img_2225_2Img_2236_4

いやぁ~、とにかく広い!

よく歩きました。

多分3時間は歩いたかな。

夕方に来たのでもう閉まっていましたが、

本来なら民家の中も見られるそうです。

歩いている途中また天気が悪くなり、一時ひょうに降られながらも一回りしました。

ゆっくり中まで見ていたらあっという間に半日が過ぎそうなくらい広かったです。

キエフ中心街とは違い、街全体が緑に溢れ空気も澄んでいて、とても良いところでした。

Img_2214

また今度、早い時間に来て、ピクニックしたい場所です。

彼女たちとの楽しいお喋りと 美しい風景に、本当に気持ちのいい一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

世界遺産~自然~

つるです。

Img_1916Img_1915  

地下洞窟入口前の絵は天国と地獄?天使と悪魔?

これからミイラとご対面。 っても   ガラスの棺にしっかりと安置されています。

蝋燭を片手に洞窟を歩きます。蟻の巣のようにいくつも分かれていて

教徒?偉い人?は肖像画が飾られ広い所に安置されています。

出口は入口より離れた所で 何だかワープした気分でした・・・ははは

Img_1920 ここが修道士の生活してるとこです。

若い人から長~~い髭の人 携帯片手に

大笑いをしてる人・・・やはりみな同じ人間     おぉ~歩いてもう3時間かぁ。

石畳の坂が多いから慣れないとへばるsweat02

冬と変わらず女性はピンヒールですboutique

Img_1947 写真ではこんなもんですが 

小高い丘で周りは緑に囲まれ

ドニプロ川に大きな橋

かなり~気分が良いです。

冬は冬でまた綺麗だとか・・・・

家から40分くらいとはいえ・・・イヤダsnow

そうそうキエフの冬15:00過ぎると真っ暗になるからやっぱりやめておこう。

Img_1932

Img_1943Img_1936

とにかくお墓の周りから細道まで花いっぱい。 ついつい つるもパチリcameraパチリcamera

花屋さんのように色鮮やかで派手な花揃えがなくても 身近なところでつい顔がニコニコImg_1963Img_1957

 

Img_1964_2 不思議と日本にいる時 

雨が降った時しか空を

見なかったかも・・・

ビルばっかりだったし・・・

晴れてても眩し過ぎて

太陽を浴びなかったような・・・

本来 人はホントに言葉が

通じなくても瞳の色や文化が

違っても自然や人を通して自分自身や生まれた国がよく見える。

余計なフィルターはいらない。

雲や空みたいにでかい遺産の前だと自然と   らしくいられる

Img_1965 おっと!

拝観に来る世界の人々のため

世界遺産を事前に準備しとかなくっちゃshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界遺産~なぜ?~

つるです。

Img_1879Img_1948   

よく晴れた日に出かけた。ペチェルスカ大修道院。

周りの記念碑や緑がその大きさを物語る。

入口を抜けると ドォ~んと構えている。なかなかなものである。Img_1886_2   

Img_1887

まぁ 歴史や伝記などはよくわからない。ただただ

へぇ~~ほぉ~~ふぅ~~ん  と  ブツブツ歩きまわる

Img_1893 Img_1892        

Img_1897   

あちらこちらにあります。

Img_1894

   

Img_1935

Img_1910              

日本にいた時も6月は鎌倉にお寺まわり。

海外旅行に行っても2~3ヶ所は寺院などに行く。

基本的には何処の国でも誰かや何かを祀ったお墓でょ!?

ココにも地下に保存良いミイラがいらっしゃるし・・・

意外と実は行くという感覚よりも何かに魅かれてる感覚だったりして・・・sweat01

でかい遺産。なぜ?みんな訪れるのだろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

ハミチョク

こじかです。

実は1週間ほど前から新しい家族が増えました。

Img_2172 名前は「さくら」と「もみじ」

向かって右側がさくら。

左にいるのがもみじ。

生後約1か月です。

ジャンガリアンハムスターです。

ロシア語では「ハミチョク」といいます。

前にデパートに行った時に、たまたまペットショップを発見し、つるはハムスターに釘づけ。

その時は眺めるだけで帰りましたが、つるはすでに飼う気まんまん。

ウクライナ人は動物が大好きで、ほとんどの人が犬や猫などを飼っています。

そこでウクライナ人に相談すると、大型のペットショップを紹介されました。

早速休みの日に行ってみると、そこはもうショップではなく動物園並の大きな広場で、

百軒近くものお店がズラ~ッとひしめきあっていて、そりゃあもう沢山の動物がいました。

そしてお目当ての、うじゃうじゃいるハムスターの中から、元気のいい子と、自分から手に乗ってきた子を迎えることにしました。

名前はロシア語などいろいろ考えましたが、敢えて日本の名前にしようと思い決めました。

元気のいい子はさくら、人懐っこい子がもみじ。

体重はさくらが25.5g もみじは20g。掌に乗せても余るくらいおチビちゃんです。

つるもわたしも動物が大好きです。日本にいる時もカメや魚を飼っていました。

子供の頃は犬猫うさぎにインコに熱帯魚と、いつも家には生き物がいました。

正直、子供の頃は命の尊さなんて分かりませんでした。でも今は分かります。

改めてつるにも話しましたが、動物を飼うときは必ず心に決めている事があります。

それは「カワイイ」だけで飼わないこと。

いつか来る彼らの最期を自分で看取る覚悟を持つこと。

命に対する責任を持つこと。

ここで彼女たちが幸せに生きれるように、一緒に仲良く暮らしていきたいと思います。

Img_2170 Img_2176

甘えんぼのもみじ↑            恥ずかしがり屋のさくら↑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

つるです。

すっかりキエフも緑が薫る季節になりました。11月に上陸したので待ちに待ってた季節ですsmile

最近は21:00くらいまで明るいので 毎日家の前のポプラ並木のベンチで人間観察&読書&beer・・・・まぁ 何をしていても とにかく心地がいいんです。

Img_1777

今日は読書です。正直いうと字だらけの本はキライ。   挿絵や写真がある方がいい。こっくりこっくりzzzzzzzzzzzzzzz・・・・・・・・しないでしょcoldsweats01

ところが何だか気付けば・・・

ぼっけ~~~~~っと

のぉ~~~~~~んびり   いつのまにかハトと遊ぶ

Img_1780_2               

手のひらほどあったパン・・・完食!

おおおおぉぉぉ~~~い                                                  ここでパンが食べれるぞ~みたいに・・増えていく。

Img_1784Img_1789 Img_1846

ここまできたら お構いなし! ビールとつまんでいたチップスまでも・・・・

Img_1849 Img_1850      

Img_1851

そしてとうとう前からは・・・・・・・                         

Img_1840

 

東京砂漠で過ごしていた世界とは違う毎日・・・ いいね いいねshine

そうそう  今日読んでいた本はImg_1871 砂糖とシロップについて。

ははは・・自分に甘すぎる。

ハトに甘すぎる。

ヨーロッパで優雅にベンチで 読む本にしては甘くないかも。

ハッと気付けば21:00だったsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

キエフバレエ

こじかです。

ウクライナで有名なものと言えばキエフバレエ団もその一つです。

行ってきましたよ~!本場のシェフチェンコ記念国立オペラ・バレエ劇場に!!

そして今回の演目は、バレエ「ペールギュント」・・・・・

Img_2060

しかし実を申しますと、

オペラもバレエもよく知りません。

日本にいた時は、

「キエフバレエ?ふぅ~~ん。」

ってくらいでした。

でも実際に劇場に行ってみたら、

まず築100年以上の美しい劇場に驚き、

舞台までの距離がものすごく間近に感じる席に大興奮heart02

今回買ったチケットは4列目の中央やや右の良いポジションです。

さらに後ろを振り返ると、素晴らしい彫刻が施された2,3階席にため息がもれます。

Img_2037 Img_2035

しかも日本ではチケット1万円なんてザラですが、ここではなんと1~3千円!

4列目の席でさえ1500円。

本場のバレエがこんなに手軽に観劇できるなんて感激!

そしてキャストの方々もとても綺麗でした。踊りはもちろん衣装も華やかで素敵でした。

今回のは古典的なバレエではなくやや現代風にアレンジされていて、ストーリーを知らず、バレエ初心者でも十分楽しめる演出でした。

話も踊りも音楽も、本当に面白かった!

そして今回の演出家は有名な人だったようで、TV局のカメラなども沢山来ていました。

カーテンコールもとても長く、歓声と喝采の嵐でした。

今回は生オケではなかったので、ぜひ今度は生オケの演目も観てみたいと思います。

また一つヨーロッパらしい楽しみが増えましたhappy01

帰ってからも興奮冷めやらず、つるはバレエの真似をして踊っていました。

そしてそれに付き合わされたこじかなのでした。

おまけ↓ (休憩中に劇場内を散歩しました) Img_2044_3Img_2038

Img_2042_2Img_2053_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

ちいさな実

こじかです。

先月には満開だった庭の花々が散り、もう新緑の季節になりました。

満開時には花から甘~い香りを漂わせていた桜桃(サクランボ)の木があります。

すっかり花が終わったなぁ~と、見ていると・・・・・おや?

Img_1991

おお~~っ

実がなってます!!

これが桜桃の実でしょうね。

まだ青くて小さな実。

かわいいですねぇ~cherry

他の枝もたくさんあるなぁ、と見ていると・・・・・

おやおや??

Img_1996この庭に来るお客さんの中に

気が早い方がいらっしゃるようです。

きっとお腹をすかせた鳥さんが

かじったんだね~。

でもまだ酸っぱかったんだね~。

半分しか食べてません。

中の種がしっかり見えて、桜桃だということがよく分かります。

大きな木なので実もたくさんついています。初夏になれば食べ頃でしょうね。

う~ん、楽しみだ~!待ち遠しいな~。

さくらんぼ と あわてんぼ、そして くいしんぼ のわたしdelicious

鳥さん達に完食されないよう、これからは毎日チェックしなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

端午の節句

つるです。

5月5日に宴会がありました。昔から習わしのある行事なので少し華を添えてみました。

Img_1585_2Img_1593_3Img_1595   

始めに木取る作業をした後 切り出しやピーラーなどで形を整えます。

Img_1598Img_1599Img_1602   

三角刀 丸刀で魚体の筋や鱗を彫り 胸びれ背びれ各パーツを仕上げて完成。

Img_1607Img_1610 

5月は早苗月(さなえつき)が変化して皐(さつき)「神に捧げる稲の意」・・・皐月に。

奈良時代に邪気悪鬼を払うとされる菖蒲を飾り 薬草(蓬)をくばることに始まり

月初めの(端)午の(うま→五)日となる。鎌倉時代になると武家社会らしく尚武の気風

が強くなり勝負に因んだり武器の意味ではなく護身の精神的な意味を込めて鎧や兜を

飾るようになる。この頃から菖蒲酒(花を浮かべて5月5日に飲む)や菖蒲枕をしたり・・・

江戸時代になると男の子の節句(男の子のお守り)として一人一飾りに変わり

菖蒲切(子供が菖蒲でたたき合う遊び)なども盛んになる。

町人から生まれた内飾り(健康を願う五月人形)外飾り(立身出世を願う鯉のぼり)が

現在にまで続いている。

料理では縁起や出世にちなんで・・鰹(勝男)鯉。出世魚の鯔 鱸 鰤などが使われる。

鯉は清流はもちろん生命力が強く 急流を遡って竜門という滝を昇り 竜になり

天に登る(登竜門)など 中国の故事に習っている。

粽を食べる習慣も故事の屈原からきている。やはり何事も中国の影響が強い。

あれ?今日は端午の節句の話でおしまい・・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

お花見?

Img_1317こじかです。

←こちらはリスです。

近くの植物公園に行ったら、

緑あふれる木々の中、

ものすごい人だかり。

近づいてみると・・・

リスさんがいました。

みんな携帯やデジカメで写真におさめようと、必死にリスを追いかけます。

が、ちびっ子達が餌を投げつけるので、木の上に逃げて行ってしまいました。

でもすかさず つる先生が カシャリ! 遠かったわりにはうまく撮れました。

つる先生、デジカメ撮影が上達したのですかねぇ? なんせ、つるは機械音痴ですから

ぽかぽか晴天の中、花もいっぱい、鳥もいっぱい、人もいっぱいです。

Img_1344_2Img_1329_2Img_1324_2そしてウクライナのカップルたちは、満開の花をバックに写真撮影。

我先にと、カメラを構えた彼氏の前で、彼女はものすごいポーズをとります。

人がわんさかいる中で、まるでグラビアアイドル並のポージングです。

見ているわたし達が照れてしまうくらい。 あ、ちゃんと服は着てますよ

まぁ とにかく色々と楽しめる、賑やかな植物公園でした。

ただ残念なのが、ゴミもいっぱい落ちていて、日本の方がはるかに綺麗だと思います。

こうゆうマナーがまだまだ世界水準に追いついてないんだなぁ~。

Img_1349

せっかく綺麗な自然がある国なんだから

ウクライナ人の方々にも努力してほしいなぁ。

そして、自分が観光客になった時も

マナーを守るのが大切ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

UEFA CUP

つるです。

年が明けてもう5月。  早いものです。夏もあっという間に来そうです。

4月30日にサッカー観戦してきました。  と いってもプレイしているスタジアムから

100mほど離れた特設広場での観戦です。

ウクライナチーム同士のSemi Finalshine 反対ブロックも同じくドイツチーム同士。

ウクライナチームの優勝にみんなが期待している。ここまで勝ち上がるのは初めてらしい。

ディナモ・キエフ VS シャフタール・ドネツク  

HOMEのディナモ・キエフスタディオンでのゲームです。

Soccer でも通じるのですが ここでは みな Foot ball といいます。

ヨーロッパっぽい響きで あ”~~Foot ball ね  っと何となくうなずけます。

家からは最寄り駅まで10分~地下鉄で2駅~歩いて10分。 ご近所さんです。

Img_1511_2 Img_1447_2

Img_1450_2

地下道ではグッズが売っていたり 歌い手さんがいたり 日本の地下街に似ています。

Img_1451_3 Img_1454

ここでは3つの地下鉄が通っています。

乗り換えができる駅は2駅のみです。

日本で 東京で 毎日うじゃうじゃ人混みの中を乗り換えて乗り換えて通勤したり

遊びに行ってたのに ここでは完全なるお上りさん。未だに乗り換えの駅までと

乗り換えて4駅目の駅しか降りた事がありません。

一度まちがえて逆方向へ・・・川の向う 別の街に行ってしまうとこでした。

すっかり日本での生活習慣はどっかへいってしまいました・・・・・

フランスやドイツに出掛けたら完全なる迷子の~迷子の~karaokeつるちゃんです。

Img_1455

Img_1453

さて 地上に出ると号外を配っていたりダフ屋はゴロゴロいるわで~賑やかです。

日本でもスタジアム近辺ではよく見かけるんでしょうが・・・・もう一度確認!

特設会場に行くんですよね???

Img_1474_2 あちらこちらに この人達・・・いっぱいいますケド・・・・・

Img_1460 ボディーチェックから

持ち物までかなり厳しかった・・・・・

ここはスタジアムじゃないのに・・・・

Img_1463 Img_1462 Img_1472_2                 

でも 中に入るとかなり笑えた

中国版のディズニーランドみたいな・・・

でも 景色は一望!気分上々!

さぁ~~~ここまで来るのに時間かけ過ぎた。

さくっと締めよう!  夕方はそんなに人がいなかったのに夜になると

すごい人ひと人ひと人ひと人ひと人ひと人ひと人ひと人・・・・・・

試合が始まるとビールもバカ売れ!みんなオォ~オォ~って叫んでいます。 Img_1495Img_1503

Img_1509 とにかく楽しかった。

ヨーロッパのFootballは本物!

今度はちゃんとスタジアムで観戦するぞ!

Scoreは 1:1のDrawでした。

きっと優勝したらみんな仕事もしないで大騒ぎして・・街は・・ウクライナは・・寝ずの熱気と歓喜に包まれるでしょう!!

前回に続き写真が多いのでアシスタントのこじかちゃんに

つるさん!載せ過ぎですよ!  なんて言われちゃうかも・・・・・・・・

早く仕上げて載せてしまおう~happy01はっはっはっはっは

Img_1492 おっと 1枚忘れてた。

昼から1人

ここでも警備!&観戦

ごくろうさまでした。

またUEFA CUPの決勝で・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

きつね

つるです。

調子よくもうひと話。今日はきつね(油揚げ・薄揚げ)をつくりました。

Img_1554

キエフには豆冨はありますが  きつねはありません。

日本では味噌汁の具にしたり味付けしてお稲荷(篠田鮨)に アツアツをそのままおかかと生姜醤油でお酒の肴に。  開いて具を巻いて信田巻き  ・・・さまざまです。

古来 稲荷神社のお使いの狐は油揚げを好むというところから 油揚げを使った料理にこの名をつけます。

これを見ていたアシスタントのこじかは食材が少ないと きつね~と言いましたとさflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タダ!

つるです。

私の住んでいる場所には警備員がいつも24時間体制で常勤しています。

みな優しく仲良しです。その警備員の1人が自家菜園の野菜を沢山くれます。

Img_1547 Img_1551                                

ハーブ(ディル・パセリ・セルフィーユ) ポロ葱 スナック豌豆 菠薐草 小葱 セロリ   グリーンカール ラディッシュ・・・

ラディッシュなんて手前にあるのが普通の大きさ。 すごく大きいでしょ!

家庭菜園は各家庭でよくある。 しかも 彼らは出来が良いものは市場に卸すという。

実際 私がいつも仕入れる野菜よりも鮮度がよろしい・・・・・

そしてこれを 最近は勤務の度に持ってきては頂いている。いつもありがとう。

Img_1220 Img_1526              Img_1556  

Img_1543 Img_1542

Img_1545

料理してみました。

パスタ ベジロール 野菜蒸し ベーコン ピクルス・・・

タダ・・まだ残っている・・・・彼は明日やって来る・・・   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

バースデーケーキ

こじかです。

前回の練習チョコレートムースケーキで、デコレーションをどうするか決められず

結局、当日の朝方になって、やっとなんとか作り上げました。

Img_1416

果物とくるくるチョコ、それと

手作りメッセージプレート。

やっぱり果物って可愛いし、

華やかに見えますよね。

くるくるチョコは厚めに作り直しました。

今回は割れず溶けずで成功!

プレートは型から作り、できた型にチョコを流し、アイシングで表面を白くコーティングして、それからメッセージを書く。

少々面倒な作業だったけど、とても喜んでもらえたので頑張って作った甲斐があったhappy02

この国では企業のパーティーやウェディングなどの大イベント以外では、ケーキに

メッセージプレートを飾ることがないらしく、バースデーケーキでは珍しいそうです。

Img_1414

Img_1418_3味も少し改良し、前回より大人味になりました。

ジャムをラズベリーに変え、生地に洋酒のシロップを塗りました。

ところが洋酒のアルコール度が高かったようで、食べると少々ポワ~っとします。

しかもこのケーキを食べながら、アフタヌーンティーならぬ赤ワインをゴクゴク。

仕事場でのささやかなお祝いでしたが、昼間からすっかりほろ酔い気分で、

おしゃべりにも花が咲き、みんな笑顔の楽しいひと時でした。

                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »